home > blog > 前田純一 blog > work > 指南帳_木工

work / 指南帳_木工

2009.09.27

works_筥 箱_茶入の筥二種

(0)  (0)

09092701.jpg

「楓材印籠造茶入筥」2007年・素木(しらき) 仕上 

器体を楓材、中子を桑で構成した印籠蓋(いんろうふた)の飾筥で製作直後の写真ですが、変化の浅い楓材に対して時代がつく(時間が経って色が濃く変化する)桑を対照的に使い、将来際だってくるコントラストを楽しむ意匠としています

09092702.jpg

「楓材印籠造茶入筥」2007年・摺漆仕上

正方立方体は、余分のない寸法、甲盛り、神経のゆきとどいた繊細な面取り、底すき、てらいのない印象、箱にはじまり筥に終わるといわれる指物の基本とされています


09092703.jpg
「甲盛り、面取りディテール」

09092704.jpg
「木口台での仕上げ」

平面正方、どの方向へも蓋が納まるよう合わせます




09092706.jpg


Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「 work」の一覧へ戻る / 「指南帳_木工」の一覧へ戻る


PAGE TOP