home > blog > 前田大作 blog > jog-log

jog-log

2009.10.04

60min、水添いSP。

(0)  (0)

IMG_5501.jpg
<女鳥羽川と田川の合流>
10月の入り、5時は夜明け直前です。
走っている1時間の間に陽がのぼり、1日が始まる。気持ちが制作にむかう。
そんなリズムが僕にはとてもピッタリきてます。

今日は日曜日、展覧会前で制作の追い込み。
気持ちを整えながら、
交通量の多い平日は走る事のできない水際の道路をジョグってみようと思いたちます。

IMG_5468.jpg
女鳥羽川沿いの四柱神社にて。1年間の日々に感謝。
昨夜まで3日続いた年行事、神道祭りの面影があります。


IMG_5469.jpg
女鳥羽川沿いにあった看板。そう、松本には東の薄川、北東の女鳥羽川という
2つの扇状地があり伏流水が豊富。


IMG_5470.jpg
岳都・松本のウォーターフロント。もうすこし広げて
本当に市民が憩える場所になったらいいなあ。
m4のベンチを、寄贈できたら最高。


IMG_5475.jpg IMG_5478.jpg
松本界隈、勝手に名橋10選。大好きな橋です。
なかなか歩行者用の橋ってないですよね。しかも木の板の橋。
そういえば東京にハトコが居て板橋区ですが
板の橋ってすごく人を幸せにしてくれますね。


IMG_5483.jpg IMG_5485.jpg IMG_5487.jpg
女鳥羽川が塩尻の山麓から流れて来た田川に合流しました。
この川沿いの道が、実は大好きなんです。
なんとなく、やはり水辺が好きなんでしょうね。みれば舟場だったようで
遠く善光寺平との水運の往事を想い、なんとも笑顔にさせられます。


IMG_5490.jpg IMG_5495.jpg IMG_5496.jpg
川はさらに木曽から流れて来た奈良井川に合流。
ここから北で北アルプスから流れ出る梓川へ合流して犀川となり日本海へ注ぎます。
上流にむかって走ると河川敷にはニセアカシアが茂っています。
河川工事が終わると真っ先にのびるのはこの木ですね。
あまりにも猛烈に生えるため、植生の復活という意味で少々心配にもなる勢いです。
ただ、成長が早く美しい木目をもっているので
鰹節削りやカッティングボードに使う事ができるようになってすごく嬉しい。
狂うし固いし、苦労はするんですけれどね。皆様にも使って頂きたいです。
真澄さんでの展覧会で、是非。


IMG_5496.jpg IMG_5494.jpg
川から道をはさんだ反対側にはなんとワサビ田が。
水がきれいなんだなあと改めて幸せな環境をかみしめます。
ゴミが少ない事にも注目。捨てる人も少ないのでしょうが、
ゴミを拾って下さっている方にも感謝です。
自然の水が地域の人の暮らしに密着している町は、良い。
ここで日の出の気配。東に我が(?)美ヶ原を望みます。
西山が男なら、東山は女っぽい。


IMG_5502.jpg IMG_5503.jpg
松本インターから松本駅に向かう道へ流れ、ちょっと水から離れて走ります。
すぐに田川と女鳥羽川の合流点まで戻ってきました。


IMG_5508.jpg IMG_5509.jpg
で、また川から離れて、あたらしい松本駅の顔、西側の「アルプス口」。
反対の東側は「お城口」ですがこれがそのうち「キャッスル口」とならないことを切に願います。
それにしても素晴らしい駅構内からの眺め。
正直、松本の建築で一番好きな内部空間です。
松本ならでは


IMG_5510.jpg IMG_5514.jpg
川から離れて市内を走っても水は流れています。路地と水路がいたる所で交錯して...

IMG_5511.jpg IMG_5515.jpg
湧水の水場があって...いや、これ本当にすごい事ですよね。

IMG_5518.jpg IMG_5519.jpg
女鳥羽川へ戻り、美ヶ原温泉から流れ出る支流、
その名も「湯川」に戻ってきました。ゴール。



[ joglog-SPコース ] [ 松本まちあるき ]

Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「jog-log」の一覧へ戻る


PAGE TOP