home > blog > 前田純一 blog > 指物師の道具箱5_墨道具

指物師の道具箱5_墨道具

2010.08.30

指物師の道具箱_毛引き_1

(0)  (0)

毛引き1_02.jpg
昔は墨を使ったので印をつけることをスミ、スミダシ、スミツケなどといい、僕達は微少な量を毛とか糸といいます。線には太さが伴い曖昧なので誤差のない精緻なスミには小刀などの刃物を使い、毛をひくなどといいます。
中仕上後に外形を基準に引くスミに使う毛引きには大きさ、竿の長さ、刃物の形状にさまざまなものがあり、これはよく使う一番基本的な毛引きで、小刀のように刃に左右があります。毛をひくので普通ケビキ ケヒキと呼びますが父はケシキと言っていました。しかし敷くではなく江戸っ子なのでひ、と、しの使い分けが出来なかったからではないかと思います。

この道具にはねじで竿の出を調整するもの、二本毛引きという刃が左右一対のものなどなどが売られ、僕もアイデアをいくつか試みましたが、大正時代に父・保三が作った、楔で竿の出を調整するもの左右一対が原理を心得ていてさすがに具合がよく他界後ありがたく使っています。このような道具は買うものではなく本来は使い手が工夫して作るもので、よその仕事場へいくと思いもかけないおもしろい形や独特のくふうがされているものがあって興味深いものです。
最近手に入らない
毛引き刃ですが、このような先端だけを使う刃物は昔のものは甘く、すぐに切れなくなるので機械鉋のハイス鋼で作ると長切れします

「刃の仕込み」
鉋刃のように刃をテーパに作り、竿にドリルで刃穴を開け、廻し挽きなどの細い鋸と薄い刃物で切刃側を竿に対し直角になるように調整したら、刃を玄翁で叩き入れますが、刃の出具合は紙をはさんで厚みで調整します。(刃を抜くときは竿をあて台に叩きつけて抜きます)。また本体への刃の形の彫り込みは、刃厚以下のスミをするためのもの、竿の穴は大まかなアタリのスミをするために鉛筆を差し込むためのものです。



毛引き1_03.jpg


毛引き1_01.jpg




1008312.jpg
「われもこう」

2009.05.28

指南帳_スミつけ_毛引き_工作少年とのメール

(0)  (0)

毛引A.jpg
「毛引きA
祖父と父の代から使っている指物独特のスミ道具で材は樫です


S様


こちらは今日は風が吹き、女心と春の天気、、でしたが

こんな季節は心臓パイプやなにやらご機嫌悪いのではないでしょうか?

僕も胃摘出手術のおりのホッチキスのような針がおなかで嘆いております

お互い虚勢を張ってはおりますが、歳はとりたくないもんですナ

しかし薬より、運動は最善のようです、がんばりましょう・・


さて鉋を作るためには鉋が必要で、それには基準線をスミする道具がいるのですからいよいよ佳境のご苦労と拝察します

スミツケには「毛引き」が伝統ですが、僕は他にボールペンを使うスミツケ道具を作って愛用しています


今晩にでもブログに参考写真を載せますので、参考になさって下さい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なにやら梅雨の気配ですね

今年はレンゲツツジが早くも咲いてしまいました

高原の暮らしってものは、あっというまに秋になりそうで淋しいもんですが

あわてると、ろくなことはありません。スロー、々でいきましょうね


PS

木彩会でいただいたウイスキーはみるからにうまそうです、楽しみに頂きます

THANX!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



前田純一様


今日は良い天気でした!

黒米、大分大きくなりましたドンナお米が実るやら楽しみです!

整形外科の医者から足腰の筋肉が減ってきているので少し強い運動をするようにとの指示

ボートをkpグ時の動作の運動器具を作っております!腰を乗せる前後に動く座板も出来ました!滑車を取り付ければ完成です!

足を折ってから二十年!運動らしい事は殆んどしておりませんでしたので何時まで続くか心配です!自転車のゴムタイヤを段々強く出来るよう頑張ります!

欅で台を切り出してみました!基準センを確りと決めないと何時になっても台は完成しない事が解かりました!

電動鋸のガイドを再度点検します!素人が上手く行かないのはここいらが確りしていないからと思います!

明日も良い天気の様子!運動器具を早く仕上げて製作に掛かります!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「毛引き」


普通、正確にきめた外形の外側から基準を出すのですが、線には太さがあるので指物では正確な基準は刃でスミをし、それをなぜか「毛」と呼び、正確なほぞ組の穴加工の際に鑿を寸分以上ミクロン精度で位置決めするのに不可欠です

指物伝統の毛引きは上の写真毛引き_Aのようなもので、大きさ、用途による構造の違いがあり、刃は片刃で切刃の向きに右左があるのは、穴の外スミを基準とするためですが、その他に飾棚や厨子の羽目板の溝の脇(立ち上がり)面の始点と終点仕上げなどに使います

(中ほどを仕上げるためには「脇鉋」といったものがあります)

溝の脇仕上げに際して組み立てる前に漆塗りをした場合(塗アト組ミ とよびます)には、溝の中に漆が入りこみ、普通の刃ではすぐこぼれてしまうので研ぎへってしまった機械鉋の刃(SKH、HSS)を切り出して作ると調子よく仕事がはかどります


その他、重宝するものに以下B、Cの二種を使っています

スミにそれほど正確さが必要ない場合は、刃ではなくボールペンの換芯を使います。位置調整を二段構えに考えて、おおまかに位置決めした後に芯を回転すると微調整が出来るところがポイントで、Cは椅子座面などの凹曲線にも沿うように回転する持ち手を兼ねた定規部分の断面を、直線定規面と曲率を違えた凸定規面に作りました


さて線には太さがありますのでの右側或いは左側基準を感で見るのですが、細かくてぼちぼち僕も老眼が悲しいもんです。それにしてもどちらかといえば、耳が遠くなるほうがいろいろうるさくなくていいかもしれませんナ・・


毛引きB_01.jpg

「豆毛引きB」


佐々木さんから譲って頂いた黒い木の(黒壇?)豆毛引き

先端部に鋸を入れ、木の弾力を利用して芯が回転するように手を加えたもの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・



毛引きC_03.jpg
「毛引きC」

松本民芸家具にいたUさんに教えて頂き、弾力のある桑の木で作りました
定規になる部分が回転し直線と曲線に対応します
もとは鉛筆を使っていましたがボールペンはなかなかいいようです
1cmきざみの三角の目盛りは、物差しを当てる手間を省きます

毛引きC_02.jpg
毛引きC_分解状態

貫通ネジは6mmの真鍮丸棒の先端をダイス加工しました
固定ツマミは真鍮20mmを旋盤で削りだしたものに筋ヤスリでローレット加工したもの、換芯はモンブランのBとロットリングのFを使い分けています
溝の内側に革かコルクを貼ると芯がしっくりと固定されます


1


PAGE TOP