home > blog > 前田純一 blog > 街・風景・人びと

街・風景・人びと

2011.01.07

松本市都市景観賞_路地にある家_宮坂直志君、松並木 三城から御射山へ

(0)  (0)

11010601.jpg
直井邸
 
建築家宮坂直志君の初作品、卯の会メンバーと協力してつくった「路地にある家」が松本市の平成22年度最優秀景観賞を受賞した。
市の中心部、込み入った暗い路地の一画に空が大きく開けた空間をつくり、変形敷地に合わせて設計した平屋の簡素でピュアな現代建築と、当たり前すぎて忘れかかっていた湧水を利用して信州の雑木や山野草を植え込んだ前庭、それらが塀で囲い閉鎖的になりがちだった古い路地裏の今後の方向性を示唆したことが審査会全員の支持をうけたのである。
クルマがはいれない不便や当初頭をかかえていた排水の難問が、かれらの創造力によって現代に得がたい静寂と町内の安全や、よごしてはならない貴重な湧水の存在を気づかせてくれていて共感する

僕が末席を汚している松本市の都市景観審査会は一般の建築賞とは審査基準が異なり建築物個体を審査するのではなく、作られたかたちから建築家や住まい手のこころを周辺のたたずまいを含めて云々する審査会なので受賞したからといってすぐに宣伝や経済に結びつくわけではない。根回しや心付けなどとは無縁なので、なおさら直志君の正しい美意識に裏付けられたデビュー作が光っているのである。
松本という街が引き継いできた伝統、それらと遊離することのない未来の建物、道路、公園、植栽、看板、広告、そしてこれらに留まることなく地域活動をも含めてこれからの街作りを考えることは、とりもなおさずそのベースとなる住民の、ひいては我々自身のこころの美を問うことになり、このことは街並みを形成する専門家だけにとどまらず個人の人間性を大いに高めてくれることになるだろう

11010603.jpg  

11010604.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11010605.jpg
おめでとう!!!

設計にあたり水を念頭に置いたのは自然と戯れているからでしょうか? 今年結婚の報告をいただいた直志君は、画家だった父君を亡くされた中学生のころから三城の自然のなかで薪作りをしたり、路地にある家周辺の湧水の源流となる大門沢でいわなの稚魚をすくって工房の庭の泉に放したり、焚き火の匂いを嗅ぎながら遊んでいました。
彼の作品とフィアンセのご実家の建築が応募していることを知って審査の三週間ハラハラドキドキ。最終審査で両方が残り、地域に今後の方向を示す創造性がすぐれていることから路地にある家が最優秀賞、新しい機能を加えながら松本伝統の蔵を見事に復活させたことで上島歯科医院の蔵が、建築物・工作物部門賞になりました。審査後の交流会で僕との関係を明かしたときにはよく黙っていたと一同爆笑だったのです。

画鋲.jpg

「公共施設部門賞」

市道3504号線改良工事(薄川左岸金華橋下流)



susuki02.jpg

僕にとってうれしい三つめの偶然といえましょうか? 貴重な遺産を保全した道路改良工事が評価され、三城への登り口にあたる薄川(すすきがわ・美ヶ原に源を発し、松本市を潤しながら、千曲川、信濃川へと続いています)河畔、金華橋の松並木周辺が公共施設部門賞に選ばれました。(道路標識のセンスや無神経さが悪評でしたが、歴史的に意義深い仕事と評価されました・公共工事に最高賞は与えられない決まりになっています)

さて、僕達の住まう三城は歴史の浅い戦後の開拓地と思われているのですが、実は平安時代からこの松並木の下を貴重な労働力だった牛馬を曳いて三城牧場へ登り、それらに休養を与える放牧が盛んに行われていて、三城の地名は後世松本城に敵の来襲を知らせるための、のろし台(城)が三つ作られたことが由来となっています。

