home > news > 2.展覧会・イベント

2.展覧会・イベント

2011.05.07

今日は14時からMウイングにて、工芸の五月のワークショップです。

IMG_8379.jpg

テーブルウェアとしても使えるところや
一枚板をつかったなんとも愛らしい雰囲気が人気の
m4のカッティングボード。

本日、工芸の五月のイベントとして
工芸の五月企画室、松本市生涯学習課による
m4のカッティングボード作りのワークショップが開催されます。

講師は前田大作。アシスタントに弟子の河野さんと藤原さん。
おおよそ、次のような工程を体験していただき
どのような考え方で、作り方でできあがるのかを
感じて頂こうと思っています。


_____________________________________________________

【アトリエm4のカッティングボードをつくるワークショップ概要】
IMG_5285_2.jpg

1.工程の説明

2.樹種を選ぶ(本日は下記より)
・ケヤキ
・カラマツ
・ニセアカシア
・ヒノキ
・クリ
・クルミ
・キリ
・スギ
・ミズメザクラ


3.墨付け
持ち手の形を板に描きます。

4.切り出し
鋸により持ち手を切り出します。


5.外形の面取り
切り出した形をヤスリで面取り仕上します。

6.持ち手に孔あけとその面取り。
位置決めをして、フックなどにかけるための孔あけをします。

7.胡桃の粉による磨き仕上げ。
胡桃の粉を布につつんで木を磨いて仕上げます。

_____________________________________________________



ワークショップは概ね2時間を予定していますが
主催者さまの意向で若干の延長は可能だということですので
じっくりと、自分だけのカッティングボードをお作り頂く機会になると思います。

※尚、今回のワークショップは既に定員となっておりますが
7月30日にはまた別の場所でm4のカッティングボードワークショップを開催予定です。

※7月30日のワークショップの詳細については
また後日このサイトにてご案内申し上げます。





atelier_m4をフォローしましょう >m4公式twitter



[ m4のワークショップ ]

2011.04.25

カッティングボードのワークショップのお申し込み状況について

IMG_6593.jpg

23日10時から申込受付が始まりました
カッティングボードのワークショップ。

たいへんありがたいことに、開始1時間程で定員となりました。
申込いただきました皆様、本当にありがとうございました!

ワークショプは5月7日です。
現在工房では、つかっていただく材料などの準備を進めています。

>工芸の五月企画室によるワークショップの詳細
>工芸の五月のサイト内の紹介記事



[ m4のワークショップ ]

2011.04.01

「工芸の五月」企画室と松本市生涯学習課による、m4のカッティングボードがつくれるワークショップのご案内です!

IMG_0531_2.jpg

松本市のオフィシャルイベントとして
すっかり定着した「工芸の五月」。

松本近郊を舞台に繰り広げられる様々なイベントの
締めくくりがクラフトフェアとなりますが
五月には他にもさまざまなイベントが予定されています。

そのうちのひとつ、
工芸の五月推進協会が直接運営しているワークショップ
工芸の五月2011ワークショップにて
今年は私たちのカッティングボードをつくる事になりました。

信州の木の一枚板をつかう作品として人気の高いカッティングボードを
実際につくってみることができるイベントです。
人数は16名ですのでご希望の方はぜひお早めにお予約をお願いいたします。

当日は、いくつかの信州の木(カラマツ、クリなど)から
巾12センチ、長さ20cm程度のカッティングボードをつくっていただく予定です。
用意できる樹種の数には限りがあるので、ご希望に添えない場合はご容赦ください。


詳細は本日の広報まつもとの掲載記事、
または下記運営事務局までお問い合わせください。

※参加申込については工芸の五月企画室または松本市生涯学習課まで。4月23日10時よりとなっています。ご注意ください。



_____________________________________________


工芸の五月2011ワークショップ(製作体験)
日々の生活の中で使う道具を自分でつくるおもしろさを、
子どもはもちろん大人も楽しみながら体験できます。

■企画① 「カッティングボード作り」
パンやチーズを切るカッティング ボード (小さなまな板)を、
信州の木の一枚板から作ります。そのまま食卓へ出すこともできま す。

■日時:2011年5月7日(土) 14時~16時
■参加費:1500円
■講師:前田大作氏
■募集人数:16名
■対象:小学生以上(小学生は保護者同伴で)
■会場:中央公民館・Mウイング4F工作室
■持ち物:エプロン、軍手を持参ください。
■申込み:4月23日(土)午前10時から
「工芸の五月」企画室(0263-34-6557)または生涯学習課(0263-32-1132)へ、
希望の企画番号を 申込みください。


_____________________________________________

尚、工芸の五月2011ワークショップには、企画②藁の鍋敷き作りもあるそうです。
こちらも是非、ご参加いただければと思います。


関連リンク
>工芸の五月のサイトより


[ イベント ] [ ワークショップ ] [ 展覧会 ]

2011.03.16

展覧会のおしらせ:松本市近郊アイシティ21にて

IMG_5020.jpg


IMG_5026.jpg

本日より展覧会に参加します。
3回目となるこの「木のある暮らし展」への参加ですが
今回は小物の販売スペースも設けられた会場になっています。

アトリエm4ではカッティングボードなどを出品し
売上の一部を東北地方太平洋沖地震の被災者の方への義援金としたいと考えています。

どうぞ皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。


【第5回木のあるくらし展】〜くらしの中に木の良さを生かそう〜
会場:アイシティ21・1Fモール(長野県東筑摩郡山形村7977)
会期:2011年3月16日(水)〜22日(火)
時間:10時〜20時(最終日は19時まで)
主催:木のあるくらし展実行委員会(松本木工団地事業協同組合・信州木工会・森世紀工房)
協力:木の文化と環境フォーラム・針葉樹家具開発研究会・長野県松本地方事務所・長野県工業技術センター・長野県林業総合センター



[ 展覧会 ]

2011.02.18

NIPPON MONO ICHI2011。本日より東京国際フォーラムにて開催です。atelier m4は信州カラマツで制作するibukiシリーズの新作、ベッドを展示しています。

DSC04864.jpg

本日より東京国際フォーラムにて
NIPPON MONO ICHI〜和のある暮らしのカタチ展〜が始まります。

全国から地域密着の物作りをしている50社程度が選ばれるこの展覧会、
私たちは3回連続で出展させて頂くことになりました。
今回はこれまでの新宿パークタワーオゾンを離れ、有楽町東京国際フォーラムにて開催です。



DSC04867.jpg私たちは信州カラマツ材で作るibuki シリーズのベッド、

・ibukiBed(シングルフレーム)と
・ibukiBed ピローレスト

を展示しています。

カラマツの美しいスノコをご覧頂くために
ベッドを立ててディスプレイしました。

構造材としてつかっているカラマツを
包み隠さない、ibukiBed。

是非会場でその風合いを御確かめ頂ければと思います。




DSC04870.jpg

CCF20110214_00000s.jpg CCF20110214_00001.jpg

NIPPON MONO ICHI
第6回 和のある暮らしのカタチ展
東京国際フォーラムガラス棟
2011年2月18日(金)〜20日(日)

10時〜18時(20日のみ17時)
入場無料

[ 信州カラマツ ]

«  前へ   7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17   


PAGE TOP