home > blog > 前田純一 blog > work > 指南帳_木工

work / 指南帳_木工

2009.09.29

works_筥 箱_茶通箱(さつうばこ)

(0)  (0)

090928茶通箱05.jpg
「桐杢・桑材茶通箱」2008年

茶通箱(さつうばこ)は大切な茶をしまったりする箱で、これは桐杢材と桑材を使い、甲盛り(蓋を盛り上げるかたち)をほどこした印籠造(いんろうつくり)です


090928茶通箱03.jpg
箱の構造のうち、印籠造は別名・薬籠造・やろうつくりともよばれ、茶や薬が湿気ないように工夫された身と蓋がすきまなく合わさる構造で、合い口の立ち上がりをやろうとよびます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
090928茶通箱04.jpg

このような華奢な箱は固めるときに中子が浮いたりゆがまないように注意しますが、僕は角に内側にマスキンゲテープを貼ったアルミアングルを使い、大きめの輪ゴムで締め、直角がくるわないようにのりが乾くまで内法に合わせた四角をはめておきます

090928茶通箱01.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

090928仕上工程.jpg
「仕上げ工程」

甲盛り、抉り、面取りに使う小鉋
豆際、豆平二種、豆内反鉋


090928仕上道具.jpg

「仕上げ道具」
馬毛製うずくり 木賊・砥草(とくさ)スコッチブライト



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「和敬清寂」の清はせいぜいしいこと、寂は華美や騒々しいことがなく、しかも沈んでしまうほど地味でないことと僕は理解していますが、合い口部の桑薄板をさりげない意匠として水屋道具専用の箱にとらわれることのないよう留意しています

参考・茶道具は利休好みなど寸法の決まり事があり、廣瀬拙斎というひとのまとめた

寸法録 という本が昔から木工の辞典のようになっています

寸法録.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


090928茶通箱02.jpg


Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「 work」の一覧へ戻る / 「指南帳_木工」の一覧へ戻る


PAGE TOP