home > news > 1.お知らせ

1.お知らせ

2013.01.28

ダイニングテーブルを制作しました。あたたかい色が特徴的なクルミ材のテーブル。奥行きがひろめなダイニングテーブルは日々の生活に落ち着いた安らぎをもたらしてくれるような気がし

IMG_9364_2web.jpg

クルミの無垢板をはぎ合わせて制作している
私たちのダイニングテーブル。

手鉋で仕上げた木の肌は、
触り心地が気持ちよいだけではなく、
見た目の艶が美しく感じられます。

ヤスリなどで仕上げると
木の繊維を押しつぶすことになりがちですが
良く研いだ職人の鉋でスーッと削ると
実際に水をよくはじき、汚れにくいテーブルになるようです。

今年は改めて、基本の木工技術に忠実に
けれど丁寧に仕上げるダイニングテーブルを
大切に作っていきたいなと思っています。




IMG_9360web.jpg

無垢材のシンプルなダイニングテーブル
サイズ:w1400 × 750 × h690(オーダー可:お問い合わせください。)
参考価格:120,000-(税・送料は別途)

素材:ナラ、クリ、ケヤキ、チャンチン、クルミなど(ご予算に合わせてお選びください。)

送料は配送先住所によってことなりますが、概ね8,000円〜15,000円程度となります。
配送業者さまによる開梱設置サービスを利用しますので、お客様による組み立てやゴミの廃棄などの必要はありません。





2012.12.28

ケヤキ材で素木の御重を制作しました。

IMG_9647web.jpg

堅牢な材として伝統的に用いられているケヤキ。
その美しい柾目の部分を選び、素木の御重を制作しました。

街路樹や庭木としても見かける機会の多いケヤキですが
その材料は丈夫で古くから用材として重宝されています。
材料は独特の木目があり古い家具等で目にされる方もいらっしゃるかと思いますが
私はこの材の色味の優しさ、柾目にしたときの端正かつぬくもりある風情に
大変心惹かれていて、最近よく用いる木材です。

6寸の3段重、内側にはベンガラ漆を施しています。
外側はあえて素木(しらき)とし、木製食器用のオイルで仕上げました。
板厚もすこしだけ厚めにしてありますので、お正月はもちろん
お花見や運動会などに持ち出していただいても良いかと思います。

堅いケヤキの材料は、少々の傷がついても
きっと味わいとなって楽しめるのではないかと考えています。

【素木重箱】
6寸3段(外寸18センチ×18センチ 高さ23.5センチ)
材料:ケヤキ材 サクラ材(契り)
仕上:内塗・ベンガラ漆 外塗・Howard社ButcherBlockConditioner(米国食品医薬品局基準クリア品)

価格:¥42,000-




2012.12.03

12月になりました。師走。制作に追われる日々に,感謝しています。

IMG_2093_2.jpg

秋頃から覚悟はしていたもののあっという間に12月。
そしてきっとこれからの1ヶ月もあっという間にすぎてしまうのでしょうね。

師走になって既に2回も雪がつもり、工房はすっかり冬になりました。
薪ストーブのあたたかさ、炭のはぜる音、目もくらむようなまぶしさの雪と青空。
これからまた、標高1350米ならではの世界で美しい季節を過ごしたいと思います。

現在工房ではいくつものテーブルを制作させていただいています。
写真は、週末に発送させていただいた「天板」の2枚。
美しいカラマツと、味わいのあるナラで全く同じサイズの板を制作しました。

これはじつはテーブルではなく、天板のみ。
撮影用備品として制作させていただきました。


IMG_2096.jpg


2012.10.29

べべ箪笥の発送をいたしました。

IMG_8917.jpg

先週末、新しく制作したべべ箪笥の発送をさせていただきました。
長い間家庭画報さまがお取り扱いくださり
ショッピングサロンベストセラー100にも選んで頂きました。

お取り扱いは年内にて一区切りとなるそうですので
そろそろ最後の制作なのかと思います。

すこしずつ改良を重ねながら作ってきたこの箪笥、
また新たな機会でご覧頂ければと願っております。




2012.10.29

スタッフ、弟子への応募をいただきありがとうございます。

IMG_8914.jpg

10月もいよいよ終わりが近づいています。
標高1,350米の工房は、秋の終わりを感じるほどに寒い朝を迎えるようになりました。

先日お知らせしました、前田大作の弟子、m4のスタッフについて
早速に週末からご連絡をいただいております。
土曜日にも早くも工房を見学にこられた方がいらっしゃり
こちらも身が引き締まる思いで過ごしております。

いずれも2013年4月ごろを目処にスタートさせていきたいと思っています。
応募の方が複数いらっしゃるので選考もしなければならないですが
ぜひ志望動機や実現したい目標などをきかせて頂きながら
互いの為に有意義な時間が過ごせるようにしたいと考えています。

募集は概ね年内に終えて、来年からお目にかかってお話をしながら
決定していこうと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

前田大作





«  前へ   1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11   


PAGE TOP