home > blog > 前田純一 blog > work

work

2009.06.15

works_店舗・インテリア_松本・伊勢の園_店舗改装 2008年春

(0)  (0)


伊勢の園_小上がり完成 1.jpg
「伊勢の園_小上がり完成 080311」

2007年夏、松本市中心部の庄内地区(90ヘクタール)は都市再生整備計画により。スーパーマーケットや結婚式場などの大型店舗が入った新しい町へ生まれ変わろうとしていました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

pen.gif

松本で代々茶補を営んでおられる丸山様から、新店舗のインテリア制作のご依頼を頂き、家業というものが少なくなる現代、ご家族一丸となってご商売に取り組んでいらっしゃる姿勢と、独自のほうじ茶製法に夢をかけているご主人の「気軽に立ち寄って頂き、お茶をのみながら世間話でもしていただきたい」といったご希望に共感しお手伝いをさせていただいた

自然化粧品も扱うご子息、英勇さんのご希望は土足で腰掛けていただく「小上がり」
20坪たらずの床面積をどう作り込むか?これは日本の茶室、小宇宙の精神にもつながり、日本の伝統をどのように未来に繋げるかは僕の一番の興味、「庶民のステキ」がターゲットと感じて仕事を進めることとしたが、クランツ山田さんのつくる絶妙ミートソースのご縁。多くの方々に力をかして頂きたくさんの勉強をさせて頂いた


080309.jpg
「丸山さん父子」春の売り出しに向けて 080309

お客様がいっぱいみえるように、、
帳場紋入り杉板の木目は、玄関が元、店内が末にすると縁起がいい、
と説明させていただいた


070725.jpg

「イメージスケッチ」2007年7月

080220.jpg
「小上がり工事」2008年2月

お茶はかおり・無垢の木材はそれを邪魔しない
林友竹腰さんのお陰で素晴らしい木材に出会い
小倉さんは厳冬2月に要領のいい素敵な仕事をして下さった





2009.06.12

works_卓 台 デスク_S邸MACのデスク

(0)  (0)

S邸macのデスク.jpg

「MACのデスク」2008年S邸


僕は仕事にかかると猛烈に早いことを唯一誇りにしているが、構想を練る時間が人一倍長いことが最大の欠点でまさか自慢にもならない

松本五人組のひとり医者のS氏からパソコンデスク制作の仕事を頂戴し設計に長い間悩んでいたのは和室と現代機器の取り合わせが難しかったからだが、常日頃から出来合いのチープなパソコンデスクに腹が立っていたからでもあった。簡単に考え長い時間をかけて作り上げた樹の一生を台無しにすることを僕は出来ない



京都_たべあるき.jpg
「松本五人組京都食べ歩き」

念願蛸長、祇園路地 なん波、錦市場さか井などなど
山田さんご案内にて日本伝統を大いに楽しむ

スケッチ_macのデスクS邸.jpg
「S邸デスク最終スケッチ」

木彩会の会期中、伊東屋にてキャンソン紙スケッチブックを入手、デザイン画はホテルと新幹線で二冊目に突入(まさかおまけのボールペンではロクなものは描けない)

京都食べ歩き一泊旅行帰路、新幹線待ち合わせのコーヒーショップにて何枚かお見せしてメールをやりとり、どうやら完成に漕ぎつけたがその昔だったらご自宅を訪問して打ち合わせの手間暇がばかにならなかった。メールもこのように使うとありがたい

注文仕事は手間暇かかるしS氏にすれば売っているものですぐに間に合うはず。しかし飲み食いしながら考えを覗い、なにかを共同作業で作り上げていく過程が生みだす唯一人生がお互いに楽しみなのではないだろうか。旅行中京都にご縁の深いS氏をなお身近に感じ、なるほどと彼の和洋折衷のお住まいぶりの妙から僕達日本人というものを学ばせて頂いている






2009.06.04

作品集_1 いのり 像 厨子 仏壇

(0)  (0)

作品集_厨子仏壇090526 - 20.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 01.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 02.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 03.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 04.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 05.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 06.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 07.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 08.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 09.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 10.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 11.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 12.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 13.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 14.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 15.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 16.jpg

作品集_厨子仏壇090526 - 17.jpg
作品集_厨子仏壇090526 - 18.jpg



2009.05.22

S邸厨子_1986年

(0)  (0)

works_厨子 仏壇_S邸03.jpg
「いのりのしつらい・桑材の厨子」1986年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔、偶然工房を訪ねてきたS君とは、彼が都会でコンピュータの仕事をしていて精神を病み、現在の工房建築の肉体労働を手伝ってもらって健康を取り戻して以来の長い付き合いになる

