home > news > 信州カラマツ

信州カラマツ

2011.05.17

北アルプス展望美術館(池田町立美術館)のエントランスカウンターを信州カラマツで制作しました。

IMG_6768.jpg

5月から制作を続けていた
北アルプス展望美術館(http://www.ikedamachi.net/bijutsukan/)の
エントランスホールカウンターを昨日無事に納品をさせて頂きました。

信州の美術館。北アルプスのすばらしい眺望の恵まれた美術館の
入口をはいった大きな空間に設置されるカウンターを依頼された時に
前田大作が始めに考えた事。

それは、地元特産の木材である
信州のカラマツをどのように使うか、ということでした。

地産の木であるから使う、というだけではなく
木に携わる作り手として、その木の長所と、短所をきちんと理解した上で
その材料でしか作れない、その材料を尊重した物作りをしたい。

そこからうまれたのは、
カラマツをふたつの側面から捉えるという発想でした。

カウンターの幕板部分には
植林されて20年〜40年程度の若い樹齢のカラマツをつかっています。
フシも多く、ネジレや反りもある若いカラマツ材ですが
欠点をうまく取り込みながら幕板に味わいのある景色を実現させました。

天板には樹齢の進んだ柾目のカラマツを使用。
赤みが強く増す、非常に美しいカラマツの柾目材。
敢えて薄く仕上げ、空間をもちながら折り曲げたシャープな造形は
幕板とのコントラストを織りなし、調和する事を狙っています。

木に触れ、物をつくる事。
日々制作をする上で、自然の恵みである木材には
いろいろな個性があります。

その個性としっかりと向き合い、物として世に送り出す事。
私たちがいつも胸に強く持つ想いです。

美術館に来場される折には、是非ご覧頂ければと思っています。


[ 信州カラマツ ]

2011.02.18

NIPPON MONO ICHI2011。本日より東京国際フォーラムにて開催です。atelier m4は信州カラマツで制作するibukiシリーズの新作、ベッドを展示しています。

DSC04864.jpg

本日より東京国際フォーラムにて
NIPPON MONO ICHI〜和のある暮らしのカタチ展〜が始まります。

全国から地域密着の物作りをしている50社程度が選ばれるこの展覧会、
私たちは3回連続で出展させて頂くことになりました。
今回はこれまでの新宿パークタワーオゾンを離れ、有楽町東京国際フォーラムにて開催です。



DSC04867.jpg私たちは信州カラマツ材で作るibuki シリーズのベッド、

・ibukiBed(シングルフレーム)と
・ibukiBed ピローレスト

を展示しています。

カラマツの美しいスノコをご覧頂くために
ベッドを立ててディスプレイしました。

構造材としてつかっているカラマツを
包み隠さない、ibukiBed。

是非会場でその風合いを御確かめ頂ければと思います。




DSC04870.jpg

CCF20110214_00000s.jpg CCF20110214_00001.jpg

NIPPON MONO ICHI
第6回 和のある暮らしのカタチ展
東京国際フォーラムガラス棟
2011年2月18日(金)〜20日(日)

10時〜18時(20日のみ17時)
入場無料

[ 信州カラマツ ]

2011.02.15

長野県(商工労働部)による支援をいただけることになりました。創業支援センター利用者に選ばれ、ますます信州カラマツ材をつかった家具の制作に注力したいと思います。


長野県が設置する「創業支援センター」は
新製品開発にチャレンジするベンチャー企業等を支援してくださる機関です。

平成22年12月20日から公募されていた支援対象者募集に応募し、
2月15日に支援対象者に選抜していただきました。

経済産業省に支援頂いているカラマツ利用の事業について
これからはさらに具体的な技術開発などの部分で長野県の支援もいただけることになり
この美しい材をどのように活かしていけるのか、さらに力をいれたいと思います。

atelier m4 は近い将来にスタッフを募集し
地場の材料をつかう事、世界に発信できるような木工品制作を
より真剣に追求していきたいと考えています。


> 長野県公式ホームページ
(m4が受ける支援については、2月15日付けプレスリリースに詳細が掲載されています。)
> 長野県創業支援センター


[ 信州カラマツ ]

