home > gallery > 指物 > 白木のお重

白木のお重

Dec,2009. - maedaDaisaku

IMG_6429.jpg  IMG_6431.jpg
外は白木の蜜蝋仕上げ、
中はベンガラの朱色が美しいお重です。


【白木のお重・5寸/木曽桧/2段】
・木曽桧材 蜜蝋仕上(内側はベンガラ漆)
・150*150*110
・¥42,000-


【白木のお重・6寸/栗/2段】
・長野県の栗材 蜜蝋仕上(内側はベンガラ漆)
・180*180*110
・¥45,150-



IMG_6406_2.jpg IMG_6409_2.jpg IMG_6411_2.jpg
左:縁の仕上げ。ベンガラと木地のコントラストが鮮やか。中:蓋の仕上。右:蜜蝋を塗って乾かします。

IMG_6382.jpg IMG_6385.jpg IMG_6396.jpg
左:人体に無害で防腐の効果があるベンガラはお重の内塗りに最適。中:外形がほぼ完成。右:植物油を塗って保護。

IMG_6348.jpg IMG_6349.jpg IMG_6350.jpg
左:固めの直前、仕上げを始めます。中:木口台と平鉋。基本の道具。右:四方の平面を出す。基本の仕事。

IMG_6343.jpg IMG_6344.jpg IMG_6346.jpg
左:板厚5.5mm。中:底板の準備。右:大きさと材の違いで表情がこんなにも違います。

IMG_6322.jpg IMG_6326.jpg IMG_6327.jpg
左:引込みを鋸で切ります。中:色のコントラスト。右:だいぶお重らしくなりました。

IMG_6315.jpg IMG_6316.jpg IMG_6318.jpg
左:引込みの板を楓と一位で。中:鉋で削り合わせて。右:溝にピタリに仕上げます。

IMG_6292.jpg IMG_6307.jpg IMG_6308.jpg
左:木取り。栗6寸と桧5寸を作ります。中:留構造。右:仮組。



お問い合わせ 注文制作の流れ

[ 3万円~5万円の作品 ] [ ギフト ] [ テーブルウェア ] [ 信州の木材 ] [ 指物 ] [ 木曽桧 ] [ 栗材 ] [ 桧材 ] [ 近代指物 ] [ 重箱 ]

「指物」の一覧へ戻る


PAGE TOP