home > blog > 前田純一 blog > work

work

2009.02.12

扇のパーソナルチェアー_「時代をつなぐなかまたち展」2009年2月19日から・銀座和光並木ホール出品作品から_

(0)  (0)

090212_02.jpg

座るのに椅子が必要になったのは戦後生活が洋風化したからである
椅子には家族が勉強したり食事をしたり仕事をするためのものと、個人のものとがあり、自分用の片アームのパーソナルチェアーを1986年に作って気に入っている

23年の間、僕はこの椅子に座って日の出と夕日に感動し、燃える樹の故郷を思いながらご飯を炊き、樹が灰になる過程を楽しみ、悩み考え、たまに喜んだり夢を見たりしてきた
8寸(24cm)の存外の座面低さはそのころ小さかった子供達と僕との視点を合わせるためであったが、床に座る方を見下ろさない
一見固い木の椅子にこだわるのは、化石資源から出来たふかふかのクッションよりも、夏であれば、いと涼しげな麻を被せた日本の座布団などをのせて楽しみたいからである



090212_01.jpg
何十年も使える堅牢な椅子、親が座ったものをその子供がまた座る事が可能な椅子、流行でもなく、多少荒っぽく使って傷がつこうが、個性的でびくともしない美しい椅子などを作っていては儲からないので世の中にはへんな椅子が溢れているのだ
しかし樹を粗末にして作った規格の椅子に自分を合わせたり、使い捨てを買い換える事を楽しみにしてしまうと、自分の人生までが型にはまった使い捨てになりかねない

この椅子には火の番にはじまり、生きていくためのさまざまな仕事が与えらているのだが、僕はぼちぼち息子に譲ってもうすこし座を高く大きくした新作に座ろうかと思っている





2009.02.10

五膳箸箱_「時代をつなぐなかまたち展」2009年2月19日から・銀座和光並木ホール出品作品から_

(0)  (0)

箸箱_五膳箸箱_09021001.jpg


2007年暮れ、家族用に箸を拵えた

白木と色漆塗りを組み合わせ、家族一年箸と名付けたが、色は日本の色名、発想は覚園寺の五正色幕である
一年間、家族でお揃いを楽しみ、暮れに土に還して新年新調するといった考え方は伊勢神宮の伝統風習に習った。もっとも2年目に入った箸は使い込まれて味わい深く、僕のお古を使わせて弟子の仕事の上達を祈っている

おかげさまにて箸が好評なので、今年正月には五膳揃いを入れる箸箱を作って気に入っているが、いくつか手直しし、この展覧会に出品することにした



箸箱_五膳箸箱_09021002.jpg


制作動機は防かび剤汚染された木材と化学塗料だったが、それを使わぬ国産材で拵えたこの箸は、よく乾くよう気を配らねばならない
それで側板下部に風窓をしつらえ、底板は三分割して内部を通る風と、自然の樹の香りがこの箱のデザインポイントになっている
秋田杉柾目と蓋には落葉松を使い、側板を一枚の板から木目を通して木取るのは、工房指物の譲れない作法である。
蓋木口に生漆をヘラ付けし、装飾となる割れ止めとしたので、華奢だが一生道具となるかもしれない


箸箱_五膳箸箱_09021003.jpg
我が家にはさまざまな生まれの若者が同じ仕事をめざして集まるが、絆の定義を一言で唱えるのは難しい
しかし夕餉時それぞれが役割を分担し、炭火を囲む質素で安全で美味しい食事は愉しみで、美しい道具類が場の雰囲気を毎日盛り上げてくれているのだが、このことは家族としての一体感を大いに高めてくれている

箸箱_五膳箸箱_09021004.jpg



2009.02.03

T チェアー(桐と桑の手前椅子)_「時代をつなぐなかまたち展」2009年2月19日から・銀座和光並木ホール出品作品から_

(0)  (0)

090205sk_t.jpg


西洋を取り入れて戦後普及した日本の椅子は、畳や木の床での暮らしの習慣、体格の違い、靴を履いて使う外部空間と裸足で歩く清潔好きな家庭空間の違いなどの問題が未解決で、さまざまな試みがされていますが、きものを着て座る日本人を思い描きデザインしたこの椅子は、茶道のお点前を参考に手前椅子と名付けました。
1995年の銀座和光での個展に初出品以来、西洋では使われることの少ない針葉樹のかろやかさを生かして、杉、落葉松(カラ松)、松などと手縫いの革を組み合わせてその後さまざまなデザインが派生し、日本の研ぎ澄まされた手鉋仕上げの味わいと、うずくり仕上げによる生命感溢れた素材の触感を特徴としています

鍛造の錆鉄のフレームは茶道で使われる茶釜の仕上げに習い、背端部に溶かした真鍮を被せた鉄輪をデザインポイントとして、ウレタンなど、健康被害を起こしている化学塗料を使わずに仕上げた樹と共に、地球にリサイクルする日本古来の考えは工房作品全体の共通の思想です

 また懐石に昇華された雑煮、白米、漬け物、焼魚など日本の食事を、向付けや小皿などに代表される日本の食器が口に近づく形態と、大きな洋皿に口を近づけて頂く形態の違いからくる差尺(椅子座面高さとテーブル高さの寸法差)を考慮しながら、茶室で小さな宇宙を作りだしてきた日本に見合ったサイズにし、最近問題視されている椅子使用による腰痛の増加などをふまえ、僕達が大切にしてきた背筋をのばした健康的で美しい所作を大切にしています

