home > gallery > キャビネット・チェスト > 島桑と桐の飾棚

島桑と桐の飾棚

2003 - maedaJunichi

cabkk5.jpg

間口900高さ900奥行350



鍛鉄のフレーム、桐の引出しを組み込んだ島桑材の筐体構造の飾棚で、錆鉄と島桑材の古びる味わいと軽やかな桐材を取り合わせ、和室洋室どちらにもなじむことを主眼にデザインしました。

中央部引出しの引き手金物は銅丸棒の鍛造、隠し端喰を仕込んだ左右扉の蝶番ともに溶銀仕上げの(銀を溶かして被せる技法です自製です。

cabkk1.jpgcabkk2.jpg

うっすらと白太を残して景色とした甲板を上下から薄い帯鉄で挟み、銅棒から作ったリベットでかしめて固定しています


大きい画像
フリッカー-thumb-100x34-thumb-100x34-thumb-100x34-thumb-100x34.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


お問い合わせ 注文制作の流れ

「キャビネット・チェスト」の一覧へ戻る


PAGE TOP