home > blog > 前田純一 blog > work

work

2013.04.28

ミュージックキャビネット_2013

(0)  (0)

042702.jpg

1800年代にレコード(録音技術)を考えだしたのはエジソン、以来オルゴールに替わってさまざまなかたちに発展しているステレオですが、現代主流の四角いスピーカーは本棚に置くブックシェルフ型と位置づけて工場生産用に考えられたもので、ヴァイオリンやギター、グランドピアノ、トランペットなど手作りの楽器が曲面で構成された形をしているように、昔のエンクロージャー(スピーカーキャビネット)には木を素材に作られて音がよく、またインテリアとしても形が美しくて魅力的なものがあります。
過日銀座で仲間と耳にした後面解放キャビネットと楕円形スピーカーユニットをモチーフに制作している二組のスピーカーは、四角い箱に音を閉じこめないことを前提に機械生産にない張り合いのあるハンドメイド、いままで培ってきた技術と感性の出番です
SP(ショートプレイ)、LP(ロングプレイ)と呼ばれた黒い大きなレコード盤からCD、やがては形の消滅した現代のミュージックソースと、アナログからデジタルとなったアンプなど音をだす道具類のなかでも、空気を振動させて最終的に音を再生する役割を担うスピーカーユニットの原理は人の鼓膜と同じでおそらく永遠にデジタルにならない、むしろコーン(振動板)は昔ながらのパルプ素材がもっともいいとされているので音楽好きの木工屋としては興味津々です。

042703.jpg
試聴中の平面バッフル

東ドイツ製の楕円コーンユニットは音のつながりがよいとされています




042802.jpg

042801.jpg
2012年秋 義兄と訪ねた小布施のジャズ喫茶にて

温厚なオーナーは大好きなライオネルハンプトンのリクエストに答えてくれました


Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「 work」の一覧へ戻る


PAGE TOP