home > blog > 前田純一 blog > 展覧会

展覧会

2009.02.12

扇のパーソナルチェアー_「時代をつなぐなかまたち展」2009年2月19日から・銀座和光並木ホール出品作品から_

(0)  (0)

090212_02.jpg

座るのに椅子が必要になったのは戦後生活が洋風化したからである
椅子には家族が勉強したり食事をしたり仕事をするためのものと、個人のものとがあり、自分用の片アームのパーソナルチェアーを1986年に作って気に入っている

23年の間、僕はこの椅子に座って日の出と夕日に感動し、燃える樹の故郷を思いながらご飯を炊き、樹が灰になる過程を楽しみ、悩み考え、たまに喜んだり夢を見たりしてきた
8寸(24cm)の存外の座面低さはそのころ小さかった子供達と僕との視点を合わせるためであったが、床に座る方を見下ろさない
一見固い木の椅子にこだわるのは、化石資源から出来たふかふかのクッションよりも、夏であれば、いと涼しげな麻を被せた日本の座布団などをのせて楽しみたいからである



090212_01.jpg
何十年も使える堅牢な椅子、親が座ったものをその子供がまた座る事が可能な椅子、流行でもなく、多少荒っぽく使って傷がつこうが、個性的でびくともしない美しい椅子などを作っていては儲からないので世の中にはへんな椅子が溢れているのだ
しかし樹を粗末にして作った規格の椅子に自分を合わせたり、使い捨てを買い換える事を楽しみにしてしまうと、自分の人生までが型にはまった使い捨てになりかねない

この椅子には火の番にはじまり、生きていくためのさまざまな仕事が与えらているのだが、僕はぼちぼち息子に譲ってもうすこし座を高く大きくした新作に座ろうかと思っている





2009.02.03

T チェアー(桐と桑の手前椅子)_「時代をつなぐなかまたち展」2009年2月19日から・銀座和光並木ホール出品作品から_

(0)  (0)

090205sk_t.jpg


西洋を取り入れて戦後普及した日本の椅子は、畳や木の床での暮らしの習慣、体格の違い、靴を履いて使う外部空間と裸足で歩く清潔好きな家庭空間の違いなどの問題が未解決で、さまざまな試みがされていますが、きものを着て座る日本人を思い描きデザインしたこの椅子は、茶道のお点前を参考に手前椅子と名付けました。
1995年の銀座和光での個展に初出品以来、西洋では使われることの少ない針葉樹のかろやかさを生かして、杉、落葉松(カラ松)、松などと手縫いの革を組み合わせてその後さまざまなデザインが派生し、日本の研ぎ澄まされた手鉋仕上げの味わいと、うずくり仕上げによる生命感溢れた素材の触感を特徴としています

鍛造の錆鉄のフレームは茶道で使われる茶釜の仕上げに習い、背端部に溶かした真鍮を被せた鉄輪をデザインポイントとして、ウレタンなど、健康被害を起こしている化学塗料を使わずに仕上げた樹と共に、地球にリサイクルする日本古来の考えは工房作品全体の共通の思想です

 また懐石に昇華された雑煮、白米、漬け物、焼魚など日本の食事を、向付けや小皿などに代表される日本の食器が口に近づく形態と、大きな洋皿に口を近づけて頂く形態の違いからくる差尺(椅子座面高さとテーブル高さの寸法差)を考慮しながら、茶室で小さな宇宙を作りだしてきた日本に見合ったサイズにし、最近問題視されている椅子使用による腰痛の増加などをふまえ、僕達が大切にしてきた背筋をのばした健康的で美しい所作を大切にしています

差尺_090205.jpg

「差尺の検討_和食器・洋食器による所作」


特に重要な座板面は座骨中心点位置とベジェ曲線にならった大腿裏側に接する部分を計算してカラダに沿った美しい曲面を手鉋で削りだすことによって、木の椅子のすべりやすい固い感じをなくし、椅子の語源、人が木に寄りそう意味を大事にしています

これからの日本の椅子は、寸法や色やかたちだけではなく、樹木への敬意のこもった制作姿勢や、木材を消費してしまった結果の環境破壊への反省、或いは民族が培ってきた針葉樹の文化、日本の刃物の切れ味が醸し出す味わいを生かし、長い歴史と文化にそぐなう未来の格調を生み出しながら、西洋の合理性と融合して発展して行かなくてはならないと思います


works_ch_手前椅子.jpg
ch_桐と桑の手前椅子.jpg
「落葉松の手前椅子」2004年制作


作品は、工房の日々の暮らしから生まれる道具が出発点ですが、昨秋家族となった嫁の希望を聞き、以前から作りたかった桑と、暖かな桐材を組み合わせた座板で設計し直した、新デザインを出品に向けて制作中です。
美しい日本の椅子の試みは、美しい日本女性とは、に繋がり、二人の娘に既製の人生ではつまらないよ、人生は一回きりのオーダーメイド、オンリーワンの日本女性に成長して欲しいとの僕の祈りと重なり、点前と嫁の頭文字からT チェアーと名付けようと思います








