home > blog > 前田純一 blog > 街・風景・人びと

街・風景・人びと

2009.03.12

街_信州_松本_中町_「トキシラズ」開店に向けて

(0)  (0)

090312トキシラズ04.jpg
「トキシラズ店舗イメージ」 制作:前田大作

松本に残る蔵は江戸から明治時代の大火の経験から商人が建てたものだそうですが、中町通りでは、民芸運動の流れをくむ方達の熱意で残った蔵が修繕され、新しい感覚で現代に息づいて使われています

ジャスコ2階でイタリアンのお店「クランツ」を営業していた山田さんが、中町通り中ほど、栗おこわで有名な竹風堂のとなりの蔵を借りて、新しいお店「トキシラズ」を今春開店することになりました

ショップコンセプトは工房の火皿を使った炭火料理と、ステキなものの紹介
深見君はじめ、工房に縁のある若者たちの作品の販売に向けて計画中です


090312トキシラズ03.jpg
「工事中の蔵内部」設計_宮坂直志
工事責任:(株)ダイワテック

ショップイメージ:前田大作、蔵の改造設計:山の辺建築設計・宮坂直志、左官職人:白沢雄介、庭師:花岡博文、庭師:宮下鋼一、彼らは松本での息子達の小中学校同級生で手仕事もの作り仲間、若者らしい発想で工事を進行中です

連休前に開店予定、新緑の松本を皆様ぜひ楽しみにお出かけ下さい

090312トキシラズ01.jpg
「中町通り、工事中のトキシラズから美ヶ原を望む」

中町通りは松本市が街並み復活に力を入れていて本物の建築が魅力的
日本伝統の他にも西洋館あり寺あり大正ロマンあり、まさに和洋折衷
オススメコーヒーは、女鳥羽川をはさんで四柱神社鳥居対岸の翁堂の有機栽培コーヒー。この店の漆喰細工の天井や、トイレのガラス戸に描かれた金文字、手作りスピーカーなどなどで古き良き時代を忍んだりしています




2008年8月木の匠たち展02.jpg
2008年8月木の匠たち展03.jpg

「木の匠たち展」2008年8月 松本中町蔵シック館



翁堂、マエストロさんはじめ皆様に大変お世話になり、
ようやくここまで漕ぎつけました

THANX !!!


もっとみる
フリッカー.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール��


2008.11.13

いのりのかたち_友人_地域 町会_入山辺

(0)  (0)

R0018292.jpg
「三城 山の神」2006年正月

秋が入山辺に深まり、収穫の歓びが地域一杯に溢れている。
町会、農家組合、青年団、消防団、婦人会、老人会、公民館活動〜そんなにあるのかア〜、それぞれの団体が例年さまざまに企画をこらす。僕はそういった地域活動の衰退にあわせて都会で育ってきたから、三城での行事は移住した当時煩わしい思いがあったのだが、老人と称すには元気すぎる地域の先輩達との積み立て旅行がこのごろは楽しい。
大抵が貸し切りバスでとなるが、最近の観光バスは後部がサロンとなっていてさっそく一杯となり、よもやま話を肴に温泉一晩は大いに呑むこととなる。

そこでは祭りの計画や、神様の掃除、川の氾濫の心配、地震時の避難場所、痛んだ道路の補修の段取り、運動会開催計画、農作物への鹿の被害対策、青少年健全育成、空き缶拾い、たまにはもめごと仲裁などなどが話題になるのだが、僕の参加する旅行は長老組だから、どこの誰それが入院したが、とか通夜葬式がいつになった、とかの話題が年ごとに増えてくる。

photo_友人_地域 町会_051211〜平成一二三会_箱根〜焼津へ03.jpg
平成一二三会 町会長会OB旅行 2007年秋三河湾豊川稲荷方面へ

R0015282.jpg
「ビール工場で サンタ嬢と中沢兄イ」
オカリナを持ち歩いてロマンチスト
旅行宴会でのカラオケ一等賞 千の風となって を歌った
青年団の頃のヴィーナスライン開通時には環境問題に労をつくされた

 僕は死は何となくさけたい話題と思っていたのだが、入山辺長老は一杯気分で冗談のように聞こえなくもない話しぶりで、あっちへいった、などと明るい。
厨子仏壇を作る僕の仕事にとっても、この感覚は容易には解せないものだった。

R0015318.jpg
「八丁味噌蔵見学」

入山辺道ばたに祭られている道祖神の存在が目につき始め、生きる死ぬを真剣に考えはじめたのは歳のせいでもあるが、そのような場面での皆の明るさ、屈託のなさはなんだろうか、つまりは自然なのだとようやくこのごろ理解出来るようになったのは、入山辺に暮らしたお陰とうれしい。

