home > blog > 前田純一 blog > 指物師の道具箱2_鑿・小刀・刃物

指物師の道具箱2_鑿・小刀・刃物

2009.08.29

指物師の道具箱_手製刃物_三角鑢から作る鎬(しのぎ)鑿

(0)  (0)

09082904.jpg
 

普通の鑿では加工出来ない、すいつき桟の溝底などの鋭角部の加工に使う鑿でコバが斜めに立ち上がっています
これは市販の寸法では間に合わない溝巾3ミリほどの自作の細い鎬鑿で、一辺が3ミリの三角鑢から作りました。ディスクグラインダーにダイアモンドカッターをセットして水をかけながら荒削りした後、ダイアモンド砥石で研ぎだして焼き鈍し焼き入れ作業を省きます



09082903.jpg
鑢の先端部の細くなった2cmぐらいを落とし、腐りにくい檜やヒバで柄をすげ、研ぐときに口元から水が入って埋め込んだ鑢が錆びないよう漆などで口埋めします



09082906.jpg


すい付桟の立ち上がり角度は70度強、鑢角度は60度
コバの鑢目は研がずに残して底と立ち上がりを一緒に仕上げます


09082905.jpg使用例

「真鍮製・パッチリ」

扉を閉めたときにぱちっと閉まるのでこう呼ばれる自製金物
肩を作らない大入れの真鍮金物を吸いつき溝に滑らせながらはめ込み、エポキシ接着剤などで抜けないように固定します


Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「 指物師の道具箱2_鑿・小刀・刃物」の一覧へ戻る


PAGE TOP