2011.02.14

NIPPON MONO ICHI に今年も参加します。

CCF20110214_00000.jpg

本年もNIPPON MONO ICHI に参加します。
これまでオゾンで開催されていた展覧会ですが
今回は東京国際フォーラムに場所が移ります。

これまでの小物中心の展示から、
今回はいよいよ家具の展示へ。

信州カラマツで制作しているベッドをご覧頂きたいと思います。



CCF20110214_00000s.jpg CCF20110214_00001.jpg



[ 信州カラマツ ]

2011.02.12

信州のお土産に。扉温泉・明神館の女将さんの御推薦をいただきました。信州カラマツの一年箸、6膳セット。

IMG_3021r.jpg

昭和6年創業の老舗旅館、明神館は
松本駅から東に向った秘湯、扉温泉の旅館です。
最近では全国的にもすっかり有名になり
工房にいらっしゃるお客様もよくご利用になられます。

先日、明神館の女将、齊藤百代さまに
信州のギフト、贈り物として
信州のカラマツをつかって作る一年箸を
御推薦いただきました。

IMG_2934.jpg

全国の有名旅館の女将さんたちが厳選して
地域の物を紹介するサイト、「女将さんの太鼓判」にて
掲載がはじまっております。

> 明神さまのサイト
> 女将さんの太鼓判内の紹介記事




[ 信州カラマツ ]

2011.02.09

カラマツ家具シリーズibukiのベッドが展示販売されます。寝具御誂専門店IWATA銀座店の内覧会。

DSC04582.jpg

およそ一年がかりのプロジェクトを経て完成したibukiBed。
寝具御誂専門店IWATA銀座店さまの内覧会にて、お披露目となりました。


DSC04586.jpg
銀座交詢ビルの3Fにイワタさまがショップをオープンされました。


DSC04581.jpg
イワタさまの新店舗のエントランスです。


DSC04580.jpg
8日は報道関係などが招かれての内覧会初日でした。大盛況です!


DSC04575.jpg
眠りについて本も出版されているイワタ社長の想いの詰まった店内。全て、実際に寝て試せるのです。


DSC04584.jpg
ibukiBedもディスプレイしていただきました!

DSC04588.jpg
オープニングの期間となっています。招待状を御持ちになると、プレゼントもあるそうですよ。
是非銀座に御出での際には御立ち寄りください!

詳細はこちらから。
>イワタ直営店への御招待状のページ
>イワタ



[ 信州カラマツ ]

2011.02.04

ibuki Bedができあがりました。2月8日から銀座交詢ビル3Fの寝具御誂専門店IWATA銀座店にて展示販売(予定)です!

IMG_3745.jpg

制作していた信州カラマツのベッド、ibukiBedができあがりました。
美しい柾目材と小径のカラマツを組み合わせながら作ったベッド。
みなさまにご覧頂ければ幸いです。



[ 信州カラマツ ]

2011.02.01

信州カラマツ材で作るibukiシリーズのベッドを制作しています。2月8日から銀座の交詢ビルディング3階のIWATA銀座店にて展示予定!

IMG_9478.jpg

昨年から試作を重ねてきた
信州カラマツ材の家具シリーズ【ibuki】のベッド。

新作を2月8日オープンの
「寝具御誂専門店 IWATA」さまの銀座店にて
展示予定となりました。

現在、美しいカラマツ材を削ってヘッドボードを制作しています。

オープンまであと僅か。残りの時間を精一杯、良い制作に努めたいと思います。

[ 信州カラマツ ]

2010.12.20

信州カラマツの製材。樹齢70年のカラマツの巨木を製材する緊張のひととき。

IMG_2769.jpg

松本市内の赤羽工業さまにて、信州カラマツの製材をしてきました。
樹齢70年を超える美しい安曇野産の信州カラマツ。
2日間にわたり、選木、製材計画、製材と
丸太を板にする現場の様子です。

