home > gallery > -囲炉裏テーブル > 800の囲炉裏テーブル_2006年_S邸

800の囲炉裏テーブル_2006年_S邸

2006 - JUNICHI MAEDA

火皿と組み合わせて使う80cm四方の小さな囲炉裏テーブルは茶室のような宇宙をつくりだします。厳冬でも足もとがぬくもりながら集えるよう、錆味を生かしたアイアンロッドを溶接した脚部は火皿を通して伝わる炭火の遠赤外線をさえぎることがなく、火皿を乗せる棚は床への熱を遮断し軽くて焦げる心配のないアルミニウム、畳を痛めないように広い面積で重さを支える真鍮蝋で化粧した脚端は渦巻きをデザインにとりいれたものです。テーブルトップに組み合わせた檜材の正方いろり組みは、お鮨やさん、蕎麦やさん、天ぷら屋さんのカウンターに使われてきた素材とともに和の伝統、、清潔で涼しげな2ミリ厚の耐蝕アルミニウムを鍛造して真鍮の飾りを象嵌したシートのような覆いは盛夏から晩秋のしつらいです。

iroris03.jpg
121029.jpg


お問い合わせ 注文制作の流れ

「-囲炉裏テーブル」の一覧へ戻る


PAGE TOP