home > blog > 前田純一 blog > 指南帳_箱_

指南帳_箱_

2008.11.27

弟子の作品_楢と鍛造アルミの箸箱_深見昌記作

(1)  (0)

弟子の作品_箸箱_深見昌記君 - 1.jpg
「楢と鍛造アルミの箸箱」深見昌記作 2008年


mail.gif

鍛造アルミの弾力を蓋の開閉ストッパーにした合理的なデザインで感心しました。錆びないアルミ合金の清潔感は食器類に向きますし、鍛造で材料に張りを出すことでバネ性を高め、薄い材料が軽金属を使う意味に繋がって、素材を生かした鎚目テクスチャーの味わいが手作りならでは魅力的な作品となっています。

木部について、無垢素材を掘る技法では木口が割れるので板厚が大きくなってしまいます。これは板厚が軽やかで指物ならではの仕事と嬉しいです。ほぞを組むのは木口台の修練が不可欠で苦労したと思います。しかし手間のかかったものはやはり味わいがありますね。

一点提案がありますが、置いたときにクリップがテーブルを傷つけそうです。底板を彫り込むなど底面がフラットになる工夫をすると解決しそうですが、思い切って逆転の発想はどうでしょうか? 蓋が上という伝統に挑戦し、身と蓋を入れ替えてしまうことが出来たら画期的ですね。
 それにしても工房での経験がよく生きた考え方でうれしくなりました。白川先生はとても気に入っているとほめて下さっています。ますます頑張っていい作品を作ってください

弟子の作品_箸箱_深見昌記君 - 3.jpg


弟子の作品_箸箱_深見昌記君 - 2.jpg


弟子の作品_箸箱_深見昌記君 - 4.jpg
写真を撮りましたので後日お渡します。小品の小ささを表現するには大きさの指針となるもの(ぼくはタバコ・・)を置くといいと思います。カメラは望遠で撮りますが、望遠レンズがなくても、画像変形で遠近補正・自由変形ができます。また四角い作品が樽形に撮れるのはいやなものですね。直す場合は11月7日の樽形補正を参考にして下さい。
 このような撮影では無彩色のアルミ部にどうしても色がついてしまいます。ホワイトバランス調整では難しいので蓋部を選択して彩度を落とすか、スポンジツールを使って下さい。逆光気味に撮影し、金属の一部に反射を入れると質感が出ます。


kao_hukami.jpg

▶▶▶深見木藝工房

2007年独立。名古屋で工房を構えています

誠実・温厚・やさしさにあふれる好青年です




1


PAGE TOP