home > news > 1.お知らせ

1.お知らせ

2014.02.04

長野県創業支援センターの支援を、来年度からも継続していただけることになりました。

IMG_9892.jpg

m4設立時から継続しているモットーがあります。

木材は、人間が自分で生産することができる資源だ!という事を訴えること。
職人が職人らしく働くことができるチームをつくること。

木の魅力を伝えたり、手仕事の魅力を伝えるということは
いろんな方が僕たちよりも上手になさっているので、
いまさら駆け出しの僕らが言えるようなこともないのかもしれません。

けれど、国産の、地元産の木材を
多少難ありでもそれを乗り越えて使う事が大事だという事や

ちゃんとした生活基盤があるなかで、月給で、保険にもはいって、
休日も定時もはっきりしている職人が
働く喜びを日々実感しながら、慎ましくあっても心豊かに生きていける事を理想に
頑張っていきたいと願うことは、すごく大切だと感じました。

最近では県産材利用の事では地元の方、行政の方、興味をもってくださっています。
大変ありがたいことです。



「長野県を日本一創業しやすい県にする。」
阿部守一知事が掲げる目標のひとつです。

他の地域の事は不勉強ですが、
長野県には様々な新規事業の創業を強く支援していて
アトリエm4も3年前に審査を経て、創業支援をしていただいています。
さらにこの度は、さらに2年間の支援期間の延長を認めていただきました。

私たちが受けている支援は
松本市の創業支援センターにて開発室を貸与して頂くことと
技術的、会社運営的な指導、アドバイスを受ける事です。

カラマツ材への塗装技術などについては
大きな知識と方針を得る事ができましたし、
3Dスキャナや3Dプリンター、各種計測機械、実験装置などが整った設備にて
最先端の技術に触れる事も可能です。

大変ありがたい事だと感謝しながら
本来であれば、速やかに支援不要の事業へとしなければならないという
反省をしつつ、残りの支援期間の活動を進めたいとおもっています。


写真は、今年導入されたレーザー彫刻機の説明を受けているところ。
昨今では目新しい技術というよりも、活用すべき身近な装置というものだからこそ
木工の新しい可能性を探るために気軽に利用できるということが
本当にありがたいと感じました。
(装置の利用は一般の方にも開放されています。また、規定の料金がかかります。)


長野県創業支援センター
http://www.gitc.pref.nagano.lg.jp/sougyou/

































「1.お知らせ」の一覧へ戻る


PAGE TOP