この松並木から三城と天の岩戸伝説の扉峠を経由し、ヴィーナスラインをMINIで走って一時間(本当は死んでしまったサラブレッドの愛馬、排気ガスなどださないルークに乗ってギャロップしたかったのですが)、太陽、月、星を祀ったといわれる御射山神社(みさやまじんじゃ・諏訪の御柱祭で有名な諏訪大社の上社にあたります)の湿原では、鎌倉時代から流鏑馬競技が盛んに開催されるようになり、各地から三万人が集まる大祭となって明治維新前まで続いていたのです。

それにしても、なぜ冬の間行き来の出来なくなる1500メートルの高原へわざわざ登ってまでこのような祭りが盛んになったのでしょうか? 伊勢神宮のある紀伊半島のように、かしこい昔の人は時代が変わっても開発されることのない不便な処を環境が破壊されない神の住む神聖な場所として選んだのではないか、そして御柱の樹はこの上社周辺で倒されておろされたのがルーツではなかったのかとひそかに僕は想像しているのですが、20年過ごしてきた鎌倉を出て、キラキラと首に汗が光る駿馬の背中にまたがり、中山道の山道を御射山へ向かう鶴ヶ丘八幡宮で流鏑馬を修めた若武者や、篤姫のようなお姫様のおかご行列に思いを馳せて楽しく、伐採する考えをしりぞけ見事に保全された松の木のそばでほっとしているのです




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
薄川・ヴィーナスライン印象

susuki01.jpg

「雪桜」薄川河畔にて
2010年春・松並木に続く桜並木から塩尻方面を望む


susuki.jpg「万葉歌碑」
歴史を語る石碑が松の木の根本に建てられました



susuki00.jpg「正月行事・三九郎」
薄川では各町会がしめ縄やだるまを炊きあげて無病息災を祈ります

misayama.jpg「フューチャーとステラ・御射山にて」

つわものどもが夢の跡・・

美ヶ原高原には温泉がなく冬の始まりからから早春まで人がふみこむことがありません。立ち入り禁止になっている1万2千年かけて出来上がった天然記念物の湿原に絶滅危惧種となった高山植物がいのちをつないでいて短い夏を惜しむように咲き乱れます

wasigamine.jpg「鷲が峰頂上から」
流鏑馬競技場になっていた八島が原湿原を望む
周囲には見物席の桟敷がいまも残っています


ヴィーナス.jpg「MINIとバンビ」

運がいいと美しい子鹿やりすに出会うことができます
ヴィーナスライン・御射山への道・三峯付近



rook.jpg「ルークとジェミニ」
三城へ移住した頃

地球の循環の一員となって一生をすごすことなど、大動物からはさまざまな大切なことを学びました


・・・・・・・・・・・・・・・・・



11010606.jpg


>>松本市公式HP_審査講評



naosi.gif
>>路地にある家竣工時 (2010年6月

明るい新年のよい結婚祝いとなりました。若い二人から素敵な家庭がうまれることを祈っています。路地に戻ったトンボや蛍と子供たちが戯れてくれたら夢のような町になりますね


クリップ.jpg
日本の伝統を引き継ぎながら未来に繋がる若々しい感性を生かして活動している卯(うさぎ)の会は 宮坂直志君をはじめ、庭師の花岡博文君、宮下剛一君、左官の白澤雄介君、息子大作たちなどなど、松本の若手職人で構成しています



mark_u.gif
うさぎのようにとくに今年は大いに跳ねよう・・ゆかいゆかい・・>>卯の会ブログ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1101181.jpg
「新春の泉で」


2010.08.28

瀬戸内国際芸術祭2010_男木島にて

(2)  (0)

