home > blog > 前田純一 blog > 指物師の道具箱1_鉋 小鉋 豆鉋

指物師の道具箱1_鉋 小鉋 豆鉋

2013.08.07

「龍」4 堤朋一さんと前田保三のこと

(0)  (0)

河野雄太さんからメールをいただきました

おかげさまで当時の東京刃物のことなどがよくわかりました。僕と同じ三代にわたって龍が健在でうれしいです。堤さんこれからも美しい日本の鉋刃を打って下さい。

ありがとうございました


クリップ.jpg

左の花押から作者は埼玉県浦和市で鍛治をされていた龍進斎、堤朋一さんの物だと思われます。

添付しました写真の銘は誠龍と読みます。

ですからブログにアップされていた鉋刃の銘は龍で正しいかと思われます。

写真は他の方のブログから拝借いたしました

河野雄太 <ourgerain@gmail.com>



ryu.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


男盛り銘の鉋で有名な堤朋一(つつみともいち)氏は主に昭和に活躍した鍛冶屋で、関東では有名な鉋でした。現在でも三代目が男盛りを作られています

火造りを担当されていた堤せいじ氏は戦争で片腕の自由が利かなくなり片腕で火造りをしていましたので戦後の物は見た目には荒い造りになっていますが、通常では考えられない事で、腕の立つ方だったと推測できます。


龍進斎 堤朋一(堤鉋製作所) http://www5e.biglobe.ne.jp/~ttoishi/sub46.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


yasuzo.jpg

父 保三 昭和15年 1940

伊豆白浜神社への奉納額完成を祝って


当時若僧の僕は、東京駅から千葉県八幡宿までのディーゼル機関車につながれた客車で「室内」を開いて有名な鉋鍛冶千代鶴の連載を読むのを楽しみに通勤していました。「千代鶴が切れない」と言っていた父の技量の大きさがこのごろようやくわかる歳になったので偶然残っていた鉋刃龍を使いこなして親孝行しようと思います。(刃物は切れるほどよく使われて姿を消すものですし、使いかけが残っていても使い手の修練が出来ていなければ美しい形は損なわれてしまいますので刃物に骨董品はないのです)
工人らしく名より実をとる仕事に厳しい師匠で早くに妻に先立たれ、皆に口うるさいとけむたがれていましたが、お得意さまへの納品にはじまり、東京湾ハゼ釣り、夜の銀ブラなどなど、どこにでも僕を連れ歩きいいものを食べさせ見せてくれ、言葉使いやお作法や行儀や、人が生きるセンスを僕はお客様や父に教わり身につけたのだと思います。今の東京では考えられない大きな欅の植え付けを庭でやっていた世田谷の邸宅へ納品に連れて行かれたおりの帰りの車中、あの方の植えていた欅は、根本の小さな山草のために日陰を作ってやるためなんだよ、などとスケールの大きな自然の話をしてくれた覚えがあります。
筋の通った職人の生き方がお金と縁が薄いのは良心に恥じない長く使える美しい仕事を目指すからですが、本物を使えばすべて解るといった江戸気質ありて現在も作品とともに龍」あり、家族みなに大切なこととはなにか教えてくれた父であり師である保三の深い愛を身にしみて感じています

 僕が生まれた年に父達が作った「木彩会」は未だに続いていて僕が会長を務めていますが、箱根での写真のお仲間の名前がおわかりになる方は、恐れ入りますが以下の私宛メールでお知らせください

↓もっと見る
フリッカー.jpgのサムネール画像のサムネール画像



2013.08.06

「龍」3 平鉋寸八_研ぎ

(1)  (0)

13080600.jpg刃物の研ぎは荒研ぎ→中研ぎ→仕上研ぎの順に進めます。台鉋は材料と刃の角度(切削角)が固定されているので通常仕上研ぎ角度=33度(仕込角度マイナス5度)になりますが手が角度を覚えるまでは薄い金属板で定規をつくり、ときどき研ぎ角度を確認します。
僕は刃先線をカマボコ形の曲線に研ぎますが曲線の度合いは直線に近い方から一番(0.3ミリぐらい)、二番、最も曲率が大きい四番(0.6ミリぐらい)と呼んでいてそれぞれのアールが鉋痕仕上げを生みます

大きな平鉋、寸六寸八用の砥石は荒研ぎ、中研ぎ、切刃の仕上げに人造砥石、刃裏の仕上げに天然砥石を使い、刃物の切断と研削、砥石の切断と整形には砥石又はダイヤモンドカッターを取り付けたハンドグラインダー(電動工具)を使います。人造砥石は弟子入り当時から40年ずっとKING製が定番でしたが、3年ほど前から研ぎおろしが速く、摩耗と持ちのバランスのよいナニワ砥石製セラミックワークストーンの#120#1000#3000を気に入って使っています。仕上げ砥は通常6000とされますが#3000はハイス鋼も素早くよく仕上げます


