home > news > 4.制作風景・工房の日々

4.制作風景・工房の日々

2010.09.19

箪笥のこんな、使い方。

IMG_8240.jpg

「ベビーベッド」、「おむつ用の衣装盆」、
そして娘の服をいれる「子供用の箪笥」。

三種の神器、ではありませんが
毎日使うからこそ家族のために用意したかった日常の道具たち。

着物箪笥。制作者の私の家ではこんな風に
赤ちゃん用の箪笥としてつかっています。


IMG_8238_3.jpg
1段目。服やヨダレ掛け。

起きてるときにもなにかと着替えは頻繁だし、部屋着、寝間着、おでかけ用と、意外と種類が豊富だとわかった、赤ちゃんの服。

おくるみなどと一緒に収納して、一望するのも楽しいひとときです。



IMG_8243.jpg
2段目。タオルとか布オムツ。着替え以上に頻繁なのが、おむつの交換。多い時には25枚くらいの布おむつを1日で仕替えてあげる毎日です。

オムツの交換は、泣きそうな子供の顔を横目に、なるべく早くしてあげたいもの。


片手でスムースにあけられる引出しは、こんな時に重宝します。
IMG_8244.jpg
3段目。紙おむつとかウェットティッシュ。お出かけ用の小物とまとめていれてあります。

湯冷ましをのませる哺乳瓶などもあわせて仕舞っても、スライドレールで引出しが奥まで引出せるので、中身が一望できて便利です。

子供の身の回りのあれこれをするたびに
使い心地のよさや、木の美しい風合いにふれることができるなら
気持ちのよい日々がすごせるのではないかな...
そんな風に考えています。

この箪笥を生活の中にとりいれて、
便利であると同時にやはり、美しい日々を願う事。
いつか子供が大きくなって自分の暮らしを持ち、
また新しい家族と暮らす時がきても
ずっと傍で使えるような作品であればと思っています。



IMG_8235.jpg


着物箪笥(栗材・3段)
m4 Gallery >着物箪笥
サイズオーダー可能
筐体:国産無垢栗材
引出内部・裏板:国産無垢栗材
引手:銀彩鉄
注文制作可能(納期約45日)
価格:30万円〜




[ 着物箪笥 ]

「4.制作風景・工房の日々」の一覧へ戻る


PAGE TOP