home > blog > 前田純一 blog > Dogs

Dogs

2009.09.10

写真の愉しみ_犬達_「ねね」

(0)  (0)

フューチャー2008_mmで _RICOH GX100.jpg
dogs_フューチャー_2007mmで

RICHO_GX100
s_1/73 f_3.6 +0.7・ISO80

2008.11.27

装い_いのり_秋の庭で_dogs

(0)  (0)

庭_秋_web09.jpg
「娘の秋」dogs_uniko_2006年秋



庭_秋_web15.jpg
「黄色い材料小屋の思いで」2000年秋

今年は玄関を出た右手に好きな山草を増やした。鎌倉から引っ越したみやこわすれは、ようやくこの土地に馴染んでくれて、僕は生き残ったわずかを株分けし、厳しい冬に備えてふかふかと発酵した暖かな腐葉土を掛け布団のようにそっとかけてやった。
草花たちはもうすぐたっぷりときれいな空気を含んだ雪に覆われて閑かに春を待つが、来春は品のよい山の花をさりげなく頂上に装う。それから美しく年老くころになると生きる喜びに満ちた新しい株がすでに隣に産声を上げている。この材料小屋のように、秋には彼女たちはなにほどの迷惑もかけずにさまざまの葉とともに土へと還っていくのだ。


庭_秋_web03.jpg
「みずひき赤」2008年秋


庭_秋_web07.jpg
「やまあじさい」2007年秋


庭_秋_web13.jpg
「三本脚のスツールと焼杉のテーブル」2007年秋



庭_秋_web08.jpg
「団栗地球を救うか」楢の葉2008年秋

今年も庭から見る山々は秋色に装い、僕達の目を楽しませてくれている
季節の一大ドラマは一体誰のプロデュースによるものなのだろうか・・

(大きな声で言えない・・)

観る人の心にぞありき・・いずれにしても人の仕事ではなくて自然ドラマの観覧は無料。人は幻想の価格の創造(最近は捏造ともいうらしい)大好き、美というものを認識できないから価格設定も、手に入れることも出来ずにゴミと墓の狭間で生きて嘆いてみたり、差別と区別の区別がわからず毛皮を着て動物愛護を唱えたり、 文明の進歩を人間の進歩だと錯覚してロケットのように水と空気を汚染していく・爆

 こうなったら10円づつ山の神に集めて自然にお返しをすると少々は環境にいいかもしれないが、ボランティアは幻想だから感動税を新設して国民すべてが山の神に奉納するというのはどう? 実現したら僕は感動指数審査委員を買って出て、神のくれるお返しを夢見てボランティアする・汗



庭_秋_web01.jpg
「さわふたぎ」2008年秋



庭_秋_web02.jpg
「錦木・にしきぎ」2006年秋



庭_秋_web04.jpg
「夏の名残り」われもこうとパラソル・2008年晩夏



 

庭_秋_web11.jpg
「dods・2006」


庭_秋_web12.jpg
「ツリーハウスの思いで・幻想の冬眠鼠」
フューチャー2008年秋


庭_秋_web10.jpg
「秋・水清し」つめたい池で・ステラ2007年秋

カメラをぶら下げて秋の庭で犬を遊ばせながら、感動というものがおまえ達にはないのか??と蔑んで笑ったりする。しかし彼らは作ることも捨てることも蓄えもせず、したとしても比べることを知らず、したがって迷うこともなければ無意味な競争をせずに無邪気に遊んでいるだけ、僕達のように地球を汚染したりしないから尊敬に値する。そうこうしながら露出とシャッタースピードとフォーカスを調節したり、美を知る能力とか、自然は何のために装うのかなどといったことがふと頭をよぎるのだが、美しい生き物にすっかり僕の心は満たされていてすぐにそんなことはどうでもよくなる。そういった心の働きを美しいとしかいいようがないのだとなんとなく安堵し、人間のする創造、感謝とともに感動を子供達がさまざまなかたちに置き換えてくれることを祈るのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「花の色は 移りにけりな いたずらに 我が身世にふる ながめせしまに」


百人一首

2008.11.13

サンクが来た日_1999年サンクのひとりごと_2003年

(0)  (0)

1999年初夏、アールが元気なうちに・・・と、同じ犬舎のラブラドルの子犬を頼んだ。誕生の知らせを聞いてからのの2ヶ月間、娘夫婦はたびたび横須賀まで成長ぶりをうかがいにいっていた。僕は覚えたての溶かし込み象嵌を施した真鍮の首輪ときれいなリードを作り、家族で名前候補をあれこれ出し合う食卓は楽しい。

真夏の暑い湘南から、高原にやってきた新顔は、感謝と名付けられ、娘の作った厳格な特別メニューが用意され、待ちに待った日を迎えた。しかしブルーの目をもったこの子は行方不明事件を起こし、まもなく重度の股関節傷害が発症する

dogs_サンク_06.jpg

dogs_サンク_03.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サンクが回復08 1.jpg










甦った僕_皆様へ感謝を込めて

三城へ来て二ヶ月、父について階段を上ろうとしたら腰が痛くてダメ。おまけに何も食べられない。
それからの我が家の沈んだ様子は生まれて初めて。磯子の名医に連れて行かれ、診断結果は重度の股関節形成不全。歩けるようになるには片足80万円の人工関節をいれる手術を受けること。つまり計160万円。父はもしそれを受けなければ?と震える声で先生に質問、あとは書かなくても解ります。一ヶ月後に再び磯子へ中央高速・大好きうきうきドライブ、(なぜって、僕は死って解りません)