oginnn.jpg

パンフ_概要_ 00.jpg







男木島にて1_01.jpg
「6月23日 現地検証・男木島豊玉姫神社にて」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペン.gif
今年二月鎌倉の絵本作家、長野ヒデ子さんから瀬戸内国際芸術祭への手伝いの打診をいただいていた。FRPに替わり、島に捨てられた木造船の舟板を使う椅子の制作である。
「海の復権」とタイトルしたこの祭りの趣旨は、瀬戸内海の7つの島を舞台として17の国からの参加アーティスト・プロジェクト数75を数える大がかりな現代社会へのレジスタンスである。
高松の建築家、渡辺昭さんが代表して審査をくぐりぬけた「島こころ椅子」と名付けたプロジェクトのメンバーは伊藤洋さんを除いて全員元気な六十、七十才代、男木島の急峻なほそい坂道を登り詰めたところにある安産の神様、豊玉姫神社がステージとなっている。テーマは地球、失われていく家族・ともだち・地域、そして椅子で、皆手弁当労働奉仕だがスイッチを入れれば世界中誰でもが同じものが作れる現代、ほかに作れる人が見あたらないと請われるのは生きている張り合いである。壊れていく環境、仕事、地域家族は僕の人生テーマと一致しているので興味深くお手伝いをさせて頂くことになった

元来アートとは、大勢が会議を重ねて作るものではないと僕は思っていて、上下関係のないプロジェクトは分業で人間関係は難しく煩わしい。しかし過疎の三城に通じる瀬戸内の離島へ脚を運ぶうち、プロジェクトメンバーの考えのくい違いは結局あたたかないたわりに戻りそれぞれに人生の楽しさと奥深さを考えるよい機会をいただくことになった。島を巡り70才、80才でまだまだ元気で働いていらっしゃる男木島のお年寄りや、テントやあばらや暮らしを楽しみながらそれぞれの思いを世界へ発信したいとエネルギーを注いでいる都会のお嬢さんや、キャンピングカー暮らしをして作品作りをしている湘南の若者の姿に接して感動している。
離島、経済発展に取り残された過疎地とかたづけるのは簡単である。しかし僕達の作るものが勝っているという確信はなく、島に刻み込まれた過去には現代には生まれない美しいものものが点在している。

近代が解決した貧困や不便と引き替えに失ってしまった大切なものやこころ。 発展とは?  ボランティアとは? 意義のある歴史とは?
学生、職人、学者、退職者などで構成された小エビ隊に支えられて準備が進むにつれ、お祭り騒ぎは影をひそめて核心に近づき、自然と人間と環境への問いかけを伴って普段の作品作りとは違った貴重な体験となっている





OL053080.jpg
OL053109.jpg

OL053093.jpg
OL053063.jpg
舟板と流木のとおさん かあさんいす(車の着いた錆鉄のフレーム)




パンフ_概要_ 01.jpg

男木島「島こころ椅子」プロジェクト制作関係者

伊藤洋        (家具作家)
鎌田豊成  (造形アーティスト)
内藤三重子 (造形アーティスト・エッセイスト)
長野ヒデ子 (絵本作家)
前田純一  (工芸家)
渡辺 昭    (建築家)
(50音順)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(地元制作関係者)
来春卒業する最後の男木中学校生徒3人
男木島に住まう方々
子えび隊(地元ボランティア)
友人達

男木n01.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


男木島印象100705.jpg
「痕跡・男木島に暮らした人びと」

男木_11.jpg
男木n021.jpg男木_02.jpg
男木_04.jpg
                                                                                                     
男木_08.jpg
男木_12.jpg
男木_06.jpg
男木_13.jpg
男木n03.jpg男木_10.jpg
男木n02.jpg
男木n06.jpg
男木n04.jpg
男木n05.jpg・・・・・・・・・・・・・・・・・・



男木nn04.jpg
男木nn03.jpg
男木nn02.jpg
男木nn01.jpg
男木nn05.jpg
ogin02.jpg
男木nnn02.jpg

男木nnn04.jpg
男木nnn01.jpg
ogin06.jpg

ogin04.jpg 
ogin01.jpg
ogin05.jpg

男木nnn03.jpg


2010.01.11

写真の愉しみ_正月・松本飴市にて

(0)  (0)

松本飴市2010_01.jpg
「本町弐丁目町会御輿」
松本城を背景に大名町にて


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


シンと閑かな三城、賑わいにあやかりたいと、10日オリンパス一眼を積んで町へ出た
(弟子と犬、たまには作品・笑・ばかり撮っている・・・)