都会をひきはらい松本で暮らすことになったS君の母上がある日工房へみえ、厨子を所望されたので僕は仰天した。厨子仏壇は日本の仏教のしつらいだと思っていたのである
 もうすこしお話を聞かせてくださいというと、洗礼をお受けになったときの十字架とマリア像がそのままなのでというお気持ちだった
辞退するつもりだったが、僕の気持ちが変わったのは、お持ちになった小さなマリア像の美しさだった。大切に箱に入ったままのお像の台を作りたいと思ったのである

 台と光背、高さ30cmに満たない厨子、キャンドルスタンドなどのスケッチを数ダース描いてお見せしたいというと、頼んだのだから必要ないといったことを仰った
制作には半年ぐらいかかっただろう、修道院出のS君のご意見を聞きながら制作にとりかかり、木工家の僕ははじめて美しい銀の蝶番を作ることができて、お持ちしたときの嬉しそうなお顔が目に浮かぶ

54歳の夫を亡くされて以来の看護のお仕事を退職、あのときからの松本での彼女は教会でさまざまなお世話をされて来月には90歳、階段を駆け上がっていたほど陽気だったのに、体調を崩されてあっというまに天国へ召されたと昨日S君から悲しい知らせを頂いた



works_像_マリアと台座 - 002.jpg


そのとき作らせて頂いた小さなキャンドルスタンドに火が灯されていて葬式は温厚そうな司祭によりつつましく進行した。清澄な聖歌に包まれながら僕は棺のなかの美しいモニカさんに心からの感謝の気持ちを伝え、別れを惜しむ友人たちに見守られて彼女は旅立った


聖モニカUさん02.jpg


宗教を論じるのは御法度とされているが、僕の親友は邪悪な教祖に御利益があるからと騙され、妙なモノを買うために大金を持ちだしたつれあいと離婚している
二者択一を迫られたとき、あるいは辛いときに判断の基準にすることは、すがたかたちが美しいか否かだよと僕は後輩に伝えることにしている
 正しいものだけが美しく僕は美しいものをつくりたいのだが、このことはとらわれることのない自由なこころとともに、彼女が僕に残してくれたことのような気がする。




thanx.jpg

こめつつじ.jpg
クルマを降りるなり、ここは天国ですね、とUさんは言われた

「鎌倉からのこめつつじ白 と ゆきのした」小さな滝で



2009.05.14

Mさんとのメール_円錐の屋根の厨子・像_いのり_2009木彩会展

(0)  (0)

スケッチ_円錐の屋根の厨子.jpg

「円錐の屋根の厨子のためのスケッチ」2000年和光展

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お便り有難うございました

綺麗な写真を拝見、天気に恵まれたご様子なによりでしたね

僕達の新婚旅行先だったので懐かしく、湯布院近くの水のきれいな小川で、いちごを洗って食べたことを思い出しました

阿蘇の風景はなんとなくヴィーナスラインと似ているような気がします

そのおり馬は頂きませんでしたが、美味しい牛乳も思い出しました

いまではときどき頂くこともありますが、皆様ははじめてだったんですか?

天の岩戸は、工房近くの扉温泉と関わりがあるという言い伝えがありますが僕も訪ねてみたい気持ちになりました。渓流の自然などなど、ほんとうによい思いでとなったことと存じます


ゆかし 鹿の森 1.jpg

「ゆかし・鹿の森」 2009早春庭で


厨子もキャビネットもすっかり部屋に馴染んだのではと御父君の様子をうかがい嬉しくなりました。たくさんの作品を大切にしてくださいまして心から感謝しております

今回は阿修羅をご覧になった由、仏と神についても興味一致嬉しいです

田舎では人はあの世にいくというよりも、神になって地域を守るという感覚が強かったようです。水神になったり、山の神になったり、本来は都市で盛んだった産土神(うぶすな)になったりして隣村へ悪霊を追っ払うのですが、なぜか退治はしないんだそうです


信州の祭りというと諏訪の御柱が有名ですが、入山辺でも7年ごとにミニ御柱祭があり、今年あたりは、どの樹を倒そうかなどと地域の気持ちが高まってきました

どうやら樹と神様が関係しているらしいとは感じるのですが、この祭りの意味は不明で、僕にはなんとなく宗教が政治性を帯びる以前、人為の叶わない自然に対する真摯な祈りの原点のように思えます

このごろではこのあたりでも葬祭場で葬儀をするようになりましたが、葬式と祭りは何となく同居していて、田舎で人が死ぬことにあまり哀しさを伴わないのは神様になると言う感覚なのかも知れませんね。日本人の、自然に、、という感覚も奥深い意味があるようで面白いです


僕の像の仕事は、自然に自分たちが存在することに感謝したいほどのものなのですが、像の歴史も興味深いですね

ご覧になった阿修羅像にもふれていますのでご興味をお持ちかと資料を添付しますが、何かのおり参考になさってください


works_いのりK邸.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本人の激しさ、厳しさ」

田中英道(たなかひでみち・東北大学大学院教授)


