home > news > 1.お知らせ

1.お知らせ

2011.05.24

今週末、市内「ことの葉」さんでカッティングボードを販売いたします。

DSC_0440.jpg

市内は松本のビッグイベントのひとつ
「工芸の五月」で盛り上がっています。

いよいよ締めくくりとなる今週末、
友人の花屋さん「ことの葉」さんにて
少しの数ですが、二日間限定でカッティングボードを販売することになりました。

「ことの葉」さんは
古くから花屋さんを営んでいらっしゃる友人が
近年あたらしく展開している生花販売店で
レトロな店内に美しい花がたくさんディスプレイされています。

市内は初夏のすばらしい散歩日和が続いています。
どうぞおでかけのついでに、御立ち寄りください。


>花屋 ことの葉
長野県松本市大手2丁目1-9
0263-32-8700 (花のヒラバヤシ)


2011.05.23

サマーギフトカタログの撮影。

DSC06893.jpg

信州を代表する醸造所のひとつ
宮坂醸造さまの「真澄サマーギフトカタログ」に
信州の桧で制作する「一年箸・桧・二膳組」が掲載される予定です。



2011.05.21

7月30日、NHK文化センターにてカッティングボード作り講座が開講です。

IMG_6639.jpg
photo:2011年工芸の五月・松本市教育委員会主催のm4カッティングボード作りワークショップ風景

7月30日、カッティングボードづくり講座が
NHK文化センター松本教室において開講されます。


先日御好評いただきました工芸の五月でのワークショップに続き
信州の木の一枚板をつかって
自分だけのカッティングボードを
素朴な技法で、丁寧に作る講座となります。


フランスパンを切るためのカッティングボードが欲しい。
手製のビスケットをのせるトレーとして使えるカッティングボードが作りたい。
野沢菜を切って食卓にだす、信州ならではのカッティングボードを使いたい。

などなど、当日いろいろなオリジナルのカッティングボードをつくる
お手伝いができればと思います。



IMG_6644.jpg
photo:2011年工芸の五月・松本市教育委員会主催のm4カッティングボード作りワークショップ風景


_________________________________________________________

【講座名】
NHK文化センター松本教室 7月講座
信州の木の一枚板でつくるカッティングボード

【日時】
7月30日(土)、午前クラス10時から12時、午後クラス1時30分から3時30分

【場所】
NHK文化センター松本教室
1階ギャラリー

【講座内容】
信州の木の一枚板でカッティングボードを作るワークショップです。
樹種による性質の違いなどを学びながら材料を選び、
持ち手の形を作り、胡桃の粉で磨いて仕上げます。

【講師】
前田木藝工房四代目・アトリエ エムフォオ代表取締役
工芸家 前田大作

【定員】
午前クラス、午後クラス各5〜6名

【料金】
文化センター会員・一般とも 1900円プラス教材費2000円。合計3900円

【申込方法】
NHK文化センター松本教室
0263-35-0220
お電話にて予約をしてください。

※6月4日より受付開始となります


_________________________________________________________

詳しくは6月4日の新聞折り込みチラシにて御確認ください。


[ m4のワークショップ ]

2011.05.17

北アルプス展望美術館(池田町立美術館)のエントランスカウンターを信州カラマツで制作しました。

IMG_6768.jpg

5月から制作を続けていた
北アルプス展望美術館(http://www.ikedamachi.net/bijutsukan/)の
エントランスホールカウンターを昨日無事に納品をさせて頂きました。

信州の美術館。北アルプスのすばらしい眺望の恵まれた美術館の
入口をはいった大きな空間に設置されるカウンターを依頼された時に
前田大作が始めに考えた事。

それは、地元特産の木材である
信州のカラマツをどのように使うか、ということでした。

地産の木であるから使う、というだけではなく
木に携わる作り手として、その木の長所と、短所をきちんと理解した上で
その材料でしか作れない、その材料を尊重した物作りをしたい。

そこからうまれたのは、
カラマツをふたつの側面から捉えるという発想でした。

カウンターの幕板部分には
植林されて20年〜40年程度の若い樹齢のカラマツをつかっています。
フシも多く、ネジレや反りもある若いカラマツ材ですが
欠点をうまく取り込みながら幕板に味わいのある景色を実現させました。

天板には樹齢の進んだ柾目のカラマツを使用。
赤みが強く増す、非常に美しいカラマツの柾目材。
敢えて薄く仕上げ、空間をもちながら折り曲げたシャープな造形は
幕板とのコントラストを織りなし、調和する事を狙っています。

木に触れ、物をつくる事。
日々制作をする上で、自然の恵みである木材には
いろいろな個性があります。

その個性としっかりと向き合い、物として世に送り出す事。
私たちがいつも胸に強く持つ想いです。

美術館に来場される折には、是非ご覧頂ければと思っています。


[ 信州カラマツ ]

2011.04.25

カッティングボードのワークショップのお申し込み状況について

IMG_6593.jpg

23日10時から申込受付が始まりました
カッティングボードのワークショップ。

たいへんありがたいことに、開始1時間程で定員となりました。
申込いただきました皆様、本当にありがとうございました!

ワークショプは5月7日です。
現在工房では、つかっていただく材料などの準備を進めています。

>工芸の五月企画室によるワークショップの詳細
>工芸の五月のサイト内の紹介記事



[ m4のワークショップ ]

«  前へ   7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17   


PAGE TOP