home > blog > 前田純一 blog > 展覧会

展覧会

2010.08.28

瀬戸内国際芸術祭2010_男木島にて

(2)  (0)

oginnn.jpg

パンフ_概要_ 00.jpg







男木島にて1_01.jpg
「6月23日 現地検証・男木島豊玉姫神社にて」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペン.gif
今年二月鎌倉の絵本作家、長野ヒデ子さんから瀬戸内国際芸術祭への手伝いの打診をいただいていた。FRPに替わり、島に捨てられた木造船の舟板を使う椅子の制作である。
「海の復権」とタイトルしたこの祭りの趣旨は、瀬戸内海の7つの島を舞台として17の国からの参加アーティスト・プロジェクト数75を数える大がかりな現代社会へのレジスタンスである。
高松の建築家、渡辺昭さんが代表して審査をくぐりぬけた「島こころ椅子」と名付けたプロジェクトのメンバーは伊藤洋さんを除いて全員元気な六十、七十才代、男木島の急峻なほそい坂道を登り詰めたところにある安産の神様、豊玉姫神社がステージとなっている。テーマは地球、失われていく家族・ともだち・地域、そして椅子で、皆手弁当労働奉仕だがスイッチを入れれば世界中誰でもが同じものが作れる現代、ほかに作れる人が見あたらないと請われるのは生きている張り合いである。壊れていく環境、仕事、地域家族は僕の人生テーマと一致しているので興味深くお手伝いをさせて頂くことになった

元来アートとは、大勢が会議を重ねて作るものではないと僕は思っていて、上下関係のないプロジェクトは分業で人間関係は難しく煩わしい。しかし過疎の三城に通じる瀬戸内の離島へ脚を運ぶうち、プロジェクトメンバーの考えのくい違いは結局あたたかないたわりに戻りそれぞれに人生の楽しさと奥深さを考えるよい機会をいただくことになった。島を巡り70才、80才でまだまだ元気で働いていらっしゃる男木島のお年寄りや、テントやあばらや暮らしを楽しみながらそれぞれの思いを世界へ発信したいとエネルギーを注いでいる都会のお嬢さんや、キャンピングカー暮らしをして作品作りをしている湘南の若者の姿に接して感動している。
離島、経済発展に取り残された過疎地とかたづけるのは簡単である。しかし僕達の作るものが勝っているという確信はなく、島に刻み込まれた過去には現代には生まれない美しいものものが点在している。

近代が解決した貧困や不便と引き替えに失ってしまった大切なものやこころ。 発展とは?  ボランティアとは? 意義のある歴史とは?
学生、職人、学者、退職者などで構成された小エビ隊に支えられて準備が進むにつれ、お祭り騒ぎは影をひそめて核心に近づき、自然と人間と環境への問いかけを伴って普段の作品作りとは違った貴重な体験となっている





OL053080.jpg
OL053109.jpg

OL053093.jpg
OL053063.jpg
舟板と流木のとおさん かあさんいす(車の着いた錆鉄のフレーム)




パンフ_概要_ 01.jpg

男木島「島こころ椅子」プロジェクト制作関係者

伊藤洋        (家具作家)
鎌田豊成  (造形アーティスト)
内藤三重子 (造形アーティスト・エッセイスト)
長野ヒデ子 (絵本作家)
前田純一  (工芸家)
渡辺 昭    (建築家)
(50音順)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(地元制作関係者)
来春卒業する最後の男木中学校生徒3人
男木島に住まう方々
子えび隊(地元ボランティア)
友人達

男木n01.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


男木島印象100705.jpg
「痕跡・男木島に暮らした人びと」

男木_11.jpg
男木n021.jpg男木_02.jpg
男木_04.jpg
                                                                                                     
男木_08.jpg
男木_12.jpg
男木_06.jpg
男木_13.jpg
男木n03.jpg男木_10.jpg
男木n02.jpg
男木n06.jpg
男木n04.jpg
男木n05.jpg・・・・・・・・・・・・・・・・・・



男木nn04.jpg
男木nn03.jpg
男木nn02.jpg
男木nn01.jpg
男木nn05.jpg
ogin02.jpg
男木nnn02.jpg

男木nnn04.jpg
男木nnn01.jpg
ogin06.jpg

ogin04.jpg 
ogin01.jpg
ogin05.jpg

男木nnn03.jpg


2010.01.21

「NIPPON MONOICI ・ふれる、つたわる、つくり手のこころ」新宿OZONで

(0)  (0)

