home > blog > 前田純一 blog > work

work

2011.10.26

いのり_壁掛けの厨子_銀座和光_2011親子展に向けて

(0)  (0)

kabez1.jpg


工房の基を開いた祖父南斎の供養が昨年あり、南斎と父保三が手をかけた縁の深い銘木の残材を使い昨夏から小さな壁飾りをいくつも作りました。はからずも木の供養となりましたが、昔はこのように美しい木があったのだと、、美しい木に出会って祖父は仕事を始めたのだと、あらためて自分の仕事の意味を再認識することとなりました

 創造力が豊かだなどと僕はいわれることがあるのですが、ひいては樹木などなど命あるものを人間ごときが創れるものであるわけがなく、僕は縁がありいただいた命を勝手な思いこみで加工しているだけで、デザインといっても大地にふんばっている樹木に勝る美しいものなど作れるはずもなく、自然物に対しての畏怖や敬意、祈りの気持に基づいたよいかたちとは、身のほどを知り真摯な態度なくして決して生まれないと思います
 今や人間は、エネルギーでも何でも思うままに作れるようになったという傲慢が地球を狂わせているのかもしれませんし、毎日われわれがお世話になっている原子力をどうするのだとかなんとかいろいろあるわけなのですが、ありがとうございますの意を自分にあらためて問い直しながら木に大切に接していこうと、僕はいただいた和光展2011のこの機会にあらためてに心に刻みました
  親子展にあたってこのような思いで作った作品にsentaimirokuとネーミングして、昔から日本各地で千体地蔵を刻んだ人びとの心のありかた、さまざまな祈りのかたちに思いを馳せて、僕がいただいた樹木の命へ感謝と祈りの気持を僕なりのかたちに変えてこれからも作り続けていきたいと思います
 美しい自然というものなくして僕達の幸せが成り立つはずがないと思います。 過去への敬意と感謝や未来への祈りは、僕に手をかしてくれている工房の若者たちと縁あって三城に関わる方々の夢や願いなのです
  
kabez2.jpg
島桑材

PA261235.jpg
   一位材

 
kabez4.jpg
黄檗(きはだ)材  


  kabez6.jpg
一位材 

  
kabez5.jpg
欅材 
 
PA261241.jpg
杉材

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

kabez3.jpg
  

kabez7.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごあいさつ

goaisatu.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

syo2.jpg
111113.jpg
「銀座和光チャイム誌から転載させていただきました」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・





desi1.jpg
desi3.jpg
snap1.jpg
desi2.jpgsnaphi.jpg

snap23.jpg
desi5.jpg
snap24.jpg
desi6.jpg
snap21.jpg
PA050858.jpg
desi9.jpg
snap3.jpg
desi7.jpg
snap5.jpg
desi10.jpg
snap6.jpg
snap7.jpg

desi11.jpgdesi8.jpg
snap4.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「泉に続く道・2011年10月」


Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「 work」の一覧へ戻る


PAGE TOP