home > gallery > キャビネット・チェスト > アルミ引手の食器キャビネット

アルミ引手の食器キャビネット

2002 - 前田大作

収納をすべて「引出し」とすることで、無駄なスペースを少なくした食器用のキャビネット。腰下の高さにおさえても十分な収納量を確保することができました。

背の高い食器棚は手の届かない部分にデッドスペースができやすく、開き戸や引き戸の戸棚は奥の食器が取りづらい事もありますが、低く構えた奥行きのある引き出しはスライドレールによりすっかり引き出せますので便利なだけでなく合理的な収納により家具を小さくすることが可能です。

低くなったキャビネットの甲板の上は、お花をかざったりお料理をおいたり、たのしく豊かなしつらえになります。
DSC_6167_400.jpg


お問い合わせ 注文制作の流れ

「キャビネット・チェスト」の一覧へ戻る


PAGE TOP