home > gallery > テーブル・デスク > T様のダイニングテーブル

T様のダイニングテーブル

Dec,2009. - maedaDaisaku

IMG_6266.jpg IMG_6270.jpg


Tさまが結婚記念日にあわせてとご注文くださった
栗材のダイニングテーブルです。

大きさは、直径1210mm。ご結婚記念日の12月10日にあわせたサイズ。
高さは、椅子に合わせて680mmと致しました。




IMG_6325.jpg IMG_6331.jpg

「新聞などをちょっと置いておきたいので。」
というご要望でアルミニウムを鍛造した小さな板を取りつけています。

天板は栗材の3枚矧ぎ。堂々とした佇まいに樹の風格を感じます。
素晴らしい身巾のある板を馴染みの木材所さんが用意してくださいました。



【DT339・T様ダイニングテーブル】
・長野県の栗材 LivosOIL(Ardvos)仕上
・黒錆鉄
・鍛造アルミニウム
・φ1210*H680
・¥339,000-






【付録・制作風景】
IMG_5850_B.jpg

ダイニングテーブル制作・1
IMG_6024.jpg IMG_6062.jpg IMG_6066.jpg IMG_6069.jpg
仕事場を掃除して、砥石にむかって鉋を研ぎ、全力で過ごす時間。
いつの制作も、これまでで最高の物を目指して取組む気持ちよいひとときです。

左:木取りの最中。全体の風情はここで決まる。中左:矧ぎ口を長台でつくる。中右:矧ぎ口の確認。右:矧ぎの最中。


ダイニングテーブル制作・2
IMG_6072.jpg IMG_6073.jpg IMG_6074.jpg IMG_6075.jpg
矧ぎが終わり、あら取り、削り、木端の仕上となります。
正円というのはなんと神秘的な形なのだろうといつも思います。
いろいろな形のテーブルを作りますが、なぜか
無限の広がりをもつ神聖な印象をうけるのです。
左:矧ぎ上がり。中左:予定した位置にスミ付け。中右:丸鋸で切ります。右:形になりました。


ダイニングテーブル制作・3
IMG_6082.jpg IMG_6148.jpg IMG_6149.jpg IMG_6156.jpg
木端の形を整え、ひたすらに削ります。
鉋の削りは、年齢や修行の重なりなどいろいろな物が出てしまい面白い。
一番面白いのはいつも「裏の方が美しい」事。その勢いに惹かれつつ
いつの日か表も裏のように削れるように日々、心を鍛えます。

左:木端の形、今回は厚みを感じる形に仕立てます。中左:削り始め。中右:鉋の跡。右:削り終わりの静かなひととき。


ダイニングテーブル制作・4
IMG_6194.jpg IMG_6197.jpg IMG_6207.jpg IMG_6213.jpg
脚の削り。ホゾを仕込み、削り込んでいく。木部の制作も大詰めです。
左:脚を木取り、端材はまた別の仕事の為に使います。中左:ホゾの仕込み。中右:手鉋ならではの膨らみ。胴張りの脚。右:仕上がった4本の脚。


ダイニングテーブル制作・5
IMG_6225.jpg IMG_6227.jpg IMG_6228_B.jpg IMG_6230.jpg
金属部分の制作も進めます。
木の甲板や脚には、毎朝、毎晩オイルを染み込ませています。
その「儀式」の合間に鉄やアルミニウムと向き合う。
それぞれの材料の特性が長所を引き立て合いながら
手元でひとつのモノと成り立つ過程を楽しんでいます。
左:強度を増す為にアルミニウムを鍛造します。純度の高いA1050を使用。中左:貫の持ち送り部分。中右:懐を深くした取り付けステー。右:貫部全体。


ダイニングテーブル制作・6
IMG_6240.jpg IMG_6245.jpg IMG_6258.jpg IMG_6262.jpg
構成する要素が整い、いよいよ制作の終了も近づきます。
オイルは時間が許す限り染み込ませ続けて、その間に組み立てや撮影、納品の準備を進めます。

左:オイルを染み込ませています。中左:貫にはアルミ板を取り付けました。中右:脚と貫の全体。右:撮影開始です。

お問い合わせ 注文制作の流れ

[ 栗材 ]

「テーブル・デスク」の一覧へ戻る


PAGE TOP