home > news > 1.お知らせ > 4.制作風景・工房の日々

1.お知らせ / 4.制作風景・工房の日々

2013.05.31

扉温泉・明神館さまがダイニングルームをリニューアル。m4で囲炉裏ダイニングテーブルなどを制作させていただきました。

IMG_2032web.jpg

扉温泉 明神館さまのメインダイニングルーム。
これまでモダン和食としてしたしまれてきた絶景のダイニングルームが
このたび「信州いろり料理」としてメニューをリニューアルされました。


IMG_2026web.jpg

テーブルの中心に鉄製の囲炉裏がのせられるイロリテーブルは
工房では前田純一のデザインで以前から制作をしている物でした。
今回は木に信州の木、信州カラマツを用い、形状もいくつか変更をしながら
木という素材を触って感じて頂ける仕上げにしています。

良い材を選び、美しく艶のあるテーブルができあがりましたが
信州カラマツという木は、名のあるブランド木材でも銘木でもなく
最上の性能をもつ木というわけではありません。


IMG_2034web.jpg

しかし、信州に植えられた木の半数以上がこのカラマツという木であり
私たちは信州の姿として、先人たちが江戸時代から戦後にかけて
たくさん植林してくださったこの木材を大切に、愛おしみながら
使わせて頂きたいと思っています。

通常、このような規模のダイニングであれば
メンテナンスが容易で狂いの少ない構造や素材を
選ばれる事と思います。実際にこれまでもこちらのダイニングルームでは
そのような家具をお使いになられていました。


IMG_2035web.jpg

リニューアルにあたり
手間がかかっても時間とともに美しさを増す無垢の木材であること、
なにより、地元に植えられ育てられた樹々を精一杯使い
共に生きていこうという姿勢を
県外はもとより国外からのお客様をおむかえする明神館さまが
貫いてくださった事に、心より感謝とお礼を申しあげます。

工房からは非常に近い立地でもあり
私たちもことあるごとにメンテナンスに伺って
心を新たに、「手をかけながら物をつかう」という時代を
歩みたいと思っています。


「1.お知らせ」の一覧へ戻る / 「4.制作風景・工房の日々」の一覧へ戻る


PAGE TOP