普段は三脚に据えて作品撮影用の望遠ED50-200mmはE3との組み合わせで1.8Kg、フォーサーズでも60過ぎてそろそろ重たい。そこで正月新調、長さ調整を可能にした巾38mmのごっつい自製ストラップに吊れば三脚不要、御輿を追いかけながらの流し撮りでもフットワークはいいはず、ホームセンターで手に入れた5mmスポンジを敷きこんだ釣り用を改造したバッグにレンズ端まで25cmのカメラごと収納、(写真が好きなんだか機械が好きなんだか作るのが好きなんだかわからない・・爆)
うきうきとお気に入りMINIに積み込んでいるとカミさんは 「子供の運動会じゃないんだから」、、と呆れている



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


松本飴市は430年の歴史、上杉謙信が塩商い禁止は武士道に反すると、塩のない甲州信州に塩復活を命じて民衆を救ったのが始まりだそう、その後飴市と呼び名が変わりもしたが塩も糖も僕達が生きるのに欠かせないことに変わりはない、、、御輿の道を清める町会長の大役を三城移住以来の知己開運堂が務めている

松本飴市2010_02.jpg「晴れ姿男衆」
檜皮葺の渋い御輿は160年前に建造されたもので好天に恵まれ正午スタート
このときのために、ご近所は仕事後夜な夜な準備を重ねてきたにちがいありません


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松本飴市2010_03.jpg
「拍子木、笛、歓声、御輿は城をめざしている」


松本飴市2010_04.jpg
「壱丁目町会・担ぎ棒上の少女」

男衆と女衆はやはり違うもの
子供は宝、誇らしげな恥じらいが印象的でした
露出ブラケット0.3で5枚連写後ナイスショットを選びコントラスト+5
冬は色調をカメラでGreenマイナス 1 にセットし、画面を暖かくしています
御神酒少々いただきすぎ異国衆がほんのりNICEでした




・・・・・・・・・・・・・・・・・・



松本飴市2010_05.jpg

「こちら鳴り物衆・千歳橋、中町入口にて」

騒いで騒いで、ともかく神様の注意をひかにゃあ・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松本飴市2010_06.jpg
松本飴市2010_07.jpg
 「いなせ若男衆」
大手三丁目にしつらえた御神酒処で一息
息子と山辺中学校、深志高校時代の同級生です

Photoshop_逆光をシャドウ・ハイライトにて補正 > 鉢巻きのハイライトを覆い焼き >
提灯の彩度をスポンジツールで上げました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


松本飴市2010_08.jpg

松本飴市2010_09.jpg
「沖縄の子供たち」
中町蔵シック館前もドンチャンです

スリムで軽いお気に入り、オリンパスパンケーキ25mm
人混みの隙間で適当に片手撮り
>Photoshop_ 水平補正しながらクロップツールで切りぬきしました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松本飴市2010_11.jpg
「お炊きあげ・四柱神社で」

お札と一緒に供養するつもりだった家族一年箸は、燃やすに惜しくて二年目突入 ! ! !
使い込んで味わい深く勿体なく、まだまだ手放せない愛用品となりました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松本飴市2010_10.jpg
「女鳥羽川・縄手横町にて・工房のある美しの山を望む」

おしどりがいつも羽根を休めている縄手通りの浅草仲見世風雰囲気が僕は大好き、かわいい島勇新店舗にてかまわぬブランド手拭いを求め、トキシラズではもちろんビール、周辺顔見知りお店へごあいさつ後、神社前翁堂ご自慢有機栽培コーヒーで一息
帰路夕暮れの薄川では各町会今年一年の無事を祈りながら正月飾りを燃やす行事、三九郎を楽しんでいました


薄川三九郎100110.jpg
「薄川にて」



薄川三九郎100110026.jpg「繭玉」
おかいこ、絹への感謝でしょうか?