13080603.jpg


13080604.jpg
↓もっと見る
フリッカー.jpg

2013.07.26

「龍」2 鉋の仕立て

(0)  (0)

1307261.jpg新潟三条、小吉屋の渡辺さんに龍用の手彫り鉋台を八寸五分勾配でお願いして数ヶ月、立派な白樫柾材包刃口が届きました。入念に表馴染みを合わせて刃口を作り摺漆を数回、40数十年ぶりに龍は陽の目をみてようやく完成、数十年は使える道具ですから僕の最後の寸八になると思います。
台鉋は合わせ鋼の鉋身と樫材の台のコンビネーションによって板を削るもので刃が研げることに加えて台の調子が出せるようになるまでには長い修練が必要ですが、次々と新製品に置き換わっては捨てられていく現代の道具と違い、機械に真似の出来ない手仕事の美しい味わいを生み出す数千年かわらぬしくみは僕の永遠の信頼です

1307262.jpg
もっと見る
フリッカー.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

2013.07.23

「龍」1 弟子入り時の鉋刃

(0)  (0)

1307231.jpg

当時は師のお古の使い頃となった鉋を頂いて修行を始めるのが習わしで、僕は寸六、寸八、長台三丁をあてがわれて父の仕事を見習いました。鉋台がよく乾燥して動きが止まっていて初心者に都合がよい上、このことは刃や台の形や面取りなどの雰囲気から家風と流儀を体得することとなりました。その後三城移住を境に今までの制作にはその後大量生産されるようになったハイス鋼の鉋刃を使ってきました。昨年までもう鉋を新調することはないと思っていましたが、お気に入りがちびて使うことにしたこの刃は、会社を辞めて弟子についた当時父が別格として、いまに仕込むだろうかと僕にあてがった鉋刃、花ともとれる「龍」です。(だと思ってきましたがご存じの方がいらしたらお教え下さい メール  j-maeda@fb3.so-net.ne.jp )

当時名品とされた鉋刃千代鶴が切れないといって父が手に入れたこの刃の醸し出す気品と格調高い銘と材に吸い付くような切れ味は僕の仕事の目標になっていたのですが(千代鶴は削る刃ではなく神棚に供えるものといわれていましたし、贋作もあったと思われます)、切れ味だけを云々すれば市販の鉋刃で十分、しかし鍛冶を天職として人間が一生を投じたという出来事、どのような気持でこの刃を打ったのだろうかと当時の工人の心に思いを馳せ、頭を下げて今夏から使わせていただくことにします。いま手がけているチーク材のミュージックキャビネットと、どちらも鉋がけの難素材、杉水屋白太から先の制作はこの刃で仕上げようと思っています

13072711.jpg世界的に優れているといわれる日本の刃物の最大の特徴は、釜地とよばれる軟鋼の土台と鋼素材を工人がそれぞれ独特に工夫を重ねて鍛造時に硼砂で接着している点で、このことを「合わせハガネ」と呼び、研ぎに労力と時間を費やさない難しい「裏スキ」は刃物が砥石に吸い付いてサッと軽く研ぐことができ、貴重な砥石を無駄に減らすことのない独特の知恵です。
また八寸とは仕込み勾配(鉋台に仕込まれた刃の切刃の角度)が八分 / 37〜38度のことをいいますが刃の巾は6.5cmから6.8cmぐらい、加えて(ややこしいですが)合わせ鉋とは逆目をとめるために考え出された二枚刃の鉋のことをいい、主刃と裏刃を一対に仕込んだ鉋で一説には飛鳥時代から伝わる伝統手工具とされていますが、合わせるとはまるで互いの欠点と長所を補い合う夫婦家族のようだと実に日本的表現ですね
 
もっとみる
フリッカー.jpg



2010.12.17

指物師の道具箱_小鉋_際鉋立刃五分(定木付)

(0)  (0)




k1501.jpg
HSS(ハイス鋼)の刃、仕込み角53度、刃巾五分(15mm)、左右一対、細かい細工用の長さ75ミリの際鉋です。


ごく小さな木欠きや段欠き細工時には、位置を調節出来る定木をとりつけて巾を決めます
定木の調節用の3ミリのネジ穴は、下穴を2.4ミリであけ、木にタップを立てます。
その後アロンアルファでねじ山を補強し、ビスにろうまたは石鹸を塗るとスムースに締まります

k1502.jpg


k1504.jpg

k1503.jpg

k1505.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


v1002.jpg「ヴィーナスライン秋色」10月2日


1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7   


PAGE TOP