記事_箸_りるぶ1002_02.jpg

片岡鶴太郎さんの表紙絵「小田原の金目鯛」でリニュアルされた自民党発行の月刊誌 「りぶる」 は政治色を感じない女性誌。環境破壊とウオームビズ、中沢けいさんの連載小説、ART、 レシピ、世界遺産、産休、子育てなどが幅広く取り上げられていてNo.335二月号の特集は、キラリ再発見 美しい日本の特産品や伝統文化の紹介です
農林水産物や伝統文化、独自の技術や観光資源など地域活性化につながる資源が日本にも数多くありますが、ここに集まるのは伝統をベースにしながら、とらわれない発想で生まれたニューテイストのモダンデザイン、国の審査認定を受けた現代と未来を生きてゆく美しいものたちです
北海道から沖縄までの「和のある暮らしのかたち」、長野県からはアトリエ・エムフォオが信州カラマツの一年箸と箸置きを出展いたします




記事_箸_りるぶ1002_01.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回出品する一年箸の誕生には「絆」の意味が込められていました
 「やはり家庭を基礎にしないとうまくいかない」 「家庭は小さな議会である・渋沢栄一」 と時代の難局を乗り越えるべく谷垣禎一さんと堂門冬二さんが「人の絆」をテーマに対談されていて、僕たち大家族は心強くなりました。多勢で暮らす悩みと幸せ、僕達が育む森が織りなす美しい風景、安心なものと安全なくらし。今回は早川久美子が会場で作り手のこころをお伝えします。工房から生まれる箸をよろしくおねがいします

白澤さんと.jpg











・・・・・・・・・・・・・・・・・・






100123早川.jpg
「漆塗り工程・早川久美子」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


monoitin.jpg

(誌上から転載させていただきました)
3月に東京・西新宿で開催される「NIPPONMONOICH_第5回和のある暮らしの力タチ展」
国が進める地域資源活用事業、新連携事業、農商工連携事業の3事業から生まれた製品が集まり、生産者と消費者のコミュニケーションの場となる展示会です
  「中小企業地域資源活用促進法の施行をきっかけに、それまで伝統工芸品だけだった展示から、日本のものづくりをテーマとした展示へと広げました。それに伴 い、名称も 『NIPPON MONOICH』 となったのです」と話すのは、展示会を主催する中小企業基盤整備機構の柿崎実さん。食器、照明、家具、服飾など幅広い分野で、デザイン や使い勝手、斬新さ、二ーズの他、毎日の暮らしに取り入れやすいかなどを基準に、今回は64の企業が出展します。
地域の企業にとっては、販路の開拓などの場であり、消費者の声を直接聞く場にもなります
展示会で出会った企業同士がつながり、商品を共同開発した事例もあります。バイヤーには、東京で各地の逸品がそろう貴重な機会です。消費者にとっても日本のものづくりの奥深さに触れ、さらにそれを暮らしに取り入れる発見の場となります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「NIPPONMONOICH_第5回和のある暮らしの力タチ展」
2010年3月5日(金)〜3月7日(日)
(5日 12:00~19:00 /6日 10:30~19:00/7日 10:30~18:00)
リビングデザインセンターOZONE 3階 パークタワーホール
東京新宿区西新宿3-7-1  tel_03-5322-6599







100123五膳箸箱.jpg








2009.11.13

「木彩会秋展」_信州南木曽 工芸街道秋祭り_3

(0)  (0)

木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 37.jpg
「田立の茶」

脚がしびれたえみさんとめぐさん(T△T)
木曽は茶の北限を由縁に地元田立の茶を挽いて楽しみました


石臼はネットでてにいれたそう、目が粗いのか舌触りが今一歩でしたが
楽しいが一番、モーターの音に慣れた耳には心地よい感触とかおりでした


木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 43.jpg
木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 42.jpg木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 41.jpg
展示場内の茶室でお母様のご苦労ばなしを伺いました
子供のお運び、消えてしまいそうな日本の礼儀作法は現代社会の清涼剤の気がします
このまつりは洗練が失う野のかほりのあこがれ、
田舎の野暮から気品の野趣へが僕の祈りとなっています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・




木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 45.jpg
電気のなかった時代に生まれたむずかしい茶室のあかり
数年後には透き通るのが楽しみな老松ろくろのシェードでした


「木彩会秋展」
会期11月7日(土)〜23日(月)
木地屋やまと・0264-58-2144
>>>http://yama.to/access.html



2009.11.12

「木彩会秋展」_信州南木曽 工芸街道秋祭り_2

(0)  (0)

木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 19.jpg
「木地屋やまと アートギャラリースペース」
木彩会のメンバー9人が参加。数年前に改造された36坪の明るい展示場です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 04.jpg
佐々木さんのお弟子さんがお手伝いにみえていました
会場つくりもとても勉強になると思います


木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 76.jpg有野秀紀さんの木のくるまのついた楽しい作品

木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 21 のコピー.jpg
木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 75.jpg