日本人は自らの精神の激しさ、厳しさを、言葉にあらわそうとしてこなかったように思う。自ら身につけたものとして、それを言葉であらわさなくともよかったからかもしれない。優しさ、和やかさと全く正反対の性格が、持続的に刻印されてきた美術のことを、人々はさほど認識してこなかったことに驚くほかはない。

それは念怒像(ふんぬぞう)のことである。千年以上もつづく日本の仏寺を訪ねて、念怒の像の前にたたずむとき、そのことを強く感じざるをえないのだ。

私は職業柄、世界のあらゆる人間像を見続けてきたが、日本の念怒像ほど、不可思譲だと思った表現はない。それは世界の美術に全く稀な存在といってよい。その怒りは尋常なものではない。眼・口だけでなく、全身で怒り、頭髪まで逆立っているすさまじいものである。新薬師寺や興福寺東金堂の十二神将のような傑作だけではない。どこのお寺の釈迦如来(しやかによらい)像の周囲にもその激しい、厳しい像たちが立ち並んでいる。

ヨーロッパの彫刻では、怒りの像はほとんどない。善悪の二元論が明快なキリスト教美術では、怒りは当然悪の側に属しており、なかなか怒りそのものが像にあらわれにくい。悪に対するダヴィデ像にしても、聖ジョルジョ像にしても、その顔にはかならずしも、怒りはあらわさない。怒りそのものは「七つの大罪」のひとつであって、その表現は当然醜くなる。悪魔の形相になるのだ。だから十七世紀はじめに日本にやってきたイギリス人が、京都、三十三間堂の風神・雷神を見て悪魔のような醜い像だといったのも彼らの立場からすれば当然である。

いったいなぜ日本でこのような怒りの像が造られるのであろう。東洋の宗教、仏教でも儒教でもヒンズー教でも、怒りは人間の克服すべき、おぞましい行為として否定されている。しかしひとり日本ではそれが全く認められているかに見えるのだ。


念怒は四天王、十二神将、八部衆、金剛力士といった天部、明王にあらわされるが、それは中央の如来、菩薩を守護するための、仏敵調伏(ちようぶく)のためだと言われている。この起源はインドだが、ほとんどがバラモンやヒンズー教など仏教以外の宗教から取り入れた神々によるもので、その例も多くはない。それも貴人像であったり武人像だったりしてあまり目立った存在ではない。しかし日本の像は、単に敵を威嚇する守護神の表情とは異なり、ある内面性をたたえた激しい怒りとなって際立っている。これまで優美さ、おだやかさが日本の美と思われたのも、この像が全く無視されてきたことによろう。しかしこれだけの量の遺品は、日本人の生き方、さらには芸術と文化を理解する上で重要な要素と思われる。


日本の仏像の最初の時期からこの念怒の像が出現する。とはいえ怒りを意図した不動明王とか闇魔(えんま)大王といった像は九世紀以降、とくに密教や浄土教がさかんになってからである。七世紀の法隆寺金堂の山口大口費(やまぐちのおおぐちのあたえ)の四天王像にあらわれるのは、素朴だが毅然とした怒りである。八世紀のあの有名な阿修羅像(興福寺)では、その可憐な顔がひきしまり、清新な念怒像となっている。法隆寺中門の金剛力士、そして東大寺戒壇院の国中達公麻呂(くになかのむらじきみまろ)による四天王像はまさにその厳しい怒りの典型的な例だ。とくに新薬師寺の十二神将ではその激しさを体全体の動きにまで示している。それ以後、平安時代、鎌倉時代と、いたるところの仏寺に数多くつくられていく。ところが『薬師如来念諦儀軌(ねんじゆぎぎ)』などという経文には、薬師如来の蓮華台下で八万四千の脊属(けんぞく)の上首として安置する、と記されているだけで、必ずしも怒りの姿を求めていたわけではない。


三十三間堂の風神・雷神が必ずしも仏教の像とはいえないように、この念怒の中に、仏教とは別の何かがあるような気がしてならない。最も古い奈良・三輪山の神が雷神である、という説もあるように、神道と関係がありそうなのだ。怒りを発した蔵王権現も神仏習合の像、つまり垂逆(すいじやく)の像といわれる。仏が日本の神々に生まれ変わったといわれる像だ。日本の神々は暗黙のうちに偶像崇拝禁止であったために、その姿はあらわさないが、どうやら仏像に形を変えてあらわれているようなのだ。これでなぜインドや中国の仏像に念怒像が少ないか、ということが説明できるであろう。

