home > blog > 前田純一 blog > 指物師の道具箱6_玄翁その他 > 指南帳_木工

指物師の道具箱6_玄翁その他 / 指南帳_木工

2009.06.01

指物師の道具箱_その他_油綿 弟子達_川上三恵子さん

(0)  (0)



弟子達_川上三恵子 1.jpg
「必須項目・長台」20090521


指物・日本の引き出しには鉋がけが不可欠
今春から弟子入り川上三恵子さんは国立千葉大学院出身
本当の樹の仕事がしたくなり、五年間の家具工場勤務後工房で学んでいます



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

道具 tool_油綿02.jpg
「油綿」




前田様

素敵な鋸の写真有難う御座います!鋼もナカナカの様子!それ以上に手入れの行き届いている様は見る者に爽やかさを感じさせるほどのステキさがあります!

真似事で始めてしまいましたが!一番気懸かりなのは"道具"の手入れ!

難しいですね!少しずつ覚える他ありませんからネ!

工作部屋にキャスター付きの整理棚を作りました!此れで漆を摺る時に充分掃除をしてから摺る事が出来ます!

何かを実行すると失敗・欠陥が出てきますので其の解決の為に何かをしなければ成らない!

忙しい事です!ナカナカ結論に到達出来ません!

シカシ、此れが楽しいのかもしれません!頑張って前進!

冬に向かって、排気ファンを新しく作り直さなければならないでしょう!?

部屋中木屑の埃ダラケを無くさないと綺麗な作品が生まれないと思いますので工夫して見ます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


道具 tool_油綿01.jpg


S様

週末アルバイトをしながら休むこともなく難しい鉋を習っている弟子達は美しい
きたない仕事場からはたいしたものは生まれません

仕事部屋の排気は無断変速の「ナショナル有圧換気扇」のようなものがいいと思います超強力ですが超うるさい、しかしほこりがきれいになったらふんわり静かに換気することができます

さて、よく手入れが行き届いて日本刀のように研ぎ澄まされた刃物はなんとなくイイものですがこれは怖さかもしれません
手入れ用の油綿は、竹一節に木綿綿で作り、椿油を染みこませるのが一般的です
僕の場合は上部に凧糸を何回か巻いて割れ止めをした竹一節に、スーパーの金物市などで売っている鉄板油引きの中身スペアーを使い、CRCを染みこませています
凧糸は刃を当てても破れることがなく、とりかえも楽ですが、いろいろの竹の太さをこれに合わす必要があります
信州は竹の北限ですので、御地竹藪からそのうち一節お譲りいただきたいですが、古民家カヤブキ下地がみつかれば美しくていうことありません

油引きスペアーはよくできていてギュっと引っ張り入れるための糸を作ってありますので、それを通す二分ぐらいの穴を底になる節に空けておきます
椿油を使うというのが一般的ですが、木工の刃物の場合は油が厚く、粘るのでお勧めしません(椿油は台所用の刃物の手入れの習慣かも知れません)
CRCが分子内部に滲透して効果があることは、潮風ですぐ刃物が錆びる鎌倉時代に学びましたが、またミクロンに木をそぐときなど、ときどき油綿で刃先をなぞると木に吸い付いて気持ちよく仕事が出来ます

それにしても今まで手でやっていた事を機械がやるようになって、現代はますます忙しくなるのはどうしたことでしょうか。一見非効率な手工具ですが、コンピュータ仕掛けのオートマチックなんてものは儲かるだけで人の心を動かさないってことを僕は炭火で知りましたナ

弟子達_川上三恵子2.jpg

「早朝・冬越しほうれん草と川上」20090508

Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「 指物師の道具箱6_玄翁その他」の一覧へ戻る / 「指南帳_木工」の一覧へ戻る


PAGE TOP