2009.01.31

杉笹杢材の銘々卓_「時代をつなぐなかまたち展」2009年2月19日から・銀座和光並木ホール出品作品から_

(0)  (0)

090131杉笹杢材の銘々机.jpg
「杉笹杢材の銘々卓」(すぎささもくざい、めいめいしょく)

甲板_40cm正方・高さ43cm

(イメージレンダリング)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

華奢(きゃしゃ)は、ちいささ、かろやかさ、小味の利いた、といった感覚で、大仰ではない華やかな感じをいいます
銘々卓とは、床で使われる銘々膳を、椅子使い用に高くしたことからつけた名で、卓の語源は供物を載せる台だそうですが、現代では優れた技術で丁寧につくられた台の意です

甲板の素材、杉材の笹杢というのは、木目を笹に見立てた呼び名で、年輪のこまやかさが老樹の過ごした時を感じさせます。白木の風合い(ふうあい)は、かろやかさ、やわらかさとともに、丁寧に使われた時間が作る古美(ふるび)が特徴で、繊細さの同居した不思議な強靱さの魅力が日本の伝統になっています。かやと馬のしっぽで作られたのうずくり仕上げは「洗い出ししあげ」とも呼ばれ、京都の北山杉を川で砂で磨いたものと同様に、柔らかい夏目をそぎ落とした、杉ならではの手触りと美しさが独特です

おりたたみ構造の脚部は細寸棒材として適している針槐(ハリエンジュ)材、野生桑の若木のように強く、ほぞ組の精緻な加工が可能な良材です
X脚構造は古くから世界中でおりたたみの定番となっていますが、回転部の軸がこわれやすく、15年ほど以前の拙作、キャリーデスクとキャリーチェアーの経験から8mmのボルトにアルミパイプの軸受け構造とし、ながもちを実現しています。また脚の固定金物は鋸のばね性を生かして自製したものです

反り止めを兼ねた杉材と脚へのジョイント部は、すべり桟(あり桟)構造で、樹の湿度変化による伸縮で不具合の出ぬよう古来に工夫されたものですが、僕が加工したあとも永遠に樹が生きていることを優先させる手法は古来日本の伝統です




2009.01.31

展覧会_「時代をつなぐなかまたち」 2009年2月19日から・銀座和光並木ホール

(0)  (0)

9尺四方の憩い.jpg

「 9尺四方の和・なごみ 」

2009年和光展出品作品イメージ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  僕達が伝えたい日本の心、和とはなんだろう


地域・家族・仲間達、きらびやかさとつつましさ・さりげなさ・こまやかさ、軽妙・渋好み、精々しさ、かろやか・強靱、樹木・神々、祖先への敬意・見識、木の扱いと空間転用、質素・錆び・ふるび・風合い、Remigration/土への回帰、存在と永遠、繊細と壮大、愛と慈悲、平等



近代が失ったものごと・伝統への回帰をこめて工芸仲間井尾氏と若者たちへ、、

小生は息子と我が家からのメッセージ「日本のこれからのくらし」を提案します


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 遥かな古(いにしえ)よりその技と意匠を凝らして、工芸家は美しい造形を世に問い、画家は描き、彫刻家は石を刻んできた。美の遺伝子は時を超えて連綿と連なる。井尾建二氏(金工)、前田純一氏(木工)、山脇智夫氏(洋画)、山崎隆氏(彫刻)、大室桃生さん(ガラス工芸)、前田大作氏(木工)、前岡奈央子さん(金工)、木村太郎氏(金工)。

 世代もジャンルも異にする作家たちのグループ展が和光並木ホールで開催される。「世代ごとに感性のキャッチボールができれば、楽しいと思いまして」と今回の展覧会の中心となった井尾氏は語る。

 『デザインとは人間が生活することを考えること』。地金を裁断し、鍛金によって造形、彫金をほどこし繊細な透かし彫りで装飾する伝統的な美術工芸品から、和洋いかなる空間にあっても違和感を覚えない現代的なフォルムの作品まで。井尾氏の融通無碍(ゆうずうむげ)な発想の根幹にあるのが工芸高等学校時代の恩師のこの教えだ。

