home > news > 信州落葉松摺漆箸

信州落葉松摺漆箸

2008.10.06

仕事場より・結婚の引出物

IMG_0022.jpg結婚式に来て下さるかたに御礼の品を制作しました。

松を削り、漆を塗り、金銀の箔を施して和紙に包んで水引を結ぶ。

全てがわたしたちにとって意味のある行為、意匠、デザインと制作でした。100膳をこしらえて、最後の押印が結婚式当日の朝9時。清々しい朝日が眩しかった。






IMG_0005.jpg深夜、透き通り始めた何度目かの漆に映える金銀の箔には息をのみます。金閣寺、中尊寺、金が人を惹き付ける理由は何だろうと考えます。言葉にすると、なぜか伝わらないこの魅力。










IMG_9997.jpg数をすることの意味。以前、日本伝統工芸会の井尾建二先生に「数を作る事の大切さ」を教えて頂いた事があります。やはり職人である以上、手を動かさなくてhはならない。僕はこの引き出物の制作で自分を育てたいと意を決した瞬間の自分を思い出し、その時に力を添えてくれた父の弟子、なにより家族皆がこの僕の想いに協力してくれた事を感謝したいと思います。



[ 信州カラマツ ] [ 信州落葉松摺漆箸 ] [ 包装 ] [ 引き出物 ] [ 御箸 ] [ ] [ 金箔 ]


PAGE TOP