home > news > 1.お知らせ

1.お知らせ

2012.09.03

9月になりました。例年になく残暑の厳しい松本ですが、いよいよ秋の気配も深まる季節です。

IMG_7792_2.jpg

今年はいつになく残暑が厳しく
標高1350mの工房も、日中はまだまだ汗ばむ気温。
刃物を研ぐのがつらい冬の寒さが信じられないような日々を過ごしています。

先日の展覧会でお求めいただいたチェスト。
会場から工房に持ち帰り、入念にお手入れをした後で納品に伺いました。
引き出しの閉め心地をチェックして、板をオイルで拭き上げ、
引き手もクルミの粉でしっかりと磨きました。

ピカピカと光るそれぞれの部材はきれいですが
納品に伺っていつも思うのは、これからが本番だなという正直な実感。

古い建築や使いこまれた家具をみても
少しの傷や修理の跡、なにより経年変化した木の雰囲気、
つまりは時間が経つにつれて風格が備わっていくことこそが魅力で
僕たちのしている仕事とは、その素地を拵える程度だと感じるのです。

木は、魅力をましていく素材であって
その特性を最大限にひきだすこと、つまりは永く使えるものであることが
木工の大事な考え方だと思います。

あたらしい季節を迎えるにあたって
このような基本にたちかえる機会を頂戴した事に
改めて感謝をしています。






「1.お知らせ」の一覧へ戻る


PAGE TOP