 今回、展観される金工と木工、あるいはガラス工芸とのコラボレーションは先人たちのデザインを現代につなぐものでもある。厘の飾り金具、パート・ド・ヴェールと銀のワイングラス、陶磁器の香炉に銀のほや火屋など。工芸家たちは古くから構えることなく人間の生活を考え、用と美を伝えてきた。

 流麗な弧を描くスタンド、その先の細くしなやかな指で支えられ静かに宙にある薫球(くんきゅう)。毯香炉(まりこうろ)ともいわれるそれを指先につなぐのは茶室で用いられる釜の鐶である。世代をつなぎ、文化をつなぎ、今ここにある作品。さらに未来にもつながっていく。

 指物(さしもの)の技を現代的な木工につないで、祈りをテーマにした厨子。静諸でありながら明るい色彩にあふれた静物画。御影石を素材とした存在感豊かな彫刻。やさしい質感とフォルムのガラスの器。空間デザインの視点から気持のよい暮らしを実現する木工家具。精敵な装飾がほどこされた金工の作品。六〇代から三〇代までさまざまな世代の、さまざまなジャンルの作品が一堂に会する。そして、そこに美を見出す人々が集う。

その相関関係こそが時代をつなぎ、美しいものの世界を形作ってきた。同時にこれからも変わることなくあり続けるに違いない。過去から未来へと連なるものづくりの美学を心ゆくまで堪能していただきたい。

文:殿島三紀







2008.11.10

これからの和_伝統と若者たちの仕事_フォレストコーポレーション

(0)  (0)


フォレストコーポレーション01.jpg

「伊那で」11月1日

工房で修業した若者たちの仕事を見に、

深まり行く秋の中央道をドライブ。

周辺は収穫の喜びに満ちていた


フォレストコーポレーション021.jpg

「縁側現代版」

伊那IC近く、信州の街づくり家づくりを目標にお仕事をされているフォレストコーポレーションの住宅展示場にお邪魔し日本の伝統を再認識する

ご隠居さんがひなたぼっこをしながら縁側に腰掛け、道行く人にお茶しない?なんて景色を連想して思わずほほがゆるんだが、松本の茶補、伊勢の園と同じ発想でうれしい

炭火にしつらえた鉄瓶から湯気が立ったりすれば、このうえなく暖かな空間になるが、フォレストコーポレーションはガラスで囲った半野外の空間をつくった。

土足でお隣さんが立ち寄ったりしてくれたら幸せだが、孫が炭火の暖かさを経験しながら爺さんの炭の扱いを見ている日本の風景はついこの間まで東京にもあたりまえだった。炭の番は年寄りにしか出来ない芸当で家庭教育でもある。

縁側には縁の下というおまけがあり、昔は地震に備え練炭や炭が備蓄してあった。これは歴史が教えてくれた知恵で現代にも通用する伝統だろう


雪見障子を上げると、室内がはっとするような違った空間に早変わりした

茶室のような小宇宙を連想したが、カーテンには出来ない和紙のなし得る技である

建具の引き手は「ちりおとし」と呼ばれるが、埃がおちる機能が美しい曲線となっていて、清潔で繊細な日本人が、細かいところにも気を配って育てたステキデザイン


フォレストコーポレーション02.jpgフォレストコーポレーション04.jpgフォレストコーポレーション05.jpgフォレストコーポレーション03.jpgフォレストコーポレーション06.jpg


ベッドとソファは魅力だが、バタンと寝転がると青畳のかおりが漂い、自然を尊んできた日本の民族性を感じる

消滅してしまった日本の伝統、床の間の精神性も現代の住宅に取り入れたいと、若者の作った家具は台ではなくて床の間である

解ってきたな、、と僕は嬉しく、ベッドルームの壁には、M4新作品漆タイルの壁掛けがかかっていて、絵画と違った新しい魅力と未来を感じる。

住宅展示場での建物は、こぞって外見に個性を見いだそうとしているのだが、美しい日本の伝統街並をみると決してはそうではなかったようだ。個性的な人の生きざまが作る内部空間は?この街並み作りはそのことへの問いかけのような気がしている

深見昌記君、石川真帆さん、大変だったね、お疲れさまでした


続きを読む▶▶▶

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フォレストコーポレーション 小澤様

このたびのご縁を有り難く感謝致します

日本の暮らしの本質をとらえた、未来の和の家造りに感心致しました

お目にかかるのを楽しみにしています




 

«  前へ   1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7   


PAGE TOP