home > blog > 前田純一 blog > 指物師の道具箱7_砥石

指物師の道具箱7_砥石

2011.10.18

本山合せ砥の仕立て直し(2)_砥石の固定

(0)  (0)

1110181.jpg


伸縮する木としない石の特質と、水の進入、乾燥に留意し、台と砥石を麦漆(むぎうるし・小麦粉と漆を練って作る接着剤)で固定します


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1110182.jpg

父に「あんこの硬さだ」と怒られましたが、耳たぶぐらいのかたさになるよう小麦粉を水で練り、写真の色ぐらいになるよう、漆を混ぜて練ります。一気に混ぜず、希硫酸を作るときのように、ホワイトソースを作るときのように・笑・ヘラで切るようにしては少しずつ練るのがコツです

1 砥石の底部三カ所をサンドペーパーで荒らしておき、適量の麦漆で点接着します
2 砥面が地層と平行になるよう高さを水平に合わせるのは重要です
3 砥石と台とはぴったり合わせず漆の緩衝材が入る2、3ミリの隙間をつくって位置決めします
4 ムロにいれ二、三日間乾燥します
5 乾燥後、水が入らぬように木の粉と麦漆を混ぜ松煙で着色して隙間をシールして室に入れます

【注1】木が伸縮して砥石とはがれないように麦漆は全面に塗らず三カ所にします
【注2】砥石と台の間に入った水を逃がすように台に穴をあけておくのが一般的です
【備考】漆の乾燥は温度20°上(以上)、湿度50%上といわれています
もっとも乾きが早いのは水分が多い生漆(きうるし)で、小麦粉、砥の粉、木粉、米糊などを混ぜるほど乾燥が遅くなります。
漆の種類別では、木地呂漆、呂色漆、や弁ガラや朱のような顔料を混ぜて朱漆を造る朱合漆など水分を抜いたりクロメたりして加工された漆ほど乾燥が遅く、2、3日から4、5日かかることがありますので湿気で伸びやすいうす造りの指物はこわれないように注意しなければなりません。酒井邦芳さんによれば顔料をまぜた色漆は一週間ほどかけてゆっくり乾燥させると発色がよいそうです




1110183.jpg
1110184.jpg


Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「 指物師の道具箱7_砥石」の一覧へ戻る


PAGE TOP