home > blog > 前田純一 blog > Dogs

Dogs

2008.11.06

dogs_フューチャー_ツリーハウスで・友人_地域 町会_入山辺公民館活動

(0)  (0)

dogs_フューチャー_03.jpg

冬眠鼠が必ず床下にいると、彼は信じていた


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2007年8月

初めて梯子を登る決心をした

以後簡単に登るが降りられない。僕は迎えに行き、肩にかついで下ろすことが日課となった


dogs_フューチャー_02.jpg

2008年9月

床板の穴が徐々に大きくなっていた。しかし冬眠鼠は彼の幻想である


dogs_フューチャー_03.jpg

2008年10月中旬

おそらく歯が抜けかかっている


dogs_フューチャー_04.jpg

2008年10月下旬

それでも数時間は飽きない


dogs_フューチャー_01.jpg

2008年11月4日

僕の大事な冬眠鼠がいない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
mail.gif




妙子へ

今日は暖かくて薪割りが気持ちよかったね。素敵な写真をうれしく受け取りました。おみやげも喜んでもらえてよかった。

こちらからも写真を送りますが、フューチャーは歯が抜けたんだって??

お馬鹿だねえ・・きっとツリーハウスの床を噛みすぎたんだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ツリーハウス_2002年秋01.jpg

地域のコミュニティーによって、四本立白樺に、地上2.6メートル、2メートル四方の小さなハウスが完成したのは2002年秋。

入山辺フォレストクラブと、ご父兄を交えて地元中学生と建設した時の昼食、煙とカレーの匂いがいまだに漂っている。


ツリーハウス_2002年秋02.jpg
ツリーハウス子供達と01.jpgツリーハウス子供達と02.jpgツリーハウス子供達と04.jpgツリーハウス子供達と03.jpg

当時からのコンセプトは「地球に迷惑をかけない」

カラ松の間伐材と、友人寄付の自然木材を使い、大人が子供に手をかして作り、壊したら土に還る願いがある

200811月、思い出を残して地元建設業の方々のボランティアにより、ツリーハウスは地上に降りて壊された

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


四本立白樺は、自由を取り戻し美しく輝きはじめた


残材は薪となって僕達に暖を与えてくれている


今年の新米を炊いた灰は、地球にリサイクルして美しい森となる


気持ちのよいことだ



こどもたち.jpg
「ちびっこコンサートの休み時間に・ 2008年夏」

梯子とフューチャー.jpg
「梯子とフューチャー・ 2008年秋」

THANX!!!




2008.11.06

dogs_ウイリー 1990~2004

(0)  (0)

dogs_ウイリー_02.jpg

ウイリー(1990〜2004)


大型犬ばかりだったので娘は小型犬に魅力があったのだろうか

〜ペットショップに売れ残りそうなのがいるのよ〜と、彼女の高校進学にあわせて仲間となった真っ黒なコッカはカール毛の好男子、お嫁さん候補が何度もみえたが、彼は自分のことを犬とは思っていなくてうまく運ばず大笑いした憶えがある

老後早い時期に失明したが、数年間勘で庭をよちよち歩き、自然の中で一生を楽しみ旅立った

小さい体の大きな生命力に感動、焼いた立派な骨を見て思わずほほえんでしまったが、健康体だったのだろう

やはり泉のほとりで、他の犬たちと小さな花に埋もれ眠っていて、僕の爪には彼をからかって噛まれた思い出が残っている


dogs_ウイリー_01.jpg



2008.10.30

Dogs_12匹の犬達

(0)  (0)

犬達.jpg鎌倉から人里離れた三城に引っ越したのは1984年。
マンモス校からたった五人の分校生活となった子供達の良き遊び相手になった犬達は、同時に僕達の優れた教師となり「信頼、誠実、熱意、継続、慈悲」といった大切なものごとを教えてくれて、貴重な思いでを残していきました


photo_家族_photo_dog_1987〜1999_dog_ジョイ dogs 1987 - 1.jpg

「ジョイ 池で 1987夏」

photo_家族_photo_dog_1987〜1999_dog_アール1995 - 3.jpg
「アール 1995冬」

dogsmaeda_01.jpg

「おもしろ3人組・まもなくJOYが天国へ」

19980502奈美の休日28.jpg
「ウイリー 1998 連休に娘と」


大作幼少1987 - 2.jpg
「アール 1987連休に息子と」


2008.10.22

Unicoとボール遊び_オリンパス50-200SWD

(0)  (0)

娘夫婦はみなとみらいにジャックラッセルテリアの牡「Unico」と住んでいる
子供がないので、ご多分にもれず彼?を息子同様にしているが、Unicoはボール運びが好きで、娘と犬のナイスショットを撮るのは長年の念願だった


tele_07.jpg

_2008真夏の昼下がり_大桟橋へ」


ISO100 1/40 F/13 陽光をハイキーで、、

一緒に歩きながら、つまずきそうだった流し撮り


娘達にかこつけて、三城に暮らして忘れかけている海辺の

匂うような潮の香りと、夏の輝きを僕は思い出す


横浜海上防災基地付近は、停泊している巡視船や、
対岸の風力発電等が新鮮で、お気に入り撮影スポットになっている
みなとみらい周辺は清潔で美しく、田舎暮らしには魅力がある
これからの都市の姿の一例であろうか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


庭をなんとなく歩く僕の場合と違い、娘は毎日かなり長距離を彼と一緒に走っている
この日、念願の写真をものにしたいと、真夏重いデジイチ望遠をぶら下げて歩いた
(なんといっても赤煉瓦脇で、ハンバーガと冷えた生ビールが待っている)
20年振りに望遠レンズを買う気になったのは、超音波モーターによる素早い追従フォーカス、手ぶれ防止、フォーサーズレンズの軽さが魅力だったからだが、200mmでも手持ち撮影が可能だった

飼い主に全力で走り寄ってくる・・
娘達にボールを捧げる犬の目には、長年のとぎれのない飼育愛に基づいた信頼が感じられて感動するが、疾走する犬を望遠で撮るのは、僕にとってはそうとう困難な作業である
陽光に助けられ、連写HIで写し込んだ数十枚のうちピンボケは僅かで、20年前まで使っていたペンタックス望遠ではとても不可能が可能になっていて隔世の感で・・・ナルホド
ごきげんな生ビールであった



tele_03.jpg
「Unico_ボール遊び・2008年8月 大桟橋の芝生にて」

ASA400 1/4000 f/3.5


tele_04.jpg「フューチャーとUnico_ボール遊び・2008年8月 大桟橋の芝生にて」


tele_05.jpg「おねだり・2008年8月 大桟橋の芝生にて」

というわけでこの日の写真はまったくのいい思い出となった

しかし彼らの寿命は短い
過去に暮らした犬達の写真を見ることがないように、いつかはこの写真をみることもなくなるだろう

«  前へ   1  |  2  |  3


PAGE TOP