大淵浩吉さんの指物のコ−ナー



木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 25.jpg
「ランプのついた娘のためのデスク」

091114bench_白川邸 1.jpg「楢材と栓材のベンチ」

秋展の趣旨は展覧会でも販売会でもなく 「まつり」
種まき 成長 収穫 計画をくり返す日本の感謝祭。僕は過去に制作した作品をアウトレット価格で出品しています
 娘が中学の時に松本で生まれ、彼女の成長とともに京都、新潟、厚木、横浜と場所を移して今年まで使っていた小さなデスクは来春高校へ入学する朱織さんが使ってくださることになり、20年の長旅をして生まれた松本へ帰ってくることになりました。娘が無事育ってくれたのはこのデスクのおかげもあったかとオールドオークに感謝感謝

 2007年に松本で発表した 扇をイメージした背の形のベンチ は松本五人組の岡谷S邸へお嫁入りさせていただくことになりました。展覧中に少々傷がついていたのですが 「英国では新しいジャケットやカバンは下僕に使わせてくたびれたところを着るといいます・展示品で少しばかり手垢がついていればなお結構」 とおっしゃる本物を見分ける彼らしいものの見方は、かどがとれていい使い味になったと例える骨董に通じていて、以前から使って頂いている作品たちと一緒にこれからは佳い時を刻んでいってくれることと作り手としてなおさらうれしいことでした。
 人生は有限ですが作り手と時代を越えながらものがバトンされて伝統や歴史になっていく。僕は少々本物に近づけたかとなによりも有り難く感謝しています




・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ギャラリー前で」


091115.jpg木村洋章さん一家

弟子だった当時生まれた晨一君は1年生になり、新蕎麦の足踏式脱穀作業に興味津々
木村さんはその後松本から高山へ移り住み創作を続けています

>>>木村洋章ホームページ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 63.jpg
小椋栄一さんとお孫さん
昔は女房が廻したそうです

これじゃ仕事にならないとなぜか忙しくなるばかりの大人は苦笑い。日本では奈良時代頃からの歴史で明治まで使われていた手回し轆轤を楽しそうに廻していました
 現代はCDやDVDのコピーと同じ製作法、つまり手作りされたひながたをコンピューター仕掛けの機械で大量にコピーする効率優先でものが作られ、地球や樹にとってははなはだ迷惑なことでしょうが人力や水の力を動力とした丁寧な創作からは微妙な味わいの逸品が生まれたのでしょう。子供は僕達が忘れてしまった時間と戯れる遊びの天才なのです


・・・・・・・・・・・・・・・・・・





木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 54 1.jpg

2009.11.11

「木彩会秋展」_信州南木曽 工芸街道秋祭り_1

(0)  (0)

木彩会秋展091107会場7.jpg
「初日印象 」
 091107朝 木地屋やまとにて

滋賀に発した小椋家は、木地師として轆轤素材の樹を求めて山を移り住み、時代の変遷とともに昭和53年に妻籠から10分ほどのR256街道筋に木地屋やまととして開業しました。現在は栄一さん、正幸さん(木曽での五代目)が家族、地域とともに営んで歩んでいらっしゃいます



木彩会秋展091107会場1.jpg
小椋家は尾張藩による樹の統制がゆるんだ明治6年に伊那から木曽に移り住み、文衛門、栄太郎、友一と歴史を刻みますが、頑固な友一さんは伊勢湾台風を機にした町の集団移住に加わることなく桂川のほとりで仕事を続けていたそうです

文明と経済成長ともに世の中にあふれた機械が作る木工品のコピーは儲かって人間不在、日本の伝統と脈絡のない海外製迷産品?は残らんでしょう、、、水車を動力とした轆轤を使った今も残る仕事場を見ると僕はいつも友一さんの問いかけ、文明進歩=文化の頽廃 そして僕らがつくる永遠の樹のいのちをゆかしくおもいます
今回銀座から初めて会場を移した木地屋やまとアートギャラリースペースには 「作品は人間のつくるもの」という小椋正幸さんの無言のメッセージが込められているのです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「正幸さんと地元そば仲間のつくる年季手打ちそば・一杯百円大盛況」

木彩会秋展091107会場6.jpg
「なにごとにも真剣・そしてあかるい小椋正幸さん」
大真面目は美徳・いただいた振る舞い新蕎麦に文句なし

木彩会秋展091107会場8.jpg
あたたかな霜月・お天道様万歳!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 07.jpg
「東京組と南木曽一晩を楽しむ」

木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 06.jpg
「展示準備を終えて・・」
妻籠夕景散策後滝見温泉で囲炉裏料理一泊、東京組大感激

滝見温泉はR256を漆畑で分かれる大平街道を少し入ったところ
川魚が泳ぐ池にまたがり宿があります。やわらかに暖かな囲炉裏ではかっての宿賃・笑・長火箸を大切に使っていてくれて感激

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


木彩会_秋展_091107~木曽ヤマト小椋正幸 - 12.jpg
「盛況の祈り・初日朝」

ここまでにどれほどのご苦労があったのでしょうか?小椋さん父息子と地域の方々、古い仕事仲間、新米見習いみな家族。田舎のちゃん呼びが都会人に新鮮です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


0911121.jpg


«  前へ   1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7   


PAGE TOP