home > blog > 前田純一 blog > work

work

2009.05.08

ミュージックキャビネット_1989年製

(0)  (0)

S邸s.jpg


30歳頃まで日本で使われる伝統的な調度、飾棚、文机、硯箱、色紙箱などを作っていた。日本工芸会の正会員に認定されたのは1976年、28の歳で順調な歩みといわれたが、しばらくして公募展に出品することに興味が薄れてしまったのは工芸の仕事が自分たちの生活からかけ離れてしまっていると感じ始めたことからだった。床の間、畳、障子が姿を消して日本が西欧化に歩き始めたことが要因となっている

そんな折り長く美術工芸に携わっているN氏から銀座和光での個展開催のお誘いを頂戴した。広い会場を一人で埋めるための作品作りは経済的にもただならないことで思い悩んだが、僕の公募展での受賞のための作品作りへの興味はすでに薄れていた。1989年の初個展には長い間作りたかったダイニングテーブルや椅子などとともに、好きなステレオを作る夢がようやく叶った。しかしこれは美術工芸や指物ではないなど酷評をいただくことになった

s邸のミュージックキャビネット.jpg
「S邸のミュージックキャビネット」

反射板を開閉するための金物は凝った設計だったが、オフイス家具メーカー勤務時代に可愛がって頂いていた下請けの鍵製作所のK社長の工場で制作の教えを請うて実現。そのころにはどうやら一人前になった鉄の仕事を生かして移動出来るキャスターをつけ、真鍮の笠をまとった8Wの豆ランプが、側面三角形のボックスに階段状に収納したCDケースを照らしている。

この写真は後年のもので Ipod で鳴らしているが、制作時はソニーのCDウオークマンをケンウッドの魅力的な小さなアンプA-M70で鳴らしていた。その後長くお付き合いをさせて頂いているY嬢が神戸で震災前まで経営されていたお店に置いて下さり、計五台を制作させていただいた。

僕は、ものが人や人間関係や地球環境をつくりだす状況に制作の喜びと責任を感じている。
音楽のいれもの・ミュージックキャビネットは修理の出来ない機器類を現行BOSEのアンプなどに交換してよみがえり、今もさまざまな楽しい話題を提供してくれていて、権威や名声よりも魅力的な、自分の好きな仕事をみつけだしてどうやらつづけていられることに感謝している。そして職人は貧乏だが、ブラームスの好きだった父がいいものを見分けて長く楽しむ豊かさを教えてくれたのだと思っている


090109_えびす.jpg


お店へみえる多くのお客様に・・
「東京池袋・キッチンエビスでチークとベンゲのフロアランプと」


2009.05.02

ミュージックキャビネット_神奈川N幼稚園

(0)  (0)

ミュージックキャビネット_N邸01.jpg
「チークとブラックウオールナットのミュージックキャビネット」1985年

当時工房へみえたN氏の経営されていた原宿の画廊に制作させていただいたもの
高さ1m10cm キャビネット前面響板と反射板を曲面にして音の広がりを表現した。みえがかりの小ささを優先したが、後部に出っ張った上面台形のサブボックスを組み込んでボックス内容積を確保しながらダクトをつけて低音を補強したバスレフ方式となっている

スピーカーユニットは12cmの四角い平面コーンと1.5cmのツイーターを組み合わせたメカニカルツーウエイ
いつも初めに音を出す瞬間はドキドキする。ソニ製カーステレオを使用した最小限の大きさだがマーラー五番の壮大な音が品よくとびだしてびっくりした覚えがある

分離できる脚部はてり脚のデザインでオートチェンジャーの長時間自動演奏により演奏時は機械操作を不要にしたため蓋をつけた上部のボックスに機器類を収納してある


ミュージックキャビネット_N邸04.jpg


家庭用100ボルトを12ボルトに変換するためにトランスが必要で、そのためのメイン電源スイッチを入れると赤いかわいい電気が点くスイッチを秋葉原で入手した
下部はトランスとステレオの収納部。後面に穴をあけて放熱フィンを外部に出し内部の熱を逃がすようにしてある
左側に曲目を書いたカセットテープ付属のラベルを掛けるためのちいさな木製ホルダーをつけた

ミュージックキャビネット_N邸03.jpg
ミュージックキャビネット_N邸02.jpg
「原寸スケッチ・2005年機器入れ替え時」

ミュージックキャビネット_2005年機器入れ替え時.jpg
「分解時部分写真」

制作当時はカセットテープの時代だったが2005年にCDを聴ける現在のものに交換、子供達の情操教育に役立てたいと、現在は奥様の経営されている幼稚園で小さな子供達に音楽を楽しんでもらっている


