home > blog > 前田純一 blog > 写真の愉しみ

写真の愉しみ

2008.11.27

弟子の作品_楢と鍛造アルミの箸箱_深見昌記作

(1)  (0)

弟子の作品_箸箱_深見昌記君 - 1.jpg
「楢と鍛造アルミの箸箱」深見昌記作 2008年


mail.gif

鍛造アルミの弾力を蓋の開閉ストッパーにした合理的なデザインで感心しました。錆びないアルミ合金の清潔感は食器類に向きますし、鍛造で材料に張りを出すことでバネ性を高め、薄い材料が軽金属を使う意味に繋がって、素材を生かした鎚目テクスチャーの味わいが手作りならでは魅力的な作品となっています。

木部について、無垢素材を掘る技法では木口が割れるので板厚が大きくなってしまいます。これは板厚が軽やかで指物ならではの仕事と嬉しいです。ほぞを組むのは木口台の修練が不可欠で苦労したと思います。しかし手間のかかったものはやはり味わいがありますね。

一点提案がありますが、置いたときにクリップがテーブルを傷つけそうです。底板を彫り込むなど底面がフラットになる工夫をすると解決しそうですが、思い切って逆転の発想はどうでしょうか? 蓋が上という伝統に挑戦し、身と蓋を入れ替えてしまうことが出来たら画期的ですね。
 それにしても工房での経験がよく生きた考え方でうれしくなりました。白川先生はとても気に入っているとほめて下さっています。ますます頑張っていい作品を作ってください

弟子の作品_箸箱_深見昌記君 - 3.jpg


弟子の作品_箸箱_深見昌記君 - 2.jpg


弟子の作品_箸箱_深見昌記君 - 4.jpg
写真を撮りましたので後日お渡します。小品の小ささを表現するには大きさの指針となるもの(ぼくはタバコ・・)を置くといいと思います。カメラは望遠で撮りますが、望遠レンズがなくても、画像変形で遠近補正・自由変形ができます。また四角い作品が樽形に撮れるのはいやなものですね。直す場合は11月7日の樽形補正を参考にして下さい。
 このような撮影では無彩色のアルミ部にどうしても色がついてしまいます。ホワイトバランス調整では難しいので蓋部を選択して彩度を落とすか、スポンジツールを使って下さい。逆光気味に撮影し、金属の一部に反射を入れると質感が出ます。


kao_hukami.jpg

▶▶▶深見木藝工房

2007年独立。名古屋で工房を構えています

誠実・温厚・やさしさにあふれる好青年です




2008.11.27

装い_いのり_秋の庭で_dogs

(0)  (0)

庭_秋_web09.jpg
「娘の秋」dogs_uniko_2006年秋



庭_秋_web15.jpg
「黄色い材料小屋の思いで」2000年秋

今年は玄関を出た右手に好きな山草を増やした。鎌倉から引っ越したみやこわすれは、ようやくこの土地に馴染んでくれて、僕は生き残ったわずかを株分けし、厳しい冬に備えてふかふかと発酵した暖かな腐葉土を掛け布団のようにそっとかけてやった。
草花たちはもうすぐたっぷりときれいな空気を含んだ雪に覆われて閑かに春を待つが、来春は品のよい山の花をさりげなく頂上に装う。それから美しく年老くころになると生きる喜びに満ちた新しい株がすでに隣に産声を上げている。この材料小屋のように、秋には彼女たちはなにほどの迷惑もかけずにさまざまの葉とともに土へと還っていくのだ。


庭_秋_web03.jpg
「みずひき赤」2008年秋


庭_秋_web07.jpg
「やまあじさい」2007年秋


庭_秋_web13.jpg
「三本脚のスツールと焼杉のテーブル」2007年秋



庭_秋_web08.jpg
「団栗地球を救うか」楢の葉2008年秋

今年も庭から見る山々は秋色に装い、僕達の目を楽しませてくれている
季節の一大ドラマは一体誰のプロデュースによるものなのだろうか・・

(大きな声で言えない・・)

観る人の心にぞありき・・いずれにしても人の仕事ではなくて自然ドラマの観覧は無料。人は幻想の価格の創造(最近は捏造ともいうらしい)大好き、美というものを認識できないから価格設定も、手に入れることも出来ずにゴミと墓の狭間で生きて嘆いてみたり、差別と区別の区別がわからず毛皮を着て動物愛護を唱えたり、 文明の進歩を人間の進歩だと錯覚してロケットのように水と空気を汚染していく・爆

 こうなったら10円づつ山の神に集めて自然にお返しをすると少々は環境にいいかもしれないが、ボランティアは幻想だから感動税を新設して国民すべてが山の神に奉納するというのはどう? 実現したら僕は感動指数審査委員を買って出て、神のくれるお返しを夢見てボランティアする・汗



庭_秋_web01.jpg
「さわふたぎ」2008年秋



庭_秋_web02.jpg
「錦木・にしきぎ」2006年秋



庭_秋_web04.jpg
「夏の名残り」われもこうとパラソル・2008年晩夏



 

庭_秋_web11.jpg
「dods・2006」


庭_秋_web12.jpg
「ツリーハウスの思いで・幻想の冬眠鼠」
フューチャー2008年秋


庭_秋_web10.jpg
「秋・水清し」つめたい池で・ステラ2007年秋

カメラをぶら下げて秋の庭で犬を遊ばせながら、感動というものがおまえ達にはないのか??と蔑んで笑ったりする。しかし彼らは作ることも捨てることも蓄えもせず、したとしても比べることを知らず、したがって迷うこともなければ無意味な競争をせずに無邪気に遊んでいるだけ、僕達のように地球を汚染したりしないから尊敬に値する。そうこうしながら露出とシャッタースピードとフォーカスを調節したり、美を知る能力とか、自然は何のために装うのかなどといったことがふと頭をよぎるのだが、美しい生き物にすっかり僕の心は満たされていてすぐにそんなことはどうでもよくなる。そういった心の働きを美しいとしかいいようがないのだとなんとなく安堵し、人間のする創造、感謝とともに感動を子供達がさまざまなかたちに置き換えてくれることを祈るのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「花の色は 移りにけりな いたずらに 我が身世にふる ながめせしまに」