色とりどりの米粉で作った繭形を焼いて食べ無病息災を祈ります
人が出すごみを楽しみながら大地に還す知恵、
火水土に思いを馳せる美しい行事だとおもいます

カメラの重さと財布の軽さ・爆
ボロは着てても心は錦!!!みんなでやったね・・
不景気だろうが五穀豊穣、気の合う隣人がいて塩も飴もある(他に何が要る・笑)
町内新年会、ご近所廻り、年賀状、たまのお習字、七草粥、鏡開き、消防祭、三九郎、山の神、
まだまだ・・・・正月は神・自然・歴史への感謝とともにゆっくりと過ぎていきます








2009.11.17

入山辺秋色_三城から厩所へ 2009年

(0)  (0)

入山辺秋色091106_07.jpg
「厩所橋にて」091106

工房から市道三城線を冬支度を終えた樹々に見守られて大門沢沿いに市内へと下りていく。先輩たちの命名・白砂橋、清美橋、大岩橋、藤見橋を渡り山の神を過ぎて大和合、大仏、僕はしぜんに洗礼されてどんどん下りやがて里山・厩所へ
 厩所橋にはお舟祭りの蔵と畑があり、時間を超越してそれらを見守っている大きな欅は誰かがいつか植えたものだろうか、僕はこのような自然と人為の美しいバランス、土や土から生まれる命とのパートナーシップを人の仕事・木工の仕事の基本と思っている


入山辺秋色091106_03.jpg
「藤見橋にて」


入山辺秋色091106_04.jpg
「大和合から見る出峰」

入山辺秋色091106_02 1.jpg
「白砂橋あたり、道路は鹿の道を横切っている」



入山辺秋色091106_05.jpg
「厩所橋たもとの簡素な蔵」

お舟祭りのお舟がしまわれている


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


入山辺秋色091106_10.jpg
「厩所橋・2009秋色」

地域の仲間は祭りとともに生き、ゆかしい地名は歴史を物語っていて勾配のきついSカーブからは松本盆地を隔てて初雪化粧した北アルプスが望めるのだが、入山辺はまもなく与えられる清澄な雪の衣をまとって創造の夢に満ちた高貴な冬の静寂のひとときを過ごし、それからすぐに山桜の濃い紅などなど、永遠に間違いなく春を告げるプログラムがうぶすなに計画され、我々に公平に無償で用意されている
 僕がこの欅の下を通ったのは1982年34歳のとき。とわに覆ることのない自然と信頼関係を築きながら家族とともに時を刻んで仕事をしたいとふと思い、瞬く間に四半世紀が過ぎ去って美しいこの土地への愛が確定し、来年はそのときから28年目を迎えることになっている


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


09111802.jpg
「入山辺御柱祭」
 2005年4月・橋倉町会

江戸っ子三代目の僕は祭り大好き
信濃の国七年ごとの祭り御柱は、来年伐り年(柱を準備する年)にあたります


091901.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・





09111902.jpg


2009.05.10

連休_信州見どころ食べどころ_駒ヶ根へ

(0)  (0)

やまぐらし・連休に子供を心待ち・庭で落ち葉を掃くのも


09連休_信州散歩00.jpg
「泉の掃除・犬達と」2009年早春


弟子達もそれぞれに、、飛世は北海道への格安チケットをみつけて札幌のガールフレンドにも、などなど実家帰りを楽しんだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


息子夫婦は嫁の実家福山へ、横浜の娘夫婦が三城へ来ることになり、松本ではトキシラズへ夕食、翌日は駒ヶ根方面へ日帰りドライブとなった

(コース)
松本IC>中央高速>駒ヶ根IC>手打ちそば丸富>光前寺>かんてんぱぱ工場・小椋栄一木工展>神の湯>ビーナスライン経由帰宅

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09連休_信州散歩01.jpg

帰りがけは、昨年ちょこっと一人で気分転換に、、と教えてもらった「神の湯」へ
山道を登りつめた質素な一軒だけの山宿秘湯、清潔ですみずみに気が配られて余計なものやサービスはなく、毎回使える割引券を頂けます

交通・
◯下諏訪から諏訪大社春宮・万治の石仏を経由して20分ほどなのに深山のおもむき
◯街を経由せずにビーナスラインドライブがてら和田峠方面から142号を諏訪方面へ、湖北トンネルに入らずに左手旧道を諏訪方面に下り、右手に渡る初めての橋のたもとに小さな案内看板が出ています