三城コンサート20082.jpg
「三城工房でのコンサート2008年」

このような手の込んだものを作っていて僕達はいつもワーキングプアー
しかしステキな幼稚園でこれを聴く未来の子供達が「昔こんなモノを作った人がいたんだ」などと感じてくれる時があるとすればそれで充分満たされると楽しみ
クラシック音楽は教室で学ぶものではなく、生活の中に素敵な音楽がいつもなんとなく流れていることで子供の豊かな感性が育まれる。
松本発祥スズキメソードの故・鈴木慎一は「人は環境の子なり」と色紙を残していて、僕はこのことも現代の社会に欠けていることがらではないかと思っている



三城コンサート2007.jpg
「三城工房でのコンサート2007年」

2009.04.28

ミュージックキャビネット_工房の家具インテリア

(0)  (0)

JBL_LE8T_三城居間.jpg
「居間のミュージックキャビネット」
〜2009年最後の雪景色〜

三城へ住むようになってからクラシックを多く聞くようになったのはなぜだろうと思った時がある。ダイナミックレンジの広い交響曲のピアニシモは街の騒音にかき消されてしまうからなのだろうと思ったのだが、それらの曲の生まれた状況が自然豊かな環境だった必然性かとその後考え直してみたりした。
木枯らしに舞う雪や、春先の鳥たちの嬉しさに満ちたようなさえずり、草の匂いにむせかえる夏の夕方の澄み切った空気、或いは秋の輝く樹々の気配などからの感動がグローバルに当時の人の世界と一致しているのかもしれない

音楽が大好きなのだが僕の場合はステレオに対峙する聴き方ではなく、どちらかというとピアノ曲の小品、この時期ならば、ドビッシー「夢」、「月の光」などフワフワとした感じのやさしい音楽のボリュームを絞って、あるいはベートーベンの田園二楽章、たまにはサティなどをなんとはなしに聴きながら、窓外に季節の移ろいを感じながら作品のスケッチを思い描いている

工房には自作のスピーカーが三組あって、いずれも天井から吊すか壁掛け式、スピーカーボックス左右を一体構造にして低音のふくよかさをねらい、ユニットを横向きにセットしてユニークな木の反射板に音波をぶつけることにより、聴き疲れやすい高周波を吸収しながらスピーカ一の位置を意識しない音場空間をつくっている
音というものに形はないのだから、それであればホテルなどの天井埋め込みスピーカーでよいではないかとなるのだが、それでは僕はおもしろくなくて美しい物体が空間に存在しているところに職業感がある

引っ越してしまってからようやく完成した居間にしつらえた天井吊りスピーカーには笑い話があり、作ってしまったのはよいが仕事場のドアーは小さすぎたし、人力では梁まで持ち上げることが出来ない。それで当時乗っていた4WDのウインチで吹き抜けの天井に滑車を取り付けてセットするはめになった

スピーカーユニットはJBLのフルレンジ_LE8Tに、減衰量18デシベルで7000ヘルツ以下を抑えたスーパーツイータのシンプルツーウェイ、このユニットは大仰なマルチスピーカーシステムやマルチアンプなどの試みからよりすぐった生き残りで鎌倉時代からのお気に入り。高価だったがすでに30年以上飽きずに聴かせてもらっていて、僕はこういうものを一生を共にする本物と思って出会いを感謝している





ミュージックキャビネット_0904_01.jpg
「工房のミュージックキャビネット」

工房建築中に作ったもので作品の原型になっている
当時は野外に持ち運べるよう反射板を折りたたみ構造にしたボックスを、車輪を取り付けたフレーム上部にセットし、機器類はソニー製カーステレオ、電源はカーバッテリーでエネルギー供給は当時出始めていた太陽光発電パネルで持ち運びコードレス。気持ちのよい昼下がりには庭の芝生で「春はじめてカッコウがないて」などを楽しんでいた。しかし消費電流に対して電力供給が間に合わず失敗、なくなく電源コードをつなげるはめになった。

カーステレオ用のスピーカーユニットはアルミハニカム振動板などが使われていて温度差などの過酷状況で壊れることがなかった。現代はパソコンからでも魔法のように音が出るが、20年を経て現在は壁に掛けられ当時と変わりなく楽しませてくれていて、とくに愛でたりはしないのだが僕にとっては苦楽を共にしたツールとなっている。当時のカセットテーブから時代はIpodといったデジタルになったが、スピーカーがアナログでありつづけていて興味深い

