home > blog > 前田大作 blog > 日々のハナシ

日々のハナシ

2011.08.14

迎火。

(0)  (0)

DSC_0242.jpg
迎火たきました。
家業を継いでいる身、お盆は特別。
毎朝仏壇の前で挨拶しているので普段から「いる」ような気がしているものの
この日はどこかしらから家に帰ってくるというのだから家庭訪問のようなもんだ。
いまごろ居間や仕事場でウロウロしているのだったら
とりあえず行儀良くしておくのが懸命か。


2011.08.11

募金にご協力いただきありがとうございました。当選番号の発表です。

(0)  (0)

DSC_0163_2.jpg
震災後、友人と偶数月の11日に募金活動をしています。
本日は第三回の募金の日でした。
募金にご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

今回、募金をしてくださった方の中から抽選で1名様に
僕が作ったカッティングボードをプレゼントするということで
先ほど抽選をさせていただきました。


抽選番号は...11番です!


11番の抽選券をお持ちの方は
下記に御連絡を頂ければと思います。


_____________________

前田大作
maedadaisaku@atelier-m4.com
または090-3401-0597
_____________________


本日は暑いなか、ご参加いただきました皆さま、
本当にありがとうございました。
お預かり致しました募金につきましては集計後全額を
松本市役所に確かにお届けいたします。



2011.08.10

震災から5ヶ月。友人と募金活動を続けています。明日は抽選でカッティングボードプレゼント。

(0)  (0)

DSC_0163.jpg
震災後、偶数月の11日に募金活動をしています。
ギターチャリティコンサートや献花モニュメントなど自分たちが考えるなりの企画もしましたが
今回は僕がカッティングボードをプレゼントさせていただくことにしました。

震災後、なにができるだろうと自分なりに考えましたが
迷惑をかけないように懸命に自分を生きるということが大切だと思いました。
最近、人気の高い作品を被災地の事を考えながら丁寧につくり
それをどなたか同じ気持ちの方に使って頂きたいと考えています。
力及ばず、今回は一枚だけの御用意しかできないのですが
太古から地球を生き延びて来たイチョウの木をつかって
その生命力に尊敬を抱きながらつくりますので
どうぞ明日は募金にきていただき、抽選券を御持ち帰りいただきたく思います。

こちらのブログにて抽選番号を明日19時ごろには発表いたします。
当選なさった方は、ご連絡頂ければと思っています。

募金活動は松本市内の友人の花屋さんでおこないます。
店内に僕が作った募金箱がございますので宜しくお願いします。


________________________________

卯の会 第三回募金活動
日時:2011年8月11日 9時〜18時
場所:松本市大手2-4-32 「花屋 ことの葉」
________________________________

※抽選券は24枚のご用意となります。なくなり次第終了とさせていただきます。




2011.08.01

夏はやっぱり、カレー。

(0)  (0)

IMG_8172.jpg
僕の唯一つくれる料理が、カレーですが
そのカレーも全く作らなくなりました。
娘が妻のカレーを美味しそうに食べているのをみながら
ちょっと久しぶりにカレーでもたしなんでみたくなった。

単純明快な35歳です。



2011.07.20

改めて、見る。

(0)  (0)

DSC_0030.jpg
最近自転車に乗るようになりました。

松本は盆地です。
北は上越、糸魚川へ抜けることができ
南は諏訪経由で名古屋へぬけることができる。
西は北アルプス、東は美ヶ原にとめられている。
地形的にはざっとこんな感じ。

盆地をウロウロするのに、自転車は便利で
僕が知らない場所を発見するのにうってつけ。

自分の好みにピタッとくる場所や物に出会う歓びってあると思うんだけど
出会う事で、ああ、自分ってこういうのが好きなんだなっていう発見も
また愉しいような気がする。

名も無いような、見過ごされているような
ひっそりと佇んでいるのが好き。

この古びた小屋も、僕にはとてもとても、素敵にみえます。

これを作った人、使っている人、毎日眺めている人。
そういった、土地の営みや歴史の営みに想いが巡り
ゆるやかな、あたたかい気分になったりします。

年齢とともに

自分が好きなものと、
新しく生み出したい欲求と
生み出さなくちゃという使命感というものが
明確な微妙なラインで線引きされていることがわかってきたというか...。

ただもう、好きな物をみて
自分が作る物もこういう感動を帯びたものでありたいと
願うばかりです。

«  前へ   1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11   


PAGE TOP