home > blog > 前田純一 blog > 若者たち

若者たち

2012.11.13

展示会のおしらせをありがとう_早川久美子君、浜 克也君

(0)  (0)


111302.jpg早川久美子君は2008年春から、浜 克也君は2009年春からともに工房で学んだ仲間で、 このたび名古屋で計画されている展示会にはじめて参加します。
卒房後それぞれが松本穂高、清里野辺山で工房開設に向けて奮闘中ですが、昨日「家具・小物・ハクモクレン」の工房開設案内と、展示会のお知らせが届き頼もしい思いとともにたいへんうれしく読ませていただきました。
社会へ出てから方向転換しての入房、二人ともそれぞれに気の合うフィアンセがいらっしゃったのは僕にとってはじめての経験で、なかでも2010年夏の工房での結婚式は白眉でした
(・o・)  ここでやればどうなの?と酔った勢いの話がほんとうになり、早朝から最高の天気に恵まれてあれほど多くのお客様に喜んでいただけたのは三城の自然の力ですが、はじめは夢のような話でも皆が個性を発揮し、夜遅くまで入念に準備を重ねてどうしてもやろうという思いを共有し、空も友人も味方をしてくれて実現した感動が工房全員のなによりもの心の支えになったことが、こうして写真をみているとほんとうに貴重で楽しい思い出になっています
弟子からの注文というのもはじめてのことでしたが、浜君、祐子さんの提案「ともに白髪がはえるまで使う椅子」を不祥師匠が作らせていただき、その意義深いコンセプトとともに僕のお気に入りNEWデザインになりました。(m_m)
よい仕事は年月を必要として、これから壁にあたり呆然とすることが多々あるとおもいます。そんなとき早川君は持ち前の精神力とバイタリティーを発揮し2×2の明るさで信州の意義深い人生を歩きながら女性らしい美しい作品の夢を忘れずにみつづけてください。浜君は生まれながらの長身とサッカーで鍛えた底力とご縁に感謝し、ときどきこの椅子に座り澄み切ったあの日の青空を思い出しながら筋のとおった作品を数多く創り出して下さい。工房で共に過ごした若者たちすべてに多くの光があたることを心から願っています。

thanx.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

111301.jpg






111305.jpg
1123t.jpg


111307.jpg
1115sk1.jpg

1114t3.jpg


111306.jpg
1114t2.jpg


111304.jpg



1211sk.jpg

弟子たち 仲間たち
フリッカー.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「若者たち」の一覧へ戻る


PAGE TOP