僕の家の寺は真言宗だが、普段の生活のなかで教典を学んだりはしない。
日本人の信仰はそれほどには宗教と深い関わりのあったものではないらしく、いのりは自然への感謝、地域の平安を思うことで、あっちへいったら空から見守る地域の仲間として永遠の存在になるというこの感覚はハッピーで、僕の厨子仏壇制作に大きく影響を与えている。

森があり、川があり、田畑があるがゆえに成立する自分たちの世界を大事にしたいから、自然を犠牲にしながら生きていくことが哀しい。日々故郷の山河を守らねばならない矛盾と闘って懸命に生きているから、あっちがわは天国なのだ
 伝統はときおり重い足かせとなりかたちの変化を拒んでいて、自然不足東京育ちには青天の霹靂だったのだが、こっち側からあっち側とは、守られる立場から守る立場へ移動するというだけのことであった。
自然のなかで人だけの崇高な意識「夢をみる、理想を掲げる、いのる」とはこのことではなかったかと思うのである
(信濃毎日新聞連載、内山節「日本民衆思想の基底へ」から学ばせて頂きました)


R0018899.jpg
「入山辺船付あたりから北アルプスを望む」


photo_友人_地域 町会_051027仲好会 金沢 能登12.jpg
「原宮原町会長 朝倉兄イ」


R0015402.jpg
「入山辺連合町会長・百瀬兄イ、市川、赤羽町会長」静岡和れすとらん・なすびにて

皆、自然のなかでの人の存在の意味を体得して生きてきている
ダム建設、自然破壊、環境保護、廃棄物処理などなど、
難題処理は張り合いのある当然の奉仕で
ご褒美は神様が下さると声を大にしない

顧客_大和登様.jpg
「カラオケ大好き大和登兄イ」
 平成一二三会2008年旅行常磐海岸・みそらひばりの碑の前で



R0019038.jpg
「道祖神 入山辺・原 宮原あたりで」


R0019195.jpg
「薄川ほとりで 弘法山を望む」

R0016015.JPG.jpg
「原町会 朝倉兄イとしめなわ作り・2007年暮れ」
伝統左官職人、蕎麦栽培、蕎麦打ち職人、無農薬野菜と何役もこなす長老は
竹馬、しめ縄、雪囲いなどの作り方を子供達に教えている


2008.11.06

dogs_フューチャー_ツリーハウスで・友人_地域 町会_入山辺公民館活動

(0)  (0)

dogs_フューチャー_03.jpg

冬眠鼠が必ず床下にいると、彼は信じていた


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2007年8月

初めて梯子を登る決心をした

以後簡単に登るが降りられない。僕は迎えに行き、肩にかついで下ろすことが日課となった


dogs_フューチャー_02.jpg

2008年9月

床板の穴が徐々に大きくなっていた。しかし冬眠鼠は彼の幻想である


dogs_フューチャー_03.jpg

2008年10月中旬

おそらく歯が抜けかかっている


dogs_フューチャー_04.jpg

2008年10月下旬

それでも数時間は飽きない


dogs_フューチャー_01.jpg

2008年11月4日

僕の大事な冬眠鼠がいない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
mail.gif




妙子へ

今日は暖かくて薪割りが気持ちよかったね。素敵な写真をうれしく受け取りました。おみやげも喜んでもらえてよかった。

こちらからも写真を送りますが、フューチャーは歯が抜けたんだって??

お馬鹿だねえ・・きっとツリーハウスの床を噛みすぎたんだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ツリーハウス_2002年秋01.jpg

地域のコミュニティーによって、四本立白樺に、地上2.6メートル、2メートル四方の小さなハウスが完成したのは2002年秋。

入山辺フォレストクラブと、ご父兄を交えて地元中学生と建設した時の昼食、煙とカレーの匂いがいまだに漂っている。


ツリーハウス_2002年秋02.jpg
ツリーハウス子供達と01.jpgツリーハウス子供達と02.jpgツリーハウス子供達と04.jpgツリーハウス子供達と03.jpg

当時からのコンセプトは「地球に迷惑をかけない」

カラ松の間伐材と、友人寄付の自然木材を使い、大人が子供に手をかして作り、壊したら土に還る願いがある

200811月、思い出を残して地元建設業の方々のボランティアにより、ツリーハウスは地上に降りて壊された

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


四本立白樺は、自由を取り戻し美しく輝きはじめた


残材は薪となって僕達に暖を与えてくれている


今年の新米を炊いた灰は、地球にリサイクルして美しい森となる


気持ちのよいことだ



こどもたち.jpg
「ちびっこコンサートの休み時間に・ 2008年夏」

梯子とフューチャー.jpg
「梯子とフューチャー・ 2008年秋」

THANX!!!




«  前へ   1  |  2


PAGE TOP