home > blog > 前田大作 blog > 仕事のハナシ

仕事のハナシ

2010.07.22

SoapDish。

(0)  (0)

IMG_7792.jpg

作っています。木曽ヒノキの石けん置き。無垢削りだし、白木仕上の緊張。


2010.07.15

ダイニングセットの制作

(0)  (0)

IMG_7742.jpg

ダイニングテーブルの制作を御依頼くださったお客さまに
椅子とベンチ(長椅子と呼ぼう)の御提案の機会を頂いてから
無数のスケッチがたまりました。

椅子の設計にはいろいろな要素があり
学生時代から有名無名の数知れない椅子に座り、眺めて来て
変わらずに好きな椅子についての想いや
自分のこれまで制作してきた椅子の思い出を含めて

目の前のお客様の為に
今、僕が、作るべき椅子はどんなものなのかな、という
すこしの客観性が同時に心に存在する、
そんなスケッチの時間でした。

すこし、時間がかかってしまったけれど。

着物箪笥や重箱など
最近作った作品の経験が、

木の特性や、僕がその木の特性のどこを「探り当てて」
お客様の前に差し出す事ができるのか、というところに
また進めたら楽しいと思う。

「指物師の四代目が作った椅子」という僕の背景。

僕が椅子でしなくちゃならない事は、なんなのか。



2010.07.13

ダイニングテーブル。

(0)  (0)

IMG_7727.jpg

7月末に奈良のお客様へ納品予定のダイニングテーブルの制作に励んでいます。
1500mm×900mmという、程よい間口と豊かな奥行は、
お客様の新しいお住まいの間取りや御希望を伺いながら提案させて頂いたサイズ。

木取りの時点で、なんとも言えないバランスに心が踊ります。



2010.07.12

デザインのクライアント。

(0)  (0)

IMG_7593.jpg

木曽のお菓子、朴葉巻きをご存知でしょうか。
写真の朴葉巻きは、買い求めたのではなく、仕事の打合せでいらした
林友ハウス工業の竹腰常務が「母が包んだので」と頂いたそれ。
朴の香りが染み込んだ米粉の柔らかな餅の中にはいったアンコ。
大好きなお菓子です。この季節だけの、贅沢な、強い、土地の味覚。

圧倒的な強さ。圧倒的な美しさ。それを実現する、技。

出産と育児の為に里帰りしているヨメと娘に会いに
1ヶ月振りに広島へ向った週末。

行き帰りは「特急しなの」と「新幹線のぞみ」。
仕事の疲れもたまっていたりして今回は運転を断念。
道中はもっぱら、スケッチと新聞で情報収集。
世相を知りたくて週刊新潮を購入した。

連載エッセイの「あとのまつり/渡辺淳一」
取材で全国の旅館やホテルをみている視点で言葉がありました。

「もっとも不満に思うのは、部屋のつくりが、泊まる人よりもデザイナーの意志を優先しているところ」

全てのデザインは、使う人の為に。
使われるモノは、空間にしろイベントにしろ(敢えてモノと言う)、もちろん使う人の物。
デザイナーの意志は、その延長に存在するべき。

ユーザーがその瞬間にわからない場合もあって、
工芸に至ってはわかってもらうまでに数年、数十年を
要する場合もあるかもしれないけれど。

そこを無視した物作りは問題というか、欠陥だと思う。
あたりまえか。

渡した瞬間におわってしまうモノだけは作りたくない。
あとは、ユーザーが勝手にすれば良い、と言うスタンス。ダメだよね。

帰って来て、未読のメールに取組んでいるうちに
エバンスの「A House Is Not A Home」がiTunesから流れて、そうそう、と思った。

話を件のエッセイにもどすと、
話題は和風旅館(和風旅館とは曖昧な言葉だけれど)にうつって、
座卓、畳、布団など、日本の居間の要素が「使いづらい」と評価され
「70代はもとより、60代のひとたちも、畳の上に座っているのはかなり辛くて苦しい」
とされている。

もちろん、和室の良さも挙げられていて
「雰囲気が優しく柔らかい」ところや、障子、襖、物置や掛け軸にも
「それなりに風情がある」と希望がみえつつ、

西洋化の合理化に慣れた上で、
「高齢化が進み、和が使いにくくなっている」と致命的。
和式トイレに至っては「全くつかえない」と、決定的。

和風の良さを活かして
西洋の便宜性をとりいれた、
あたらしい和が必要だと結んでいらっしゃる。


なるほどね。

妻の実家は完全な日本家屋。
父の設計である僕の実家は築26年とはいえ、和室は一切ない。
その代わり、建具のバリアフリーを実現している
当時の常識とは違えども、優しさによって形作られている。

その両者をいったりきたりしながら、
僕はまた今日から、
新しいテーブルと椅子とベンチの制作に励みます。

考えてます。
考えていますよ。




2010.07.06

削る削る。

(0)  (0)

IMG_7690.jpg
削るのです。ひたすらに胡桃を。

IMG_7694.jpg
3メートル20センチ。奥行は1メートル20センチ。ツワモノですな。

«  前へ   7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17   


PAGE TOP