以下病院でのやりとり(父また震える声)つまり手術か、死しかないのですね。
(先生)もうひとつあります。(父)ぱっと明るくなって先生の顔をのぞき込んだ。
(先生少々間をおいて)レーザー治療で痛みを抑えれば歩けるようになる(すごく小さな声で)可能性があります。

僕は毎週磯子へ楽しいドライブが出来るんだと喜んだわけでありますが、仕事を休んで診療費を払い、遠くの病院へ一週おきにサンクとドライブ出来るわけがない・と父はまた暗くなったのです。

しかし捨てる神あれば拾う神あり、そのころ松本になかったレーザー治療の機械を、かかりつけの病院が購入してくださった(なんでもすごく高い物らしいです)。
以後大作兄さんは、毎日のように治療に通って下さり、数ヶ月後には、奇跡的にも大好きな駆け足や、素敵な雪のラッセルや、夏のお池遊びさえ、出来るようにまで回復したのであります。
深志動物病院の桃崎先生には、足(前か後、どっち?)を向けて寝られません。ほんとにありがとうございます。

そして知ったのです、僕の名前の意味を・・。来~いと呼ばれ、初めて僕が駆け足をして見せてあげたら父は涙ぐんでいましたが、未だに足を父に乗せて寝ています。お陰様でなかったはずの人(犬)生を歩いております。みなさまほんとにありがとうございました。 

   サンクより心配をおかけした皆様へ。


サンクが回復01.jpg


dogs_くびわ.jpg

サンクが回復05.jpg
THANX!!!

2008.11.12

Unicoが家族に_ジャックラッセルが3匹に_2004年

(0)  (0)

stera.jpg







UNICO登場_ステラ記 2004年


そもそもジャックを飼おうといいだしたのは奈美さん。
夫婦二人のマンション暮らしだから、考えた末だと思うけどMMにUnocoが仲間入りするのは当然よ。
フューチャー兄さんと、同じパパママだから、みんな親戚、ちがうのは、甘やかし三城とちがって、絶対食卓で食べ物を与えないと決めたこと(さすがしつけがよろしいのね)
ひとりっこの甘えん坊だけど、都会派の彼のセンスにはちょっとかなわないわ。


08.jpg
14.jpg
06.jpg
信じられないっ!!! この前会ったときにはバースディケーキ買ってもらっちゃって誕生日をやっていたし、お洒落して海辺お散歩してたら雑誌モデルを頼まれて、奈美さんと横浜元町ナビゲートですって・・
田舎暮らしのあたしだってたまにはおめかしで都会お散歩をししてみたい、、、

元町散歩.jpg
元町行ったことあるけど、わたしはUNIみたいに人懐っこくないからナビゲートはご遠慮ね。気に入らないとすぐ噛んじゃうから・・

それにしてもパパ自慢げ・・とりあえず2004年、かわいい弟が増えて、順調に大きくなったってことよ

namiと.jpg


三城の暮らし_庭_夏_犬達.jpg
三城の暮らし_庭_夏_「芝生で食事・ジャック兄弟」


2008.11.12

Stellaを迎えに

(0)  (0)

fue.jpg






2004年三月フューチャー記



2003年の暮れ僕はドキドキ。運命の不思議、姉さんモモの子イヌが僕の妹に。さっそく奈美さんは静岡まで偵察に、パパとママは命の売買に反対だから作品と交換ということにした。(よせばいいのに、時間がかかるに決まってる・泣)。
どの子を選ぶか? 父はなぜか、残った子を下さいといってしまった。

ステラが来た日10.jpg

ステラが来た日07.jpg

新入りの名前はステラ、僕とくっつけて「未来の星」だって・・
正月が過ぎ、たびたびメールで写真を確認、待ちに待った二月の晴れた日、僕も一緒に静岡ヘお迎えドライブ。途中でステキな花を買ってもらい、僕もおめかし。(・・どこをだ・汗) 初めて会ったステラは、どう見てもブチャイク、そんなことは父は気にも留めなくてカワイイ連続

ステラが来た日08.jpg
静かに無視するぐらいが、子イヌを迎える鉄則なのに、我が家はお構いなし、またてんやわんやがはじまった。妹はめずらしく黒がはいったブロークンでそうとうやんちゃっぽい。
なにやら先が思いやられます

ステラが来た日01.jpg

Uさんはおみやげたくさん用意してつらい別れに備えていた。もちろん我が家でもおもちゃいっぱい用意した
甘やかしすぎだと思ったが、我が子を虐待する親なんてのがいる人間にみせてあげたらどう??
とりあえず僕のかわいい妹をよろしくおねがいします

ステラが来た日05.jpg



«  前へ   1  |  2  |  3   


PAGE TOP