home > blog > 前田純一 blog > 展覧会 > 春夏秋冬 > 街・風景・人びと

展覧会 / 春夏秋冬 / 街・風景・人びと

2010.08.28

瀬戸内国際芸術祭2010_男木島にて

(2)  (0)

oginnn.jpg

パンフ_概要_ 00.jpg







男木島にて1_01.jpg
「6月23日 現地検証・男木島豊玉姫神社にて」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペン.gif
今年二月鎌倉の絵本作家、長野ヒデ子さんから瀬戸内国際芸術祭への手伝いの打診をいただいていた。FRPに替わり、島に捨てられた木造船の舟板を使う椅子の制作である。
「海の復権」とタイトルしたこの祭りの趣旨は、瀬戸内海の7つの島を舞台として17の国からの参加アーティスト・プロジェクト数75を数える大がかりな現代社会へのレジスタンスである。
高松の建築家、渡辺昭さんが代表して審査をくぐりぬけた「島こころ椅子」と名付けたプロジェクトのメンバーは伊藤洋さんを除いて全員元気な六十、七十才代、男木島の急峻なほそい坂道を登り詰めたところにある安産の神様、豊玉姫神社がステージとなっている。テーマは地球、失われていく家族・ともだち・地域、そして椅子で、皆手弁当労働奉仕だがスイッチを入れれば世界中誰でもが同じものが作れる現代、ほかに作れる人が見あたらないと請われるのは生きている張り合いである。壊れていく環境、仕事、地域家族は僕の人生テーマと一致しているので興味深くお手伝いをさせて頂くことになった

元来アートとは、大勢が会議を重ねて作るものではないと僕は思っていて、上下関係のないプロジェクトは分業で人間関係は難しく煩わしい。しかし過疎の三城に通じる瀬戸内の離島へ脚を運ぶうち、プロジェクトメンバーの考えのくい違いは結局あたたかないたわりに戻りそれぞれに人生の楽しさと奥深さを考えるよい機会をいただくことになった。島を巡り70才、80才でまだまだ元気で働いていらっしゃる男木島のお年寄りや、テントやあばらや暮らしを楽しみながらそれぞれの思いを世界へ発信したいとエネルギーを注いでいる都会のお嬢さんや、キャンピングカー暮らしをして作品作りをしている湘南の若者の姿に接して感動している。
離島、経済発展に取り残された過疎地とかたづけるのは簡単である。しかし僕達の作るものが勝っているという確信はなく、島に刻み込まれた過去には現代には生まれない美しいものものが点在している。

近代が解決した貧困や不便と引き替えに失ってしまった大切なものやこころ。 発展とは?  ボランティアとは? 意義のある歴史とは?
学生、職人、学者、退職者などで構成された小エビ隊に支えられて準備が進むにつれ、お祭り騒ぎは影をひそめて核心に近づき、自然と人間と環境への問いかけを伴って普段の作品作りとは違った貴重な体験となっている





OL053080.jpg
OL053109.jpg

OL053093.jpg
OL053063.jpg
舟板と流木のとおさん かあさんいす(車の着いた錆鉄のフレーム)




パンフ_概要_ 01.jpg

男木島「島こころ椅子」プロジェクト制作関係者

伊藤洋        (家具作家)
鎌田豊成  (造形アーティスト)
内藤三重子 (造形アーティスト・エッセイスト)
長野ヒデ子 (絵本作家)
前田純一  (工芸家)
渡辺 昭    (建築家)
(50音順)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(地元制作関係者)
来春卒業する最後の男木中学校生徒3人
男木島に住まう方々
子えび隊(地元ボランティア)
友人達

男木n01.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


男木島印象100705.jpg
「痕跡・男木島に暮らした人びと」

男木_11.jpg
男木n021.jpg男木_02.jpg
男木_04.jpg
                                                                                                     
男木_08.jpg
男木_12.jpg
男木_06.jpg
男木_13.jpg
男木n03.jpg男木_10.jpg
男木n02.jpg
男木n06.jpg
男木n04.jpg
男木n05.jpg・・・・・・・・・・・・・・・・・・



男木nn04.jpg
男木nn03.jpg
男木nn02.jpg
男木nn01.jpg
男木nn05.jpg
ogin02.jpg
男木nnn02.jpg

男木nnn04.jpg
男木nnn01.jpg
ogin06.jpg

ogin04.jpg 
ogin01.jpg
ogin05.jpg

男木nnn03.jpg


-itou

ブログはじめて拝見しました!
すばらしい製作の息遣いに感動しました。
7/19まで残すところあとわずかですが、
よろしくおねがいいたします。

2010年6月30日 06:30

-前田純一

メッセージ有り難う
長丁場で、ぼちぼち年長組は疲れが出て来ていますが、伊藤さん達の若さに助けられて頑張ろうと思います
遠隔操作のようにあーだこーだむずかしい注文をすみません
よく真意をわかっていただいて助かります
廃材は刃物や機械の破損がはげしく危険な思いをされているのではありませんか?
怪我のないよう無事初日を迎えることが出来ますよう祈っています
スタッフのみなさんによろしくお伝え下さい

2010年7月 2日 11:54

Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「展覧会」の一覧へ戻る / 「春夏秋冬」の一覧へ戻る / 「街・風景・人びと」の一覧へ戻る


PAGE TOP