home > blog > 前田純一 blog > work > 展覧会

work / 展覧会

2012.08.10

Kチェアー2012_「木の匠たち」展・2012に出品します

(0)  (0)

chkiri8.jpg
湘南逗子で古くから材木と建築のお仕事をされている五代目桐ヶ谷さんが社員のみなさんと新鮮な魚を工房に持ち寄り、わいわいの炭バーベキューを楽しんだのは2005年夏、その折り松本の土場(丸太の集積場)を訪ね、他を圧倒するような信州産の見事な栗板と出会いました。
桐ヶ谷さんがその二枚の栗を手に入れ、僕のところで乾燥することになってしまったのですが(僕は自然木をやったことがないのです)、今年キリガヤ本社移転とともに計画中のキリガヤコミュニティーゾーンで使うテーブルにしたいとの依頼をいただきほうほうのていでようやくこの8月に完成。
 そのテーブルと共に設計したKチェアーはテーブルとの差尺を、畳やお膳に置いた小ぶりな食器が口に近づく日本の食文化を基本にしたものです。左右に大きく湾曲した楕円形の座板は通常のダイニングチェアーより巾を広くしてくつろぎ感をもたせ、背丈の小振りな方やお子さんを想定して鍛鉄の構造体とした足掛けをつけたのでしばらくすれば孫の勉強椅子にもなると思います
クッションなしで二時間をこえるディナータイムにも疲れないと好評の後部に傾斜した座板は、座骨中心点に向かい体に合わせて深く彫込み、座前縁は逆にゆるい凸状のカーブに削りこんで大腿をサポート、サンドペーパーを使わない熟練鉋痕が光ります



chkiri9.jpg

「差尺」
大きな食器に口を近づける西洋の食文化と、
小振りの和食器を使う日本の食文化との違いです








chkiri6.jpg

「木の匠たち」展・2012(8月24日から)に出品します

「木と鍛鉄綿色仕上げのフレームのKチェア」
 高さ70cm 座面高さ38cm 巾48cm 奥行47cm



chkiri4.jpg



Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「 work」の一覧へ戻る / 「展覧会」の一覧へ戻る


PAGE TOP