home > news > 4.制作風景・工房の日々

4.制作風景・工房の日々

2016.02.08

雨氷の様子

先日、アトリエがある松本市入山辺地区で雨氷現象が発生し、多くの木が倒れました。
道を塞ぎ、電線を直撃したものもあったので、アトリエは僅かな時間でしたが
孤立地域となり、停電も3日間に及びました。

幸い、私たちには特に被害もありませんでしたが、
近隣の温泉施設では避難などで大変なご苦労があったかと思います。
ただ、どちらも怪我などをされた方がいらっしゃらなかったようで、
惨事には至らなかったことに安堵いたしました。



DSCF4812.jpg
大気中の状態により、低温状態で降ってくる雨滴が樹々にふれた瞬間凍る現象を雨氷といいます。
アトリエ付近では年に1、2回、春先にみられるのですがここまでの規模になるのは初めてです。
負荷は着雪よりも20倍ほどになるとのことで、枝はもちろん、幹も折れてしまう事があります。
あたり一面、ガラスに覆われたような景色が続きます。


DSCF4821.jpg

林のなかで折れているカラマツ。ただ、林業の方に伺うと想定よりも被害は小さいとのことでした。



DSCF4818.jpg


DSCF4743.jpg

工事関係の方が懸命に作業をしてくださり、孤立状態、停電状態もほどなく解消されました。
改めて、自分たちの日常が多くの方の仕事の上に成立していることを知り
心より感謝しております。路肩にのこった細い樹々を整理する程度のお手伝いしか
できませんでしたが、少しでも沿線の道路が綺麗になればと考えて作業に参加しました。



DSCF4830.jpg

今回は、日々の危機管理、いざという時の行動について
改めて考えることができる機会となりました。
美しい自然、その営みのなかで時間を共にする者として
謙虚に物作りを継続したいと静かに願う時間を過ごしております。




2016.01.04

2016年、本年も宜しく御願い致します。

DSCF4460.jpg

本日、atelier m4は仕事初め。

昨年のみなさまのご声援に感謝し、
本年もより良い制作ができるように
アトリエ一同、一生懸命取り組みたいと思います。

どうぞ宜しく御願い申し上げます。

2014.01.06

いよいよ新しい1年が始まりました。今年も木の魅力を私たちなりの家具にしていきたいと思います。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

IMG_5916web.jpg

あけましておめでとうございます。
m4は本日より本格的に仕事を始めます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2013年は老舗旅館のダイニングルームや
新規オープンする蕎麦屋さんの家具など
いくつかの飲食空間に関わらせて頂きました。
木の魅力を存分に発揮しながら、
時代の流れのなかで、なにか新鮮な魅力もなければいけないと考え
設計や制作において、様々な検討をして励んだことが思い出されます。

また同時に、手触りや経年変化といった使う方にとっての(個人的な)魅力はもちろん
木材という素材が次世代にとって大きな魅力と意義があるという気持ちも強くあり
地元の木材を用いた制作にもここ数年来と同様に取り組んだ一年でした。

本年はこれまで通りに注文制作をさせていただきながら
わたしたちのオリジナルにも力を注いでいきたいとおもいます。

みなさまにとって2014年が素晴らしい一年になりますよう
心からお祈り申し上げます!









2013.12.30

本日、m4は仕事納めです。1年間本当にありがとうございました。みなさま、良いお年をお迎えください。

IMG_5926.jpg
 bed(order made | semi double) 168cm*230cm h450 2013

今年も一年、おかげさまで無事に過ごす事が出来ました。
4月から新しいスタッフとともに制作に励んだ時間、
大勢の方に支えて頂きましたこと心から御礼申し上げます。

本日の納品を終えて、m4の年内の仕事は終了です。
新年は1月6日から仕事を始めます。

どうぞ皆様、良いお年をお迎えください。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

m4 前田大作



2013.12.02

12月となりました。年内残りの一ヶ月も、日々大切に制作を進めて参りたいと思います。キッチンのタオルハンガーを作らせて頂きました!

IMG_5801.jpg

いよいよ2013年ものこり1ヶ月となりました。
12月の初めの月曜日、今週もどうぞ宜しくお願いいたします。

先日、ケヤキ材で制作したキッチンに
追加でご注文いただいたタオルハンガーを制作して取付けさせていただきました。
市販のタオルハンガーをご用意なさっていたのですが
納品時に、わたしどもでデザインをさせて頂く事になりました。

キッチンワークトップは専門の方にデザインをお伝えして制作していただいていますが
それにあわせてタオルハンガーもステンレスをマット仕上げで作っています。
鉄に比べて強度が強く、シンプルで細いラインを作る事が可能です。
水はねや錆について検討し、その時に応じた素材を選ぶ事も
やはり大事な事だと考えていますが、
常にリサイクルのしやすさなどを考えた作り方を大切にしたいものです。

無垢のケヤキ材とステンレスのマットな質感。
さらには左官職人さんに依頼した塗り壁部分のコントラストが
それぞれに適した素材と仕上げであるように願って形になっていることを
楽しんでいただければと思っています。





1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11   


PAGE TOP