home > gallery > 椅子・ソファ > 轆轤目のスツール

轆轤目のスツール

1995〜 - maedaJunichi

未乾燥の栗材を轆轤(ろくろ)で挽き、乾燥後に歪んで生まれたかたちやひびを補強するちぎりなどの自然の味わい、手仕事から生まれる轆轤鉋の刃物痕を生かした座板と、鍛鉄のハンマートンが特徴のハンドメイドのスツールです。座板の大きさと高さはさまざま、野外で使いやすい三本脚のもの、足かけのついた四本脚のバースツール、仕事用に座板を傾けたものなどなどさまざまなバリエーションが生まれています

栗・楢材オイル仕上げ
座板大きさ27cm〜30cm 高さ30cm〜53cm
¥45.000〜¥60.000

sta03.jpg

sta04.jpg

sta_t.jpg


お問い合わせ 注文制作の流れ

「椅子・ソファ」の一覧へ戻る


PAGE TOP