home > blog > 前田純一 blog > 指物師の道具箱2_鑿・小刀・刃物

指物師の道具箱2_鑿・小刀・刃物

2010.12.17

指物師の道具箱_底取り

(0)  (0)

soko02.jpg
切れなくなった鑢から作る1cm以下の小穴やほぞ穴の底を平らに仕上げる刃物です
赤めて直角に曲げ、グラインダーと砥石で整形後、油で焼き入れして本研ぎします



sokon.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

muhyo.jpg
「三城霧氷」
2010年11月16日


2009.08.29

指物師の道具箱_手製刃物_三角鑢から作る鎬(しのぎ)鑿

(0)  (0)

09082904.jpg
 

普通の鑿では加工出来ない、すいつき桟の溝底などの鋭角部の加工に使う鑿でコバが斜めに立ち上がっています
これは市販の寸法では間に合わない溝巾3ミリほどの自作の細い鎬鑿で、一辺が3ミリの三角鑢から作りました。ディスクグラインダーにダイアモンドカッターをセットして水をかけながら荒削りした後、ダイアモンド砥石で研ぎだして焼き鈍し焼き入れ作業を省きます



09082903.jpg
鑢の先端部の細くなった2cmぐらいを落とし、腐りにくい檜やヒバで柄をすげ、研ぐときに口元から水が入って埋め込んだ鑢が錆びないよう漆などで口埋めします



09082906.jpg


すい付桟の立ち上がり角度は70度強、鑢角度は60度
コバの鑢目は研がずに残して底と立ち上がりを一緒に仕上げます


09082905.jpg使用例

「真鍮製・パッチリ」

扉を閉めたときにぱちっと閉まるのでこう呼ばれる自製金物
肩を作らない大入れの真鍮金物を吸いつき溝に滑らせながらはめ込み、エポキシ接着剤などで抜けないように固定します


2009.07.25

指物師の道具箱_叩き鑿_耳上り

(0)  (0)

09072502.jpg
「欅厨子屋根_小屋裏部分の仕上げ・耳上り鑿 角6分」

木彫叩き鑿。平面と入りすみ(谷部)を同時に彫るための鑿で、稜線のかたちが隅角と隅丸に仕上がる刃になっています。
隅丸のRには大小があり、耳と呼ぶ立ち上がりの角度に45度のものと90度のものがあります。作り手の好みに合わせて特注する鑿で、刃の形がそのまま彫り跡のデザインになります





09072505.jpg
写真左は隅角刃、中は隅丸(すくい)


09072503.jpg
左から
隅丸、隅大丸、隅丸すくい、隅角


09072501.jpg

底の深さをボール盤などで基準面としたあと、荒彫りからこの鑿だけで仕上げます
底部にはすくい刃を使います


09072504.jpg
「刃表部」

刃裏が鋼、刃表が地金で裏スキのない刃物は仕上げ研ぎだけをしますが、キング"仕上げ砥石 #6000を刃巾の三分の二程度に切り、片側角部をGCなどの荒砥石で鑿の角の形に合わせます
また刃裏が錆びると修復は難しいのでめ特に手入れを入念にします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・



09072506.jpg
「道具箱の宝物」
父保三が日本美術学校(現芸大)の恩師・星雲先生から譲り受けた耳上り

道具は不思議な力を秘めているようです
美しいこの鑿を使うと仕事への気合いが違い、
一歩でも父の仕事に近づけるような気持ちになります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・





【注】木工の仕事に役立てる以外の無断転載をご遠慮下さい

商業用などに使用される場合はご連絡下さい

前田木芸工房 前田木藝工房 松本市美ヶ原三城 江戸指物師 前田純一 厨子仏壇制作販売 まえだもくげいこうぼう





2008.12.05

指物師の道具箱_左久作さんの小刀

(0)  (0)

081223左久作03.jpg
「刃厚一分八厘 刃角度を45°に打って頂いた小刀」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔の刃物はあたりはずれがあり、有名な千代鶴の鉋刃のようなものになると贋物が出回り、切れない千代鶴が昔は細工場に錆びてころがっていた。


