home > news > 4.制作風景・工房の日々

4.制作風景・工房の日々

2012.02.25

3月からの販売を目指している「育林箸」の準備。

IMG_5078.jpg

信州は、県土の78%を森林に覆われています。
森林面積は北海道、岩手県に次ぐ全国第3位、約106万ha。

しかし、その豊かな森林から
毎年木材として使用できる成長の量に対して、
僅か9%しか利用されていません(全国41位)。

木材が利用されないと
間伐などの手入れが行き届かず、森林が荒廃してしまいます。

森林が荒廃すると、土壌や水資源の流出にとどまらず
森林が吸収している大気中の二酸化炭素量が増加してしまい(※1)
環境問題にも深刻な影響がでるといわれています。

そこでatelier m4は以前から
信州産の木をつかうことで森林整備が適切に行われる事を願い、
信州で最も多く生えている信州カラマツの利用に取り組んできました(※2※3)。




_________________________________________________


IMG_5076.jpg

【育林箸】

私たちを魅了する信州の美しい自然。
県土の約8割が山林に覆われ新緑や紅葉の姿は信州特有の風景です。

環境問題が深刻さを増す昨今、二酸化炭素吸着など
その重要性がますます注目されていますが
適正な管理費が捻出できず機能低下が心配されています。

森林を育てることは日本では古来より受け継がれてきた営み。
循環利用が可能な資源である木材をつかうことで持続可能な社会に近づくために
是非このお箸をお使いください。

日本唯一の落葉針葉樹信州カラマツは水につよい木です。
しかし天然の漆や食用の油で職人がひとつひとつ仕上げたこのお箸は「一生モノ」ではありません。

数年後にふるびてきたら是非新しいお箸に取り替えてカラマツをどんどん使って頂きたいと思っています。

素材:信州カラマツ・漆・信州産菜の花の油
生産地:信州松本
価格:一膳1,050円・化粧箱入りセットあり
_______________________________________
__________



これまで一年箸として制作してきたこのお箸、
若手作家同士の連携を構築することに始まり、
作業の工程や包装などをみなおし
「育林箸」としてあらたにスタートさせたいと思っています。

育林箸は現在、大勢の方にお力添えいただきながら
3月の発売を目指して準備を整えております。

どうぞ宜しくお願い申しあげます。



※1:国の算出により長野県は全国第6位の年間126万CO2トンの二酸化炭素を吸収しています。
※2:長野県の木材素材生産量305万㎥のうち、カラマツは50%以上の150万㎥(平成21年)。

※3:m4のカラマツ利用は経済産業省地域資源活用事業、長野県創業支援事業に認定されています。





「4.制作風景・工房の日々」の一覧へ戻る


PAGE TOP