home > blog > 前田大作 blog > 仕事のハナシ

仕事のハナシ

2011.04.04

いろいろな制作。

(0)  (0)

IMG_9947.jpg
引出しのついた家具を、箪笥、脇机、鉄脚の学習机と、たて続けに制作しています。
使う方の事を考えて集中して仕事していられることが、幸せだと思う。

新年度になりました。


2011.03.31

明るい兆しも。

(0)  (0)

IMG_9926.jpg
最近、すこしづつだけれど、弟子のだれかが材木の整理をしてくれている。
良い事だと思う。ようやくかとも思うけど。

誰よりも材木を触ることで、木に近づけるはずだよなあ。

好きでやってる人には敵わない、けど、
楽しんでやっている人には、もっと敵わない。

頑張れ、頑張ろう。

仕事をしよう。修行をしよう。


3年間工房で、父の弟子として頑張った早川さん。
今日をもって、無事に卒業。

おつかれさま。
本当にいろいろと、支えてくれてありがとう。


2011.03.09

感動する。明治はスゴイぞ。負けるなおれたち。

(0)  (0)

DSC05767.jpg
一瞬、その不思議な光景にカタマってしまい、そのあと軽い衝撃と興奮を覚えました。
いつかにタイムスリップできるなら、迷わず文明開化を実体験したい僕ですが、
やっぱりこの、「バーロー、バタくさい建物たてられるかってんでい。」的に
瓦をふいた(のかどうかは分からないが)、ユーモアとエナジーと、職人魂。

負けられない、平成の僕らです。


2011.03.07

左官より、かけがえのないプレゼント。

(0)  (0)

IMG_4665.jpg
なにげなくもらった、泥団子。彼は本職は遊びで作る子供たちだと云うが、泥団子を作ったことのない僕からすると左官の白沢氏がつくる泥団子はまさに奇跡の丸さ。2年前にもらった白いのも良いが、先日もらったマーブル模様のそれはまるで地球を宇宙から眺めているかのようで、気に入っている。

娘のおもちゃにも最高らしく、四六時中さわったりしています。


2011.03.01

卯の会、ウサギならではの餅つきと、松本ならではの凍み餅レシピ。

(0)  (0)

DSC05340.jpg
卯年の職人があつまって松本らしい暮らしを考える、卯の会。卯年の今年はメンバーのヤル気もいつも以上。先日、料理人の花岡氏が試行錯誤の末に、松本が誇る凍み餅文化を再構築するイベントを開催しました。参加してくださったかたも大勢で、このとおりの賑わいです。

DSC05333.jpg
離乳食にも完璧なスペックの、凍み餅。味もこのとおり、お墨付きということで。
次回も松本の伝統料理に挑戦する、という卯の会料理担当、大西荘の花岡氏に注目です。

«  前へ   2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12   


PAGE TOP