IMG_2664.jpg

日頃、「こんな材があったら良いなあ」などと思っている勝手な妄想は
目の前に横たわる巨大な木に対峙すると同時に霧散して
「この樹を、美しい板にするにはどうしたら良いのだろう」
という想像と緊張に変わります。


IMG_2650.jpg
製材初日は10本程の素晴らしい丸太の中から
製材所の赤羽さんの的確な見立て、
いつもお世話になっている林友ハウス工業の竹腰さんの方針を伺いながら
自分が思うイメージで、材を選び製材方法を決めます。


IMG_2671.jpg
フォークリフトで、バンドソーのトロッコに載せられます。
いよいよ製材の始まり。何度経験しても何時も同じ高揚感を覚えます。

IMG_2675.jpg
丸太を回転させて慎重に製材方向を定めて、トロッコが動き始めると
皆で息を殺してその様子と、あらわれる木目を見守ります。
祈る様な、緊張のひととき。

IMG_2687.jpg
節のない、美しい板目の大盤がとれました。
本当に感動する瞬間。そして、同時に始まる、制作への想いと責任。

IMG_2725.jpg
僕は、柾目取りにこだわって製材しています。
今回は60cm程の丸太から、身巾18cm程度の柾目材がとれました。

IMG_2825.jpg
これほど太い丸太からでも、柾目材は6枚程度しかとれません。
貴重な材料、丁寧に使わなくてはならない。
無駄な物を作ったりできない、真剣な世界です。

IMG_2830b.jpg




[ 信州カラマツ ]

2010.11.25

東京ビッグサイトにて開催されている「IFFT国際家具見本市」にてibukiBedが展示されています。

IMG_2374r.jpg
photo:ibukiBed シングルフレーム+ピローレスト

信州カラマツ材でつくった家具シリーズ「ibuki」のベッドが
国際家具見本市IFFTの、イワタさまのブースにて展示されています。

ibukiBedは、
本年1月より京都の老舗寝具メーカーのイワタさまと恊働して
制作してきたベッドフレーム。

シンプルでエコロジカルというイワタさまのブランドコンセプトと、
ナチュラルinモダンを心がける私たちの想いをのせてリリースします。

木の性質を考えて作ったら、
構造はとても明快に、使う方にもとても優しいベッドになりました。

是非、会場にてご覧頂ければ幸いです。



【ibukiBed】2011年発売予定
・シングルフレーム(2040*1040*190)¥360,000
・シングル用ピローレスト¥55,000
・シングル用ヘッドボード¥130,000
 ※上記は全て予価。変更になる可能性があります。
 ※どなたにも簡単に組立できます(フレームは工具不要・ピローレストには工具付属)。
 ※完全無垢国産材(信州カラマツ100%)を使用しています。
 
※ドイツ製の安全な健康自然塗料LivosOil(merdos)にて塗装しています。



IFFT2010
・会期:11月24日(水)- 26日(金)
・会場:東京ビッグサイト 東2・3ホール
・時間:10:00 - 18:00(最終日は17:00まで)

>IFFT2010(外部リンク)
>株式会社イワタ(外部リンク)

[ 信州カラマツ ]

2010.11.18

最近の制作風景。信州のカラマツの家具シリーズ【ibuki】のベッド。

IMG_8816.jpg

信州カラマツをつかった家具シリーズ【ibuki Bed】。
木の本質を見つめて、改良を重ねて、
24日から東京ビッグサイトで開催されるIFFTにて展示予定。

現在、急ピッチで制作を詰めています。

[ 信州カラマツ ]

2010.03.09

NIPPON MONO ICHIへのご来場ありがとうございました。

IMG_8111.jpg

今年も参加させて頂いたNIPPON MONO ICHI。
無事に3日間の会期を結ぶ事ができました。

初の制作となる照明器具や新作のお重、ソープディッシュなど
新しい作品を大勢の方にご覧頂けたこと、嬉しく思っております。
また、1月のビッグサイトでの展示会に続き
有限会社中信さまと共同制作している間伐材を使ったスツールも
現在形をおみせすることができたことも有意義でした。