武田信玄が金発掘工事の怪我人の治療に利用したのがはじまりで、6人ほどしか入れない木の湯船、大きな窓を開けると細い谷を挟んで急勾配の自然林が眼前、空気清澄静寂にて樹のいのちの気配、泊まりの方の夕食時だったので貸し切りでした
湯は錆色をしていて薬効飲用、昔の炭酸粉ジュースのような味がし、毒沢と恐い名前でも娘はとても肌によかったとイギリス友人温泉好きに教えたいそう
湯上がり、玄関ホールにて横になってビールと煙草は美味く、ホンモノ骨董木製回転座卓しつらいに僕はびっくり。山魚料理や山菜精進を頼めます
ゆったりしたソファーの禁煙別室で本を読みながら連れを待つのもなかなか

神の湯行前回は、万治の石仏に興味津々
信州には庚申塚、石仏、道祖神など気負いのない彫り物が多く、渓流沿いに社もなくひっそり腰を据えている大きなモアイ像のような顔をした石仏の存在は国籍不明で不思議、おおらかで新田次郎、岡本太郎が興味を持ったそう
なんでこんなものが存在するのだろうか、知らない歴史が秘められているのだろう、、それで僕の木彫のモチーフのひとつになっている


万治の石仏.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09連休_信州散歩02.jpg
「トキシラズにて」

開店後連休を迎えて、りえさんもどうやらペースがつかめてきた様子
とれたて筍、最近おすすめゆばなどが京都直送で芳醇

しかしあのミートソースがないのは淋しいと意見が一致
血筋でうるさい娘は、新作チェアーの座り心地がいいと言っていた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09連休_信州散歩04.jpg
「駒ヶ根・手打ちそば 丸富」駒ヶ根ICから十分ほど


小椋さんに教えてもらって以来、駒ヶ根方面のそばお気に入り
爽やか簡素な木造店舗、樹のホンモノインテリア、売り切れごめんで注意です
太切りと十割細切りで、辛み大根、山葵も本物、詩を詠むご主人お人柄

tel 0265-83-3809

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09連休_信州散歩03.jpg
「光前寺」


初めての光前寺は犬と美少女伝説「はやたろう」で有名
我が家もかわいらしい犬土鈴にはいったおみくじをいくつも購入

仁王門をくぐると600年という杉並木に、ひかりごけが見事に手入れされている
境内は、はやたろうの墓や神仏混こうを感じる錆びた感じの建造物がいかにも自然で、屋根のてりの形に媚びがなく格調高し

あまりにも神聖、賽の河原地蔵群に、僕は一人で裏から迷い込んで夢中になり、よくあちらから帰ってこれたねえ、、と合流後心配顔をされてしまった・汗
続く裏山の散策コースは細い流れがやまぶきで明るく彩られ、まいずる草、おおやまカタバミ、いちりん草、すみれなどなどが清楚に自生し、山草好き感動、きれいな空気に、娘思わず子供教室向けヨガのポーズ

帰りがけ、しだれ桜がさぞきれいだっただろうと、四季折々訪ねるのが楽しみに、、




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その後、かんてんパパギャラリーにて展覧会をされている小椋栄一さんをおたずねする。あいかわらぬみごとな轆轤のお仕事を拝見、久しぶりにお話を伺い、体調回復され樹への情熱もますます新たとお見受けした

娘夫婦はかんてんパパ大ファン、きれいに整備された広大なガーデンを散歩
僕らも彼等おすすめかんてん等々を購入、、




・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日、工房早朝未だ肌寒く、炭火エスプレッソと、初めて育てた冬越しほうれんそうバター炒めが都会暮らしへの山のごちそう、やがて朝日が輝いて久しぶり家族の絆を楽しみました

09連休_信州散歩05.jpg
ほうれんそう.jpg
「山の朝餉」久しぶりにdogs_uniko_と








1  |  2   


PAGE TOP