home > news > 1.お知らせ

1.お知らせ

2013.10.28

もうすぐ新しいキャビネットができあがります。

IMG_5288.jpg

納品間近となり、ここ数日は毎日夜まで制作にかかりきりとなっていました。納品日を間近に控えてようやく作業の目処がたち、少しだけ安心しています。

今回制作しているキャビネットは、キッチン裏の収納となります。通常はビルトイン収納や吊戸棚などがくる場所かもしれませんが、住宅を新築中のお客様のご希望でキャビネットを据え置くことになりました。

無垢の木製キャビネットとはいえ、日用の食器や調理器具が収納されるので使い勝手の良さが大切です。今回も使われるシーン、ライフスタイル、収納内容などを慎重に検討しながら、容積の割り付けや構造を時間をかけてデザインしてきました。

経験上、巾広奥深な引出しは「収納量」にも「探し物への素早いアクセス」にも有効です。

しかし、私たちが慣れ親しんだ昔ながらの構造で作る大きな引出しでは、もっているものを1度おいて、引出しの正面中央にたち、両手で左右の引手をもって引き出すという「所作」が必要になってしまいます。スムースに片手で開閉でき、引出しの最奥部まで開くスライドレールのメリットは、こういう収納ではとても魅力的です。そこで今回はプッシュオープンのスライドレールを採用する事になりました。

一般的なサイレントクローズのスライドレールではなくプッシュオープンとしたのは、引手がないフラットな前面をつくりだし、無垢の木でしか実現できない、美しい木目の景色を観て頂きたいと思ったから。もちろん、引手がはみ出さない事で心理的なキッチンスペースがより広くなることも大きなメリットです。なにかが引っかかる事もなく、小さなお子様に怪我をさせる心配からも開放されます。

信頼しているメーカーでこのプッシュオープンのスライドレールは国内未導入だったため、ドイツ本国から夏のうちに航空便で取り寄せて、取付けを行いました。全て取付けがおわり、動作の確認もできたあと...引出しの目地については手作業でひとつひとつ微調整をしています。

木の仕事、木の美しさを感じる暮らし...。ライフスタイルにあわせた家具の成り立ちやアプローチは様々だと思いますが、木でなければできない事、感じられない事を引き出せる様に、完成までの仕事を丁寧に進めたいと思っています。

2013.10.02

10月になりました。菓子箱を制作。

IMG_4019.jpg

10月になり、標高1350mの工房はいっきに秋が深まる様子です。
今月もご注文いただいているキャビネット、テーブル、チェアなどの制作を
謹んで進めて参りたいと思います。

写真は松本市内にあるお茶席、開運堂松風庵さまに納品予定の菓子箱です。
蓋の構造など試作をしながら作業を進めて参りました。

冷蔵庫にいれるためにかぶせの蓋にして堅牢にしたいところですが
お使い勝手としてはもうすこし簡易に開け閉めが出来た方が良いため
いくつかのご提案をさせて頂いています。

このお箱はヒノキ材を素木で用いて、内部のみ漆を塗っています。
特に杉などの針葉樹を日用品につかうことはとても日本的に思え
素朴な家具や木工の考え方として
m4としてはこれからどんどん取り入れていきたい考え方です。








2013.09.24

10月7日発売のCREAにて紹介していただきます。

IMG_3653_2.jpg

20代後半〜30代向けの女性紙CREAの来月予定されている特集「母になる号」にて
「ネットで買えるグッドセンスな内祝い」のひとつとして私たちの育林箸が掲載されます。




IMG_3660.jpg

IMG_3663.jpg

育林箸は引き出物や内祝いに使って頂くことも多く、
ありふれたお箸ではあるものの自然素材と手仕事のみで作っているこの品物を
大切な機会に選んで頂ける事、大変嬉しく思っています。

シンプルなギフトボックスにいれたヒノキ材紅白2膳組のお箸。
みなさまにもご覧頂ければと思います。


CREA11月号は、10月7日発売予定です。
>CREAweb




2013.05.31

扉温泉・明神館さまがダイニングルームをリニューアル。m4で囲炉裏ダイニングテーブルなどを制作させていただきました。

IMG_2032web.jpg

扉温泉 明神館さまのメインダイニングルーム。
これまでモダン和食としてしたしまれてきた絶景のダイニングルームが
このたび「信州いろり料理」としてメニューをリニューアルされました。


IMG_2026web.jpg

テーブルの中心に鉄製の囲炉裏がのせられるイロリテーブルは
工房では前田純一のデザインで以前から制作をしている物でした。
今回は木に信州の木、信州カラマツを用い、形状もいくつか変更をしながら
木という素材を触って感じて頂ける仕上げにしています。

良い材を選び、美しく艶のあるテーブルができあがりましたが
信州カラマツという木は、名のあるブランド木材でも銘木でもなく
最上の性能をもつ木というわけではありません。


IMG_2034web.jpg

しかし、信州に植えられた木の半数以上がこのカラマツという木であり
私たちは信州の姿として、先人たちが江戸時代から戦後にかけて
たくさん植林してくださったこの木材を大切に、愛おしみながら
使わせて頂きたいと思っています。

通常、このような規模のダイニングであれば
メンテナンスが容易で狂いの少ない構造や素材を
選ばれる事と思います。実際にこれまでもこちらのダイニングルームでは
そのような家具をお使いになられていました。


IMG_2035web.jpg

リニューアルにあたり
手間がかかっても時間とともに美しさを増す無垢の木材であること、
なにより、地元に植えられ育てられた樹々を精一杯使い
共に生きていこうという姿勢を
県外はもとより国外からのお客様をおむかえする明神館さまが
貫いてくださった事に、心より感謝とお礼を申しあげます。

工房からは非常に近い立地でもあり
私たちもことあるごとにメンテナンスに伺って
心を新たに、「手をかけながら物をつかう」という時代を
歩みたいと思っています。

2013.04.10

m4の新しいスタッフのご紹介。

IMG_1694.jpg

atelier m4は4月から初めてのスタッフを迎え入れました。

これからはm4が考えるメッセージをもっと明確に伝えられるように
木工のひとつのチームとしてしっかりとした基礎を作っていきたいと考えています。

これから僕たちは「しゃがむ時」かなと思っています。
立ち上がるために、それから背をピンとまっすぐ伸ばせるように
しっかりと切磋琢磨して力を貯めたいと思っています。

木という素材に真摯にむきあい、それを暮らしの道具に仕立てながら、
美しい形に触れ合う幸せや、新しい物にであう感動を実現できるように、
日々努力をしていきます。




写真は左から、工房OBの浜さん。
4月、m4の仕事と新人のサポートをしてくれるようにとお願いして通ってもらっています。
独立して1年経って本当に頼れる存在になりました。

続いて前田大作。作業の内容にあわえて着替えるようにしていまして、
たまたま白いツナギです。目立ってしまってすみません。

次に新卒ルーキー、m4スタッフ第一号の池戸くん。これからビシバシ鍛えます。
大学でプロダクトの勉強をした後、高山の訓練校で勉強してきました。

右は将来木工作家になる為に研修をする川原くん。大手ゼネコンを辞めた後、上松技専出身です。木工作家としての人間性、魅力、作法を大切に学んで欲しいと思っています。





これからも、どうか皆様のあたたかいご指導を、宜しくお願い申し上げます。



«  前へ   1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11   


PAGE TOP