『沙石集(させきしゅう)』という鎌倉時代の仏教説話集に、青野の蔵王権現について、仏が日本に垂述するにあたって役行者(えんのぎようじや)の言葉に従って次々に姿を変えていき、最後にこの蔵王権現の姿になったという話が述べられている。《穏かなる》本地の仏菩薩よりは、恐ろしい姿を示して《あらたな賞罰ある》垂迩の方が、日本では信仰を集めることが出来るというのだ。これとは逆に、日本でもともと山神への信仰があり、仏教の移入によって形があたえられ、仏像になった、という方が本当だろう。念怒像の元はその山神像ではないか。蔵王権現を見ているとそのような雰囲気である。

仏像は穏やかなる如来や菩薩の姿をした慈悲の像が主となる。しかしそれはこの世から超脱している存在である。一方、怒る神はこの世の存在である。念怒する蔵王権現や、風神・雷神像はみな現実の山や自然の象徴である。四天王も四つの方位を守る役割があり、十二神将は干支の十二の動物との対応をもっている。いずれも神道的な自然の神々と関係している。東大寺や興福寺と隣接して春日大社があり、春日山がある。そこではすでに山そのものが神となっているのだ。

《梵天・帝釈天・四大天王を始めたてまつり、三界(さんがい)のあらゆる天王天衆、ことに大仏・四王・八幡三所、惣じて日本国中の大小の諸神の冥罰神罰を、つぶさにまかり蒙(こうむ)るべきの状、件のごとし》。

これは鎌倉時代の起請文(きしようもん)からの引用である。起請文とは何かを誓うときに、約束を違えれば神の罰をあまんじて受けることを宣誓する文である(佐藤弘夫『神・仏・王権の中世』法蔵館、一九九八年刊より)。すべての層の日本人がこれを書いていた。その誓う神がまずこの世の守護神である梵天、帝釈天、四天王であり、次にこの世界の存在であるすべての仏像たち、とくに東大寺の大仏、その戒壇院の四天王像であり、熊野の三所権現、日本中の大小の神々である。違えればそれらすべてから厳しい罰を受けることになる、と述べている。

つまり、ここで東大寺の四天王も八幡三所という日本の神々と同列に、怒る神であり、罰する神であったのだ。あの戒壇院の四天王像の厳しい姿は、神像と同じく罰を与える形相だったのである。人々はこれらの像を見て、罰する神の叱責の声を聞いていたことがわかる。自分を見つめている神の声を絶えず聞くこと、このような厳しい精神をもっている日本人がいたことこそ、日本に見事な念怒像が存在し続けた理由なのであろう。

多くの念怒像が日本では、決して野卑な像でも、訓戒図でもない、独立した人間のすばらしき芸術像になっている。近代的な概念である芸術作品にまで昇華されているのである。念怒の像は一見、優美とか和諧(わかい)とかに相反するように見えるが、そうではないことはこの精神の存在によるからであろう。この罰を引き受けようとする精神は、日本人特有な自然と共同体の両方からの働きの精神に見える。私が古寺で感じとる念怒像の精神はまさに日本人そのものなのだ、と感じる。

みなさんも是非、古寺に行って念怒像を見て頂きたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ch_トキシラズ_200901.jpg

今年の木彩会には椅子二を出品する予定です

歳ですので本当は小さな厨子や像を作りいのですが、未だに椅子から手が離れません

今回木彩会に出品する椅子は、日本人が不得意とされている高さの感覚の試みなのですが、

ハイヒールは西洋で椅子に座った女性の脚が浮いてしまうことの不合理から生まれ、普段はローヒールで過ごしていたと聞いて目からうろこ・青天の霹靂、、ははあ、、と感じたことがモチーフです


なるほどオフィスチェアーやレストランの椅子と家庭の椅子の高さは違うはずだなと試作したもので小柄な方のために足かけをつけてみました。

我が家では家内の椅子と僕の椅子など座面高さをまちまちにしてあるのですが、そうすると差尺まちまちで高さ同じのテーブル上での所作が不自然?なのです・笑

事務仕事とともに食事は姿勢良くする作業なのでで、ダイニングチェアーは作業椅子と分類されますが二月に和光展へ出品したTチェアは、座骨中心点高さが33cmで、家庭でくつろぎを優先しながら何かをするといった感じがします

木彩会の会議をする外国人ライト設計の自由学園明日館の会議椅子は座高33cmの小さなもので、大柄な方でも二時間会議が不思議と疲れませんが、そのようなことから日本の椅子はまだまだ変化するだろうというのが、椅子から離れられない僕の興味なのかもしれません


DMが到着しているかと存じますが、銀座へ来場されるお時間がおありでしたらお目にかかるのを楽しみにしております


 また、今夏は松本へお出かけの計画をお考えになりませんか?

実現の折りにはどこかへご一緒するのが楽しみです



桐と桑の手前椅子200901.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木彩会.jpg


«  前へ   4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14   


PAGE TOP