差尺_090205.jpg

「差尺の検討_和食器・洋食器による所作」


特に重要な座板面は座骨中心点位置とベジェ曲線にならった大腿裏側に接する部分を計算してカラダに沿った美しい曲面を手鉋で削りだすことによって、木の椅子のすべりやすい固い感じをなくし、椅子の語源、人が木に寄りそう意味を大事にしています

これからの日本の椅子は、寸法や色やかたちだけではなく、樹木への敬意のこもった制作姿勢や、木材を消費してしまった結果の環境破壊への反省、或いは民族が培ってきた針葉樹の文化、日本の刃物の切れ味が醸し出す味わいを生かし、長い歴史と文化にそぐなう未来の格調を生み出しながら、西洋の合理性と融合して発展して行かなくてはならないと思います


works_ch_手前椅子.jpg
ch_桐と桑の手前椅子.jpg
「落葉松の手前椅子」2004年制作


作品は、工房の日々の暮らしから生まれる道具が出発点ですが、昨秋家族となった嫁の希望を聞き、以前から作りたかった桑と、暖かな桐材を組み合わせた座板で設計し直した、新デザインを出品に向けて制作中です。
美しい日本の椅子の試みは、美しい日本女性とは、に繋がり、二人の娘に既製の人生ではつまらないよ、人生は一回きりのオーダーメイド、オンリーワンの日本女性に成長して欲しいとの僕の祈りと重なり、点前と嫁の頭文字からT チェアーと名付けようと思います








2009.01.31

杉笹杢材の銘々卓_「時代をつなぐなかまたち展」2009年2月19日から・銀座和光並木ホール出品作品から_

(0)  (0)

090131杉笹杢材の銘々机.jpg
「杉笹杢材の銘々卓」(すぎささもくざい、めいめいしょく)

甲板_40cm正方・高さ43cm

(イメージレンダリング)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

華奢(きゃしゃ)は、ちいささ、かろやかさ、小味の利いた、といった感覚で、大仰ではない華やかな感じをいいます
銘々卓とは、床で使われる銘々膳を、椅子使い用に高くしたことからつけた名で、卓の語源は供物を載せる台だそうですが、現代では優れた技術で丁寧につくられた台の意です

甲板の素材、杉材の笹杢というのは、木目を笹に見立てた呼び名で、年輪のこまやかさが老樹の過ごした時を感じさせます。白木の風合い(ふうあい)は、かろやかさ、やわらかさとともに、丁寧に使われた時間が作る古美(ふるび)が特徴で、繊細さの同居した不思議な強靱さの魅力が日本の伝統になっています。かやと馬のしっぽで作られたのうずくり仕上げは「洗い出ししあげ」とも呼ばれ、京都の北山杉を川で砂で磨いたものと同様に、柔らかい夏目をそぎ落とした、杉ならではの手触りと美しさが独特です

おりたたみ構造の脚部は細寸棒材として適している針槐(ハリエンジュ)材、野生桑の若木のように強く、ほぞ組の精緻な加工が可能な良材です
X脚構造は古くから世界中でおりたたみの定番となっていますが、回転部の軸がこわれやすく、15年ほど以前の拙作、キャリーデスクとキャリーチェアーの経験から8mmのボルトにアルミパイプの軸受け構造とし、ながもちを実現しています。また脚の固定金物は鋸のばね性を生かして自製したものです

反り止めを兼ねた杉材と脚へのジョイント部は、すべり桟(あり桟)構造で、樹の湿度変化による伸縮で不具合の出ぬよう古来に工夫されたものですが、僕が加工したあとも永遠に樹が生きていることを優先させる手法は古来日本の伝統です




2009.01.09

チークとベンゲのフロアランプ_1989年

(0)  (0)


0901チークとベンゲ1_3.jpg
「チークとベンゲのフロアランプ」1989年銀座和光個展・「暮らしからの発想」
神奈川S邸

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベンゲ(ウエンジとも呼ばれる)という木が目新しく、自宅薪ストーブ脇につるべ構造のランプを作りました
チークは湿気や直射日光に強く木造船の甲板に使われますが、独特な成分が時間と共に作り上げる美しい古美が魅力です
むらさきたがやさん(紫鉄刀木)とも呼ばれるベンゲは高比重、井戸のつるべを模した重りに使い上下可動構造とし、鍛鉄の筋交いを通して発光部の高さ調節をしています



0901チークとベンゲ1_1.jpg


0901チークとベンゲ1_2.jpg
修理完成時原寸取り風景

2005年に可動部の木部が割れ、金属で補強修理。当時の図面がないため原寸取りを弟子にしてもらう


090109_えびす.jpg


現在はS御夫妻の経営する東京池袋のレストランキッチンエビスで、ミュージックキャビネットとともにインテリアに使われています

>>>キッチンエビス

03-3984-1716
東京都豊島区池袋2-30-13 サブコート B1F



0901チークとベンゲ2_3.jpg
「パーツ」

燐青銅材鍛造の反射部、コードを通したステンレスパイプ材の支柱、ボールベアリングの既製回転金物、自然木の回転軸


0901チークとベンゲ2_1.jpg
つるべ式上下構造部

0901チークとベンゲ2_2.jpg


「シェード部」テーク材とベンゲの組み合わせ

刃のたたないチークはサンディング仕上げが通例ですが
ハイスの小刀を自作して刀痕を生かした仕上げとしました

修理時には年月の育てた古美が見事に美しく感動!!!



0901チークとベンゲ2_4.jpg
チーク材にコルク貼り 12mm鍛鉄黒錆仕上げ脚端部

0901チークとベンゲ2_5.jpg
真鍮針金巻きの割れ止めとコードサポート、 回転構造の補強部




«  前へ   5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15   


PAGE TOP