home > news > 2.展覧会・イベント

2.展覧会・イベント

2012.05.28

「松本の木と布と袋」展。2日間の展覧会を無事に終えました。

IMG_6939_2.jpg

クラフトフェアが開催されていた5月26日、27日。
私は松本市内の中心部、本町通りから東にはいった静かな人形の町、
高砂通りで友人と規模は小さく、志は高く(笑)展示会をひらきました。

IMG_6964.jpg

染色から全て自分でする織物の大月さん
松本の地域伝統を大切にしている村山謙介さんとご一緒しての
二日限りの企画でした。

IMG_6949_2.jpg
大月さんの作品

IMG_6957_2.jpg
村山さんプロデュースの、のぼり旗をリメークしたバッグたち。




IMG_6943_2.jpg
松本伝統の「松本てまり」。

IMG_6954_2.jpg
松本伝統の「たなばた人形」。


2012.05.17

今年もNHK文化センター松本教室でカッティングボード作りのワークショップ。

IMG_7655.jpg

今年もNHK文化センター松本教室にて
カッティングボード作りのワークショップをさせていただきます。

一枚板を胡桃粉で仕上げるという
素朴で安心なカッティングボード。

実用的なことはもちろん、
切ったパンをそのままテーブルに並べれば
テーブルウェアとしても大活躍します。
忙しい朝のひとときも、ゆったりとした気持ちになれるはず。

当日は樹種の性質の違いを知り
例えば堅いチーズを切るとか、果物をのせるとかの用途にあわせて
どのような木がぴったりなのかを選んだり
形や大きさを決めたりしながら
実際に鋸などをつかって一枚のカッティングボードを作って頂きます。

もちろんお手伝いをいたしますが
どなたでも簡単に作れると思いますので
この機会にちょっと新しい暮らしの道具を手作りしてみてはいかがでしょう?

【atelier m4のカッティングボード作りワークショップ】
日時:2012年6月9日 午前・午後
場所:NHK文化センター松本教室
申込:NHK文化センター松本教室

※まだまだ空きがあるようですのでどうぞふるってご参加ください!
申込み >午前の部
申込み >午後の部





2012.05.16

今週末より銀座でグループ展「木彩会展2012」に参加します。

DSC_0923.jpg

初夏の銀座で毎年恒例となっている「木彩会展」
今年も前田純一、前田大作が参加させていただきます。

木彩会展は60回をこえる歴史を有する展覧会です。
昭和23年の発足以来、初回の展覧会を銀座和光で開催した後
ほぼ毎年一度の展覧会を開催しています。
昨年は震災後の休会をいたしましたが
今年はまた気持ちを新たに再開することになりました。

前田純一はファーストドレスと名付けた子供用のドレスハンガーを
前田大作は写真の小箱や摺漆箸など小さな物を出品させていただく予定です。

是非初夏の銀座におでかけいただき
御高覧賜りますようお願い申し上げます。


木彩会展
日時:2012年5月18日(金)〜20日(日) 午前11時〜19時(最終日は18時)
会場:銀座清月堂ギャラリー 東京都中央区銀座5-9-15
※19日14時から出品作家によるギャラリートークがございます。




2012.04.07

本日より二日間、諏訪のお酒屋さん「真澄」のショップセラ真澄のグランドオープンにて展示しています。

DSC_0936.jpg

本日7日、8日の二日間、諏訪のセラ真澄さんのグランドオープンで
m4の作品を展示しています。
セラ真澄さんでは「おかげさま9days」と銘打ってイベントが目白押し。

DSC_0944.jpg

お店の前には鬼無里のいろは堂さんや
移動薪釜ピザのサンタローザさんがきてお祭りのようです。
おやきもピザも美味しいです。


DSC_0938.jpg
できたてホヤホヤのジュエリーサロンも間に合い
店内にて展示販売しています。
m4は他に、カッティングボードと育林箸を露店販売。

すこし寒さがのこりますので暖かくしておでかけください。




2011.11.08

無事に親子展を結びとさせていただきました。

IMG_1797.jpg

8日間の会期を終えて
前田純一・大作展 -連綿たる木藝の美- を無事に結ばせて頂きました。
会期中は秋晴れに恵まれた事もあり、
大勢のお客様にご来場頂きました事、心より感謝いたしております。

これから工房へと戻り、会場でいただきました御縁やお言葉を胸に
御礼状の準備や追作の制作など、また制作の現場にて鍛錬を続けたいと思っております。

また本サイトでは出品作品を撮影してご紹介したいと思いますので
御来場いただけなかった皆様方にも是非ご覧頂ければと思います。
本来は会期前に撮影するべきでしたが、準備等で間に合わず
これから本会の反省や今後の制作活動に向けて考えを深めながら
進めたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

改めまして
ご来場頂きました皆様、
この度の展覧会に御尽力いただきました和光の皆様に
心より感謝申し上げ、本展の結びとさせていただきます。



«  前へ   2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12   


PAGE TOP