home > blog > 前田純一 blog > work > 展覧会

work / 展覧会

2014.08.19

落葉松としつらえる和の暮らし 2014年木の匠たち展

(0)  (0)

松本城や松本平の民家の破風に使われた歴史をもつ落葉松(カラマツ)は、戦後植林された材が立派に育ち、最近住宅の外壁や床に使われ始めましたがまだ家具につかわれた例が少なく、工房では数年前からこの材の魅力を探りながら試行錯誤しています。

秋に葉を落とすめずらしいこの樹は、信州で戦後植林され、ようやく僕達と同じ年になりました。檜や杉の柔らかさと広葉樹のような強さを合わせ持つこの木を僕はこれからの作品作りに生かしていこうと思います。

 松本は朝夕にはかすかに秋の気配を感じるようになりました。機会がございましたらご覧いただくのを楽しみにしています



140819n.jpg



Name :

Email Address :

URL :

Remember personal info?

Comments :

  

Trackback URL for this entry.

「 work」の一覧へ戻る / 「展覧会」の一覧へ戻る


PAGE TOP