home > news > 2.展覧会・イベント

2.展覧会・イベント

2017.11.13

連続トークイベント「このまちに暮らすこと」

1stview.jpg

2017年11月15日、前田大作がトークイベントに参加します。
このトークイベントは、来年から全5回で始まる連続トークイベントの説明会のような内容となります。

本編となるのは、来年1月から始まる連続トークイベント、「このまちに暮らすこと」。
時代とともに移り変わる暮らしについて、様々な視点を持つゲストをお招きして開催します。

松本の木工家三谷龍二さんとOpenMUJI(無印良品)さんからの発案で始まったこの企画に
RITOGLASSの永木卓さん、本・中川の中川圭さん、栞日の菊地徹さんとともに前田も参加させていただいています。すでに椅子席は満席となっているようですが広大な無印良品の売り場スペースでのオープンイベントですから、もちろん立ち見が可能です。お気軽にお立ち寄りいただけたら大変嬉しく思います。

・2017年11月15日19時〜
・無印良品イオンモール松本 OpenMUJI
・参加無料
・椅子席25名(要申込・先着順) / (立ち見自由)




連続トークイベント
「このまちに暮らすこと」


  最近、松本に新しい風が吹いているように感じます。地元出身者のUターン、移住者のIターンによってこのまちに住む人たちが増え、これまでなかったタイプの飲食店が生まれたり、本屋さん、ガラス工房などが開設されたりしています。そしてそのどれもが質の高い内容をもっているために、まち全体に影響し、まちが楽しくなっている。そこで改めて思うことは、地方のまちにおいて、一軒の魅力的なお店の力、あるいはそれを作ったひとりひとりの人間の存在はとても大きいということです。それはある意味、打ち上げ花火のような町おこしイベント企画よりも、まちにとってずっと大きな力であるように思うのです。
   そういえば僕たちが旅行する時、その町にどんな魅力的なお店があるのかをまず調べます。旅行者にとっては名所旧跡もいいのですが、そのまちにしかない一軒の美味しいお蕎麦屋さんを知ることは、とても重要なことだからです。その一軒一軒のお店の魅力が、ひいてはまちの印象を作っている。そして、多くの旅行者に愛されるお店が自分たちのまちにあるということは、住んでいるものにとっても、暮らしを豊かにする大切なことなのです。

「このまちに暮らすこと。」というこの連続トーク企画に集まった5人は、松本市内に本屋を開いている2人と、工芸制作の工房をもっている3人によるユニットです。そしてメンバーの仕事である本や工芸は、時代の先端というよりも、昔から変わらずある仕事の形だと思います。わたしたちがそれぞれの仕事を選択した時、ほとんど無意識に時代の流れに抗う気持ちが働いたように思います。インターネットが広がり、今は出版不況といわれる中において、あえて新しく本屋さんを開店するということ。あるいは、3DプリンターやAIが話題の時代にあって、手でものをつくること、時間と手間をかけること。どちらも一見、時代に逆行するようなところがあります。でも、効率と便利さだけでは、人は幸福になれないのです。そうした時、一冊の本、あるいは一枚のお皿が、人にとって、暮らしにとって大切なものとして浮かび上がります。たしかに本も器も、失ってはならないもの、生活を豊かにしてくれるものです。逆にいえば、わたしたちの暮らしは、なにげないそういうものよってつくられているのです。そしてその小さなことを疎かにしては、わたしたちの心が満たされることはない、そんな気持ちから、わたしたちはこの企画を始めました。

「このまちに暮らすこと。」の連続トークを通じて、みなさんと一緒にこのまちのことを考えていきたいと思います。そして、このまちに暮らすことが楽しくなったり、いつものまちの風景が、少しだけでも新鮮に感じられるようになったらいい、と思っています。「このまち」は、わたしたちが生まれてから死ぬまで、ずっと暮らしていく場所です。だから自分たちの住むまちは、私たちのひとりひとりの暮らしにとって大きな関心事です。それを町おこしに多い経済の話ではなく、生活者の立場から「人の暮らしはどのようにあるといいのか」を、考えていけたらと思っています。

三谷龍二



イベント公式ウェブサイト
>www.konomachinikurasukoto.com


「2.展覧会・イベント」の一覧へ戻る


PAGE TOP