今後とも益々の努力を重ねて参りたいと思います。
ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。




logo_monoichi.jpgNIPPON MONO ICHI -第5回 和のある暮らしのカタチ展-
・2010年3月5日〜7日

5日12:00〜19:00 / 6日10:30〜19:00 / 7日10:30〜18:00
・リビングデザインセンタOZONE 3Fパークタワーホール
・入場無料

 オゾンイベント情報
NIPPON MONO ICHI 特設ページatelier m4 紹介ページ





[ NIPPON MONO ICHI ] [ 信州カラマツ ] [ 展覧会 ] [ 近代指物NIPPON MONO ICHI ]

2010.03.04

カラマツの照明。NIPPONMONOICHIへ。

IMG_8067r.jpg

明日から開催となる
NIPPON MONO ICH -第5回 和のある暮らしのカタチ展-

本日は搬入日です。

今回、新作の白木のお重やソープディッシュ、
それから初公開の照明器具も出品予定。

皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます。










logo_monoichi.jpgNIPPON MONO ICHI -第5回 和のある暮らしのカタチ展-
・2010年3月5日〜7日

5日12:00〜19:00 / 6日10:30〜19:00 / 7日10:30〜18:00
・リビングデザインセンタOZONE 3Fパークタワーホール
・入場無料

 オゾンイベント情報
NIPPON MONO ICHI 特設ページatelier m4 紹介ページ









[ NIPPON MONO ICHI ] [ 信州カラマツ ] [ 展覧会 ] [ 近代指物 ]

2008.10.06

仕事場より・結婚の引出物

IMG_0022.jpg結婚式に来て下さるかたに御礼の品を制作しました。

松を削り、漆を塗り、金銀の箔を施して和紙に包んで水引を結ぶ。

全てがわたしたちにとって意味のある行為、意匠、デザインと制作でした。100膳をこしらえて、最後の押印が結婚式当日の朝9時。清々しい朝日が眩しかった。






IMG_0005.jpg深夜、透き通り始めた何度目かの漆に映える金銀の箔には息をのみます。金閣寺、中尊寺、金が人を惹き付ける理由は何だろうと考えます。言葉にすると、なぜか伝わらないこの魅力。










IMG_9997.jpg数をすることの意味。以前、日本伝統工芸会の井尾建二先生に「数を作る事の大切さ」を教えて頂いた事があります。やはり職人である以上、手を動かさなくてhはならない。僕はこの引き出物の制作で自分を育てたいと意を決した瞬間の自分を思い出し、その時に力を添えてくれた父の弟子、なにより家族皆がこの僕の想いに協力してくれた事を感謝したいと思います。



[ 信州カラマツ ] [ 信州落葉松摺漆箸 ] [ 包装 ] [ 引き出物 ] [ 御箸 ] [ ] [ 金箔 ]

2008.09.20

「人を想い人に還る」展

IMG_2333.jpgお世話になりました研究室の先生、清水忠男先生が2008年3月に千葉大学を定年退職されました。それを記念しての展覧会が開催され、私も卒業生として参加させていただきます。

会場は五反田駅すぐそばの桜田通り沿い、東京デザインセンター。思えば卒業制作も椅子塾との出会いもこの場所でした。

私は信州カラマツで制作した小さなスツールJagStoolの最新版とやはり信州カラマツの、こちらは間伐材の利用と職人の手仕事のプロデュースを狙った一年箸を出品いたしております。

長めの会期。私は会場には最終日にお邪魔する予定です。会場にはハーマンミラーのショールームや楽しいデザイン、建築関連書籍のショップもあります。どうぞみなさま、秋の風を感じながらお散歩にお出かけください。


人を想い人に還る〜清水忠男と仲間たちのデザイン

関連情報
清水忠男>http://www/tadaoshimizu.jp
東京デザインセンター>http://www/design-center.co.jp


[ 信州カラマツ ] [ 展覧会・イベント ]


PAGE TOP