スピーカーボックスの中身はがらんどうなのだが、僕にとってはかけがえのない音楽という空気が詰まっているので ミュージックのキャビネットとネーミングしたのだが、これらの試みはそののち展覧会出品作品になる

スケッチ_ミュージックキャビネット.jpg
ミュジーックキャビネット_三代目のスケッチ


2009.03.16

ch_トキシラズ_

(1)  (0)


ch_トキシラズ_ri02.jpg
「ch_トキシラズ」 





090316トキシラズ02.jpg
「正月七草、工房での打ち合わせ」







0903栃材の娘の椅子01.jpg
「三角の栃材縮杢の座板の娘の椅子」1987年

トキシラズ店内 5メートルのカウンター席用の椅子は、1987年に制作した「娘のための椅子」の背部構造をモチーフに、床に接する部分を動きやすい線接触にしたフレーム、座面高43cm、不特定の方が座ることで、前縁を前下がりのベジェ曲線にした有機的な座面により2時間まではクッションなしで座り心地のよいことを目的に制作中です
日本の伝統的な感性を生かして錆鉄綿色を美しく表現したフレームと、人の手が生み出す手鉋仕上げの無垢の座板と背の鉋目の仕上げによって心地よい自然の感触を特徴としています

この背のような木部は、一般的に曲げ木と呼ばれる木を蒸して曲げる手法か、成形合板と呼ばれる、薄い板を曲面状に貼り合わせる手法で作られますが、600アールに曲げた鉄フレームの背部分に4ミリのステンレス素材のボタンキャップビスで固定することで独特なディテールとし、目切れ(木目が切れることで折れやすくなること)を補強しています


0903栃材の娘の椅子03.jpg

090316読み聞かせ01.jpg
「読み聞かせのベンチ背部・2006年」


僕は曲げ木が出来ませんし、樹を工業素材にする立場と対極に身を置いていて、樹の長所と欠点をよく知ることと自分の培った技法を生かすことが必然のデザインとなって独自の作品の創造に繋がっているのですが、人は自然の上に生かされているべきで、なにより樹に過剰な人為を加えたくないと思っているのです






2009.03.12

街_信州_松本_中町_「トキシラズ」開店に向けて

(0)  (0)

090312トキシラズ04.jpg
「トキシラズ店舗イメージ」 制作:前田大作

松本に残る蔵は江戸から明治時代の大火の経験から商人が建てたものだそうですが、中町通りでは、民芸運動の流れをくむ方達の熱意で残った蔵が修繕され、新しい感覚で現代に息づいて使われています

ジャスコ2階でイタリアンのお店「クランツ」を営業していた山田さんが、中町通り中ほど、栗おこわで有名な竹風堂のとなりの蔵を借りて、新しいお店「トキシラズ」を今春開店することになりました

ショップコンセプトは工房の火皿を使った炭火料理と、ステキなものの紹介
深見君はじめ、工房に縁のある若者たちの作品の販売に向けて計画中です


090312トキシラズ03.jpg
「工事中の蔵内部」設計_宮坂直志
工事責任:(株)ダイワテック

ショップイメージ:前田大作、蔵の改造設計:山の辺建築設計・宮坂直志、左官職人:白沢雄介、庭師:花岡博文、庭師:宮下鋼一、彼らは松本での息子達の小中学校同級生で手仕事もの作り仲間、若者らしい発想で工事を進行中です

連休前に開店予定、新緑の松本を皆様ぜひ楽しみにお出かけ下さい

090312トキシラズ01.jpg
「中町通り、工事中のトキシラズから美ヶ原を望む」

中町通りは松本市が街並み復活に力を入れていて本物の建築が魅力的
日本伝統の他にも西洋館あり寺あり大正ロマンあり、まさに和洋折衷
オススメコーヒーは、女鳥羽川をはさんで四柱神社鳥居対岸の翁堂の有機栽培コーヒー。この店の漆喰細工の天井や、トイレのガラス戸に描かれた金文字、手作りスピーカーなどなどで古き良き時代を忍んだりしています




2008年8月木の匠たち展02.jpg
2008年8月木の匠たち展03.jpg

「木の匠たち展」2008年8月 松本中町蔵シック館



翁堂、マエストロさんはじめ皆様に大変お世話になり、
ようやくここまで漕ぎつけました

THANX !!!


もっとみる
フリッカー.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール��


«  前へ   5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15   


PAGE TOP