home > news > 4.制作風景・工房の日々

4.制作風景・工房の日々

2013.08.05

8月になりました。今月もスタッフ一同、一生懸命制作にはげみたいと思います。

IMG_6287.jpg

8月になり、標高1,350mの工房も暑い日を過ごしています。
ここ数年、日中は30度をこえる事も珍しくなくなりました。
それでも夕暮れや朝は体の空気が入れ替わるような涼しさです。

おかげさまでm4は、7月もいろいろな制作をさせていただく事ができました。
写真はそのうちのひとつ、月末に制作をした栗材のダイニングテーブルです。
木目や姿などのお好みをメールで伺いながら、
なるべく御希望に沿えるように、そして制作者としての経験を注ぎ込めるようにと
丁寧に作らせていただきました。

家具にはいろいろな機能があり、性格や意味があるようにおもいます。
ダイニングテーブルは、食事をとるという行為を実現する機能だけではなく
集い、あるいは独りの時も、なごやかな時間が流れる事が
家のなかでの意味のひとつになるように感じるのです。

板を接ぎあわせ、鉋をかける。
丁寧に端を仕上げてオイルをしみ込ませ、磨いていく。

到着した瞬間ではなく、お使いいただく時間の堆積を考えながら
素朴でも着実な制作を続けたいと思います。






「4.制作風景・工房の日々」の一覧へ戻る


PAGE TOP