若い頃関西で使われる「鰻さき」という小刀をみてわくわくし、鎌倉の刀鍛冶、正宗さんの打った小刀を作り直して長く愛用しているが、現在は希望する弟子には東京月島の久作さんに打ってもらっている。刃物にもセンスがあり、江戸物のてらいのなさは武士文化で質実剛健。黒皮残し、いぶし銀の手触り、微妙な四角っぽさ、余分のない面、さりげない刻印は飾り気がなく神経が繊細で細やか、中身に手間をかける正直な仕事は粋で、同じ三代目江戸っ子の感覚です

現在の刃金(鋼)は成分が規格化されていてどれでも同じように切れるのですが、久作出来の刃は秘密の添加があるのか、打ち方の案配か、美しいからなのか手放せない。不思議なもので、できのいい刃物はいい仕事に繋がるものです。
早川さんが注文した小刀は聴いてみると(指先に乗せ、金物でたたいて聞こえる余韻のこと)スが入っていて、恐る恐る打ち直しを頼んでいた。腕におぼえのある職人はだれでもそんなはずはないとおっしゃってしばらくやりとりがあり、しかし自信を持っている人ほど謙虚で、届いた刃物はこれから早川がおばあさんになっても彼女の宝物となる。


081223左久作02.jpg
「合わせ」は地金と鋼を重ね合わせる意味で裏スキとともに日本の刃物の特徴となっています。この伝統により研ぎの手間が大幅に省かれるのですが、そのために手間暇を考えず打った刃物は美しく、手にすると思わず仕事をしたくなるものです。
木工家に限らず、愛用のナイフや包丁を研ぐのは楽しいものです。使い捨てと比べても一生使う道具は安いもので、人を幸せにするほんものとはこういうモノをいうのでしょう


081223左久作01.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・



前田先生には良い方法をご教授賜りまして有り難うございます

この様な検査方法があったのかと大変嬉しく思っています


色々実験をして音の変化と傷の有る無し、内部の鍛接不良

鋼の隠れた亀裂、和鉄の場合の変化、鋼の種類によっての変化

鑿、小刀、鉋の種別による変化

様々な角度から検品して音の大切さを痛感しました


今回お送りしました物は良い音が出ていますので

間違いないと判断しまして送りました

末筆ながら先生にお礼申し上げます


三代目 左久作 拝



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕は引き出しにしまうので鞘を作りませんが、以下柄のすげ方です



kannseigo01.jpg


小刀各種

左から
小刀右、繰り小刀、45°の小刀、小刀左、両刃厚、両刃薄




kannsei.jpg



完成した小刀(2000年・檜材摺漆仕上げの柄)




工程01.jpg



柄にする木を二つに割って刃物の形に合わせて彫込み、厚みを削り合わせます



工程02.jpg



研ぐときに柄の内部に水が入らないように錆(漆)を仕込む部分を作ります



工程03.jpg



2枚に割った木を接着して錆埋めの準備をします
(45°に彫り込んだ部分に錆を仕込みます)



工程07.jpg



錆は 生漆(きうるし)と砥の粉を練り合わせて作ります。
漆にかぶれる方はエポキシ接着剤でも結構です


工程06.jpg


錆をヘラでうめて、乾燥する季節は室(ムロ・漆を乾燥させるための箱_湿度60% 温度20に調整)の中で乾かします。黒く見えるのは手を切らないように巻いたテープです



工程04.jpg


ムロから出した小刀
長時間ムロに入れておくと狂いますので、半日から一日で漆を乾かします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


R0014037.jpg


R0014044.jpg

R0014039.jpg


R0014049.jpg


R0014051.jpg
これらの刃物は最後まで僕が使い切れるものでもなく、若者に引き継いでもうらうのが楽しみです。現代の使い捨ての道具にない愉しみかもしれません

1


PAGE TOP