百人一首

2008.11.07

桑厨子内部制作・画像の樽型補正_PhotoFixLens

(0)  (0)

2008:03:28 - 063.jpg

「 I 邸 像_いのり(白檀材)・島桑材須弥壇 繰位牌 」2008年


繰位牌の書を書かせて頂くことになり、数ヶ月お習字

像高12cm、壇高さ6cm、指物らしい制作を楽しくさせていただいた


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photoshopでの補正

広角寄りレンズの樽型歪みは、Photoshop用プラグイン「PhotoFixLens」で補正しています。 購入先 株式会社ピーアンドエー・インターナショナル

 PandA Shop ▶https://www.pandashop.jp/

JPEG上での変形は画像が荒れるということですので、TIFFに別名保存してから補正処理をしています(処理後JPEGに戻しています)

処理枚数の多い場合、PhotoshopでTIFFに別名保存のアクションを作り、バッチ処理(自動別名保存)しています



島桑材須弥壇1.jpg




補正前のデータ

カメラRICHO GX100 S 1/15・F 4.0・ 露出補正 -1.0


島桑材須弥壇2フィルター加工.jpg




PhotoFixLensで処理中の画面

水平+18 、垂直+14、サイズ+10に調整


島桑材須弥壇3.jpg




補正後のデータ

樽型補正後、背景を選択して明度、彩度、コントラストを調整、

選択を反転後、シャドウハイライトで暗部を持ち上げ、コントラスト+で、木理の輪郭をシャープにしました


2008.11.07

桑厨子内部制作・画像の樽型補正_PhotoFixLens

(0)  (0)

2008:03:28 - 063.jpg

「 I 邸 像_いのり(白檀材)・島桑材須弥壇 繰位牌 」2008年


繰位牌の書を書かせて頂くことになり、数ヶ月お習字

像高12cm、壇高さ6cm、指物らしい制作を楽しくさせていただいた


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photoshopでの補正

広角寄りレンズの樽型歪みは、Photoshop用プラグイン「PhotoFixLens」で補正しています。 購入先 株式会社ピーアンドエー・インターナショナル

 PandA Shop ▶https://www.pandashop.jp/

JPEG上での変形は画像が荒れるということですので、TIFFに別名保存してから補正処理をしています(処理後JPEGに戻しています)

処理枚数の多い場合、PhotoshopでTIFFに別名保存のアクションを作り、バッチ処理(自動別名保存)しています



島桑材須弥壇1.jpg




補正前のデータ

カメラRICHO GX100 S 1/15・F 4.0・ 露出補正 -1.0


島桑材須弥壇2フィルター加工.jpg




PhotoFixLensで処理中の画面

水平+18 、垂直+14、サイズ+10に調整


島桑材須弥壇3.jpg




補正後のデータ

樽型補正後、背景を選択して明度、彩度、コントラストを調整、

選択を反転後、シャドウハイライトで暗部を持ち上げ、コントラスト+で、木理の輪郭をシャープにしました


2008.10.28

蘇る桑の樹_オリンパス ZUIKO DEGITAL 8mm

(0)  (0)

sk_桑の樹01.jpg


「スケッチ_厨子 仏壇 像」2008夏

雑草退治や、雨で荒れてしまう道の側溝工事、邪魔になっている大きな石を埋めるなどなど、腰を痛めたこともあって、今年の夏はバックホーで庭仕事をしていた。(機械仕事は体を使わない)

日陰になって育ちの悪くなったツツジを移したり、大きくなったあやめの株分けをしたり、混み合いすぎた藪を退治して悦に入り、今年の庭はよくなった、、と話すと、毎年言っているわねェと、毎年カミさんがあきれて笑っている。

さまざまの夏を楽しんだ芝生を通って坂を降りていくと目通り50cmほどの桑の樹があって、房になった小さな黒い実をつける季節には、周辺は甘い香りに包まれて犬達が地面に落ちた実を夢中で食べていて、いつだったかはっと閃いてスケッチをする。

樹を倒すのは満月がいいと言われている。今年の冬の始まり、この樹が葉を落としたら根本に酒をまいて祈り、研ぎ澄ましたチェーンソーで倒そう。
今夏はようやく決心し、深夜桑の樹をいのりのかたちに蘇らせている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歪ませるなんてとんでもない、、と思っていましたが魚眼は面白いです・・
もうすぐ消えてしまう・・とこうして生きていくのも結構哀しいもんですが、思わず笑えて勇気が出てくるのも写真の効用のひとつといえましょうか
目の真実を写すのが等倍レンズならば、Fish Eyeは こころの閃きと夢を撮るレンズなのかもしれません


桑の樹04.jpg
「蘇る桑の樹」
ISO100  1/400 F5  露出補正_マイナス1
E3を地面に置き、ライブビュー回転液晶を使って空を見上げて収めた桑の樹




 
庭_秋_焚き火_雲魚眼 - 0001.jpg

「空のキャンバス・1021の雲とフューチャー」

露出補正マイナス0.7、シャドウ ハイライトで暗部補正後、フィルター照明効果でフューチャーを明るくした


«  前へ   1  |  2  |  3  